04

16

コメント

パンドラの塔 君のもとへ帰るまで


パンドラの塔 君のもとへ帰るまでパンドラの塔 君のもとへ帰るまで
(2011/05/26)
Nintendo Wii

商品詳細を見る


一週目クリアしたので感想でも。
ちなみにエンディングはAなのでノーマル? なんだかもにょっとするエンディングでした^^;
グッドエンドはSかなと思っているので二週目に期待。
その前にバッドエンド見た方がいいかな。気持ち的に。

さて。
このゲームは肉食系ヒロインセレスのために肉狩り行こうぜ!って感じでダンジョンを攻略していく
アクションとギャルゲーが融合したようなゲームですw
基本的に、十三埠塔と呼ばれるダンジョンと監視塔と呼ばれる拠点を行ったり来たりするだけなので
セレスに魅力を感じないと面白さが半減するかもwそれくらい肉食系ヒロインの存在は大事。

で、セレスは時間が経つとどんどんグロい方向に変化していき、最悪ゲームオーバーにもなるので
探索を切り上げるタイミングが重要になっていたりします。
最初の頃、もうちょっとくらい大丈夫だろうと時間ぎりぎりまで塔を探索して帰ったら
セレスが紫色の肉になってて、エンデもビックリな状況になったおかげで
以降、しっかりマイホームパパ並みに帰宅するようになりました。
あのグロ可哀想な姿は、なんていうかこちらの罪悪感を煽りますね^^;
しかも、その姿で掃除とかしちゃってんの。粘液まきちらしちゃってゴメンねとか謝りながら。うわぁorz

そんなわけで、しっかりセレスの元に帰って、なるべくグロ化しないように気を付けつつ
プレゼントを貢いだりすると、二人がいちゃいちゃしはじめます^^;
エンデ君なんて塔の探索中にセレスのこと思い出したりする始末。……爆発しろ><
でも、なんか甘酸っぱくて可愛らしいやり取りなので和みます。能登可愛いよ能登。
でもでも、話が進むにつれてあんなに嫌がってた肉を大好きになってくのが怖いです。能登怖いよ能登。

肝心のアクション部分。
このゲームの肝となるアクションは鎖アクションってくらい色んなことが出来ます。
敵への攻撃要素に加えて塔攻略にも必須。
捕まえたり投げたりぶん回したり引っ張ったりぶら下がって飛んだり、様々なアクションが用意されていて
戦闘ても敵に応じて攻撃パターンを考える楽しみがありました。
鎖以外にも剣や斧といった武器はあるんですけど、武器だけだとちょっと単調になりがちなところを鎖が
上手いことカバーしていましたね。
ちなみに操作は、リモヌンとクラコンに対応していますが
鎖アクションの特性上、ポインティング操作が絶対必要なのでリモヌンでした方が楽だと思います。
クラコンは使ってないのでわかりませんが^^;

難易度は徐々に上がっていく感じで、後半の塔は探索要素も多くてなかなかの歯ごたえでした。
途中で死んでもチェックポイントがありロードも短いのでトライ&エラーは楽。
ボス戦はどうやって弱点を露出させるかを考えるのが楽しい。
でも、時間がかかるのが難点ですね。ボス戦の途中でセレスが気になって帰ったこともありました。
ニコニコした動画にボス瞬殺動画があるので自分が下手なだけかもしれませんが……><

まとめると、すごく面白いゲーム。
難があるとすれば、カメラが固定なので見辛いところがあったことくらいかな。
あと、個人的にエンデの声が少年すぎていまいちだった。
もっと男臭い声がよかったwこんなこと思ったのは自分だけだろうなw滅多に喋らないからいいんだけど。
なにはともあれ、アクションRPGとしては良作。
ストーリーでも魅せてくれたし……まだ全貌が見えてないから気になるのですぐに二周目行くよ!><

二周目いったよ。
Sランクエンドはハッピーすぎて、もにょもにょしたよ><
Bランクエンドはエンデがしょぼすぎて、もにょもにょしたよ><

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/469-e243981e

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad