04

25

コメント

ペイ・フォワード


ペイ・フォワード [DVD]ペイ・フォワード [DVD]
(2010/04/21)
ハーレイ・ジョエル・オスメント、ケビン・スペイシー 他

商品詳細を見る


いいネズミ講のお話だよ。

いや、いい行いをされたら三人に返すって聞いてふとネズミ講みたいだなぁと思ってしまったので><
もしくは、不幸の手紙とかチェンメ的なw意外と広がると言えば広がるものだけどね。
それはいいとして、色々なエピソードが出てくるけど若干薄っぺらい。
教師と生徒の母親が恋に落ちるのはアメリカではオッケーなの?と思ったり、
泥棒を逃すのは善意じゃないだろ?と思ったり……そもそも、善意が義務になってる時点でもにょっとするw
情けは人のためならずは個人主義のアメリカでは無理なのかなぁと。
まあ、今の日本もあれだけど……

問題のラストはあんなに簡単に刺すアメリカって怖いねとなるだけで
結局、この映画はなにが言いたかったんだろうともにょっとしたね。
いいことする時は命賭けでね?ってことかなw
変に親切して逆恨みされたりすることもある世の中だからね><
世界は思ったより糞じゃないと思ったけどやっぱり糞だったよ><

っていうか、ペイフォワード運動が大して広がったように見えなかったから蝋燭シーンが変な感じだった。
あれは「ほら、泣けよ」って制作者側の意図が透けて見えたシーンだね><
母親と教師の恋愛をもっとコンパクトにして善意の連鎖をクローズアップした方がよかったんじゃないかと。
色々とどっちつかずな感じの映画だった。

この頃のオスメント君と今のオスメント君を見ると泣ける><
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/494-726e6615

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad