ゲームービー備忘録

自分がやったゲームや見た映画の記録帳

 
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


クィック&デッド



冷酷な権力者主催?の早撃ちトーナメントを勝ち進んで、最終的にパパの敵を討つわってお話だよ。

パパの死に様、なんか見たことあると思ったら殺しの女王蜂やったわw
この映画からパク……この映画からインスパイアしたのかな。そんなことはどうでもいいけど。

色んな悪党が参加する魅力満載の早撃ちトーナメント。
それぞれの思惑が交錯しながら女ガンマンがトーナメントを勝ち進んでいく、特に捻りもなにもない復讐譚。
でも、格ゲーを早撃ちにしたかのようなノリで悪党の種類が豊富なのは面白い。
権力者の圧政に耐えかねた町人がこっそり殺し屋雇ったのに、そいつがまともに早撃ちで挑んで死ぬの笑ったw
殺し屋ならさぁ、こっそり殺ろうとしろよ……町人可哀想。

なんだかんだでそれなりに見どころはあったような気がする。
ただ勝ち進むだけではなく、時には涙がでちゃう、女の子だからしょうがないよねって感じのシーンがあったり、このレオ様ならレオ様って言うのも頷けるレベルという圧倒的王子様感の若かりしディカプリオがいたり、今はレおっさんって感じだよね。あと、ジーンハックマン演じるへロッドが本当に冷酷な糞野郎だったり、死んだり生き返ったり、盛り上がりを見せようと頑張ってる感はあった。

ただすごい面白かったというわけでもなく、退屈なら見てられるってくらいの凡作。

グッモーエビアン!



元パンクバンドで未婚の母アキと真面目な娘ハツキ、放浪の旅から帰ってきた気ままなヤグの3人が織り成すお話だよ。

名前を奪われる前ののんちゃんが出てるよ><
見どころはそれだけかなw

最後はなんだかんだでハッピーエンド風にまとめたけど、娘が終始可哀想だった。
進路のこととか、自分で決めろって言っておいて決めたら決めたで文句言うとか自己中すぎるわ。
中卒で働くのは厳しいってのは分かるけど、それなら最初から相談にのってやれやって思うよね。
ヤグはずっと放浪してるからこんなもんやろって感じだけど、アキの方は一人で働いて子供育ててきた割には成長してなさすぎる。
大人になりきれないのがヤグだけだったら、どちらもが別の視点からハツキの味方になれる環境ができるから、それはそれで一つの家族の形としていいんだろうけど、大人2人が同レベルの構図なのでハツキだけが可哀想ってなった。

そういうわけで時間の無駄だった。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦



突然、戦国時代にタイムスリップしちゃうお話だよ。

笑いどころがあんまりないけど展開的にはタイムスリップものの中でもかなり優秀だと思う。
未来からきた人間の行動によって歴史が変わる可能性とそれを修正する謎の力はタイムスリップ物では珍しくないけど、それをクレしん映画でやっちゃうのがいいよね。
単純なハッピーエンドにしないことで深い余韻が残る。
子供の頃に見たら、なんでや!?ってなるかもしれないけど、大人になった時に改めて見たら面白いと感じるんじゃないかなw
そういう意味でも二度おいしい作品かもしれないね。

ただクレしん映画として見た時には物足りないかも、連続で見た二つが笑えただけに。
この作品は実写化されたことからも分かるように野原家ではなくて姫と又兵衛の物語なんだろうね。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲



あの頃に戻りたいオトナたちと未来を信じる子供たちのお話だよ。

戦国大名と並ぶ大人向けしんちゃんの代表作?
昭和のノスタルジーはあまりよく分からないけど、序盤の大人たちが子供化していくホラー風味と子供たちだけが残った世紀末感は楽しかった。バスでおにぎり覚醒するの笑うw

ひろしの回想はいいシーンなんだけど、人生に変化が全くない自分にはぴんとこない。
私の人生は糞つまらないからしょうがないね……
ある日、ピンポイントで私の家に隕石落ちてきたら面白い死に方できるのに><
そもそも懐かしめる過去すらなかった。
今も昔も永遠にぼっちだから、今を生きるのも思い出に生きるのも辛いねw

そんな感じで、私の人生のつまらなさに絶望する映画でしたとさ><面白かったけどね。

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡



暗黒魔人ジャークを封じ込めたタマをひまわりが飲み込んじゃったことで野原家がオカマ軍団とホステス軍団の争いに巻き込まれるお話だよ。

そして、しんちゃんがお兄ちゃんへと成長していく話でもある。
でも、それはおいといてこれも笑えた。
味方も敵もキャラがはっきりしていて、銀座のママが割と常識人だったり、サタケマジイケメンだったり。
あと、東松山よねちゃんの可愛さw
バンバン撃ちまくるのに誰にも当たらないシーンが繰り返されるから、撃つシーンだけで面白かった。

ヤキニクロードよりもストーリーがしっかりしているからシリアスとおふざけのバランスがいい感じ。
東京へ戻るときの勢い笑うし。シロ……w
最後の最強の敵とのバトルシーンでシリアスに振り過ぎたと思ったのか、急に「そして時が流れた」というカットが入って、戦っていた全員が年取っている謎のギャグシーンをぶっこむ姿勢も好きw

ホントに面白かった。
続けざまにクレシン映画のギャグ路線?を見たけど、この頃にあったなんでもあり感が今のクレシン映画では薄れたのかな?とちょっと思った。


プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

 
検索フォーム
 
 
 
 
欲しい物リスト
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム