FC2ブログ

08

18

コメント

マグノリア



12人の不幸な1日のお話だよ。

末期がんで死にかけている二人の父親の結末が見事に真逆なのは、1人は過去の過ちを認めて、後悔をし、許しを求め、1人は過去の過ちを忘れて、許しだけを求めた違いなのかな。

元天才クイズ少年ドニーと現天才クイズ少年スタンリーの姿は痛々しい。
どちらも親から大事にされずに生きてて、ドニーの言葉からは愛し方が分からないというより、誰からも愛されないと思ってる。
この映画のほとんどの人物がそう思っている感じなので、テーマの一つかもしれない。
スタンリーの言葉で父親が少しは変わってくれればいいけど、その答えは分からないまま。

一方、明確に答えを出し、救いを見せてくれているのが、真面目な警官ジムとクローディア。
これは本当に映画的なんだけど、最後にそれまでずっと笑顔のなかったクローディアを笑顔にさせるのが憎いとこよ。
その終わらせ方だけで、カエルも降ってきた甲斐があったね><

誰が主人公というわけではない群像劇だけど、群像劇に求められる最後に一つの物語に収束しってビックリという終わり方をするわけでもなく、だから、なんなんだよ?みたいな終わりを迎えるので、かなり好き嫌いがわかれる映画だと思う。
でも、3時間をあっという間に感じたくらいに私は好き^^
話の流れも音楽も好み過ぎた。OPの入り方で好きだと思ったし。

でも、カエルはちょっとグロかったし、意味不明だな、とも思ったけど。キリスト教的になんか意味があるのかな?
冒頭からありえないことが起きて云々ってあったから、その一つってだけかもしれないけど。
実際に魚が降ってくるとか、そういう現象あるよね。

とりあえず、グロいのでカエルが苦手な人は見ない方がいいかなw
今、自分だけが不幸だと感じてる人が見ると少しくるものがあるかも。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/2226-357a3386

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad