03

08

コメント

レイトン教授と超文明Aの遺産



そんなわけで、とりあえず、ストーリーは全部クリア。
あとはやってない謎解きを残すのみなので感想でも。

謎解きの内容は、まあ、前作もそうだったけどいい加減ネタ切れだろうから、こんなもんかなと。
そう目新しさを感じるものはなかった。
ただ今回はアスラント文明の遺産をどうこうするために各地に散らばったエッグを集めなければいけないというのが前半の目的なので、飛行船にのって世界各地を飛び回ることが出来たのはちょっと新鮮。
なにげにシューティング要素が入ってたのには吹いたねwマジか、とw
それぞれ特徴的な町ばかりで楽しかった。
そこそこの町にちょっとしたストーリーがあるけど、町によってあっさりしてるとこと作り込まれてるとこの差が激しい感じがしたかな。

エッグ集めが終わって、対立する組織のボスに殴り込みに行ってからは、もうサプライズだらけ。
なんと一緒に同行していたサーハイマン教授は……!?
いや、やっぱりサーハイマン教授はレイトンの……!?
なんとタージェントのボスは……!?
な、な、なんと助手のレミは……!?

極めつけは終盤の、

まさか、ラピュタ……だとっ!?

ラストは

え?リルル? リルルって叫んだ方がいいの!?

あ、アーリアだった><みたいな。
そんな怒涛の展開でしたw
この怒涛の展開に水をさすがの、当のアーリアさんね。
アーリア役の、変な名字の人はなんであんなにつたない喋り方なんだろう?
それが気になって気になって、感動もなにもなかったよ^^;
他の人たちも滅茶苦茶美味いってわけじゃないけど、回数こなした分だけは上手くなってるからゲストキャラは大変だろうけど、なんとかしてほしかった。

おまけ要素としてゲーム中に3つのミニゲームが出来るんですけど、まだほとんど手を付けていない……というか、1つを除いてやたら難しいのでじっくり取り組みたいところ。
あとは、収集要素も多分コンプしてないので、ぶらりと町を回りたいところ。
日刊ナゾ通信は、前作と同じ感じ。
数十種類あるパズルに設問がいくつかあるっていう感じ。
難易度違うだけで、パズル自体は一緒だからだんだん飽きてくるのでやる気にならない。暇つぶしの時にでもしよう。

全体的には、最後まで楽しめました。
これでレイトンシリーズは終わりとかなんとか。
レベル5だし、終わり終わり詐欺しそうだけど。どうだろう?w

サーハイマン教授が謎解いた時の顔がヤバいw
次は、バイオします。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/787-684fb558

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad