FC2ブログ

08

27

コメント

IN HER SKIN/イン・ハー・スキン



15歳の少女レイチェルがちょっくらバイトに行ってくるといって失踪したから大変ってお話だよ。

1999年に実際に起きたレイチェルバーバー失踪事件をほぼ加害者であるキャロラインの視点から描いてる。
頭がおかしいから愛されないのか、愛されなかったから頭がおかしくなったのか。卵が先かみたいな話だよね。
個人的には生まれつき、ちょっと精神障害みたいなものがあったんだと思うけど、両親揃って彼女を受け止める余裕がなく、放置しすぎた結果、妬まし村の住人になっていったのではないかなって感じた。
彼女が子供の時に病院にぶちこんどけばよかったのかもしれないね。

不運なことに隣には自分の両親とは真逆で、仲睦まじく子供たちにも愛情を持って接する家族が住んでたら、そりゃ、もう嫉妬で狂いますわってね><
レイチェルは美人だし、人気者だし、キラキラ女子の代表みたいな感じだし、一方、キャロラインは本人曰く「太ってるし、足も短いし、顔も不細工で髪も脂ギッシュだし、こんな自分を誰も好きになってくれるわけないっ!!」みたいなことを言っちゃうタイプで、友達3人でいる時も、友達というか、クラスに一人はいるちょっとあれな子を世話しちゃうタイプの子が帰ったら、もう一人はキャロラインに金貸してもらったらすぐ退散するような感じでちょっといたたまれない。

いや、ほんと妬まし村住人として分からないでもないよw
でも、デブなのは痩せろやって思うし、髪も洗えやって思うし、それで殺そうとは思わないのが普通。
そこらへんの突飛な発想が異常だよね。
キラキラしてる人は別に悪いことはなんもしてないんだけど、私みたいな劣等感が腐りに腐った卑屈なクズからすると「苦しんで死ね、むしろ私がやってやんよ」って思われてると思ってキラキラ振りまくの自重しろやって話w
キャロラインの思考トレースして見たけど、彼女はこのあと「やってやったぜ、これで私がレイチェルやで!」みたいな思考になるのでよくわかんない><
本当に殺したかったのは自分自身ってことかな。
たまによくあるけど、自分で死ねないから他人殺したろっていう意味不明な事件……

レイチェルが悪気なくはなった「痩せたいならダンスおすすめやで(デブ)」って言葉はカッチーンしたやろうねw
実際、痩せたいならダンスオススメなんだけどね。
ガチでリズムトレーニングだけでも、いい感じにインナーマッスル使いながら有酸素運動できるから、筋トレしなくても引き締めつつ痩せられるよ、マジオススメ。ダンスやってた若い頃は筋トレしなくても腹筋パキーンだったからね。

そんなことはどうでもいいけど、憔悴していく両親やら無能な警察やらの描き方が上手い良作。
レイチェルの両親が帰宅した途端、おっぱじめるのはドン引きだったけど。
あと、おっぱいすごかったわ。なんかすごいおっぱいだったわ。すごいのはキャロライン役の女優さんの演技なんだけど。

なんだかんだ見入る作品だった。実話じゃなければ面白かったって言えるけど、実話なのでなんかもにゃっとするよ。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/2207-fa9a0103

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad