04

14

コメント

戦火の勇気


戦火の勇気 [DVD]戦火の勇気 [DVD]
(2013/03/02)
デンゼル・ワシントン、メグ・ライアン 他

商品詳細を見る


女性大尉の死の真相とは……ってお話だよ。

マットデイモンほそっwガリガリすぎてびっくりしたw
それはいいとして、この映画はただのアメリカ万歳戦争映画じゃなくて、
極限状態の人間の弱さ的なドラマ要素があったり
ウォールデン大尉の死について食い違う部下たちの証言をもとに真相を追及していくサスペンス要素があったり
そこに過去に味方を誤射したという真相を隠したサーリング大佐の苦悩が絡んできたり
色々な要素がミックスされて、なかなか楽しめた。
ただ電車に突っ込んだあのシーンはどうなんかな?
サーリングがあそこまで追求しなければ死ななかったかもしれないと思うと、
その後もなんの罪悪感も見せずに真相だけを追い求めていくサーリングに違和感を覚えてしまった。
味方への誤射は後悔するけど、目の前で起きた自殺は気にしないっていう……変な感じw
そこ以外は特に気になることはないんだけど。
殺してしまった同僚の両親への告白シーンはちょっと綺麗ごと過ぎる気もしないでもないけどね。

それにしても、なにかで戦闘中の誤射って結構起こるみたいな話を聞いたことあるけど
ゲームでも銃撃戦になったら味方か敵か分からなくなるくらいだもんね。
リアルだったら、そりゃもう当然って感じでしょうがないことなんだろうかね。
ゲームと違って命かかってるし……

ラストのヘリで飛び立つシーンがちょっとよかった。その後のことを考えるとあれだけど……
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/482-1a8c87ac

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad