05

20

コメント

ジキル&ハイド

ジキル&ハイド [DVD]ジキル&ハイド [DVD]
(2010/08/25)
ジュリア・ロバーツ、グレン・クローズ 他

商品詳細を見る


ジキルとハイドをメイド視点から見たお話だよ。

うーん。メイド視点である意味があったのかなぁと思ってしまった。
昔からある二重人格を元にしたホラー作品だから、目新しさという観点で第三者側からの視点にしたのかもしれないけどね。

原作のジキル博士とハイド氏って、ジキル博士が自分の中のもう一つの人格に対して不安や苦悩するところが魅力的な作品なんじゃないかなと思うんだけど、メイド視点にしてしまっているからそこら辺がまったく伝わらなくてちょっと物足りない。
その物足りない部分を虐待されて育ったメアリーの過去でカバーしつつ、その過去によってジキルとハイドの両方に惹かれていくっていうところへ繋げているのは、まあ、ありといえばありだけど……だったら、もう少し父親との話を膨らませろよ、と思わないでもない。

あと残念ながらメアリー役にジュリア・ロバーツってのは、ちょっとミスキャストかな^^;
すっぴん風のメイクして眉毛もほぼなくて、頑張ってメイドっぽく、か弱っぽさを醸してるけど、実に合ってなかったw
メアリー役がもうちょっとぴったしくる人だったらよかったのになぁ、と。
そもそも、ジキル博士もあんまり善人に見えないんだけどね。
最初のシーンから不気味な人だったし、それがハイドになっても大した違いじゃなかったw

そんな感じで。
ところどころシーンのぶつ切り感を感じながら見てたけど、ラストは超駆け足気味で、人格入れ代わりのシーンはちょっと笑えるし、なんだこりゃとなってしまった。
ただ、終始、暗くて不気味な雰囲気はよく出ていたと思う。

殺されたなんとか婦人が、パッと見オカマに見えたけど、あれ女性だよね?><
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/857-7bd05e3e

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad