Bit Trip Presents... Runner 2 リズム星人の爆走

bakuso.jpg

超フツーで全ステージクリア。7時間くらい。
ストーリーはあってないようなものなので割愛。
結構、へんてこな世界観にキャラクターだった。

勝手に右へ走るリズム星人ことコマンダービデオが敵や障害物にあたらないようにアクションするラン&ジャンプ系のゲーム。
アクションは、単純なジャンプ、スライディング、キック、スライディングキック、防御などに加えて、ステージ上のギミックを使ったアクションもあり、結構、豊富。
アクションのタイミング、道中落ちている金塊やリズムをアゲるアイテムを拾う音などがBGMと合うようになっていて、上手くアイテムを拾っていくと心地よいトリップミュージックになってくのがリズムゲー要素かな。

難易度は、初見殺しが多いけど覚えてしまえば、あとは反射神経と集中力の勝負。年取ると辛い要素><
ただステージ途中にはチェックポイントがあるので、そこまでいってしまえばなんとか……ならなくても、ステージ開始前に自由に激ラク、超フツー、鬼ムズの3つの難易度を選べるようになっているので、どうしてもクリアできないという時は難易度を下げればクリアまでは絶対できると思う。

やりこみ要素として、いくつかのリワードが用意されている。
単純なステージクリア数から、ジャンプ回数、滞空時間、ダンスの時間など、大体がプレイしてたら勝手に埋まってくものばかり。
ただパーフェクト評価だけは、そう簡単にはいかない。
パーフェクトは、まず金塊とリズムアイテムを全て取る必要があって、さらにパーフェクト+を狙うには、パーフェクトクリア後の人間大砲ミニゲームでコマンダービデオを的の真ん中に命中させなければいけない。これが意外と慣れが必要。
なので、全ステージ、全難易度でパーフェクト+達成しようと相当やりこむ必要がありそう。達成する気はない><
あとステージ中に隠しステージへの分岐やコスチュームの入った宝箱、レトロ調のボーナスステージができるファミコンカセットみたいな集め物があったり、色々、やりこみ好きな人も楽しめるようになってて、なかなかのボリューム。

難点は特にないかな。シンプルゲーだからね。
強いて挙げれば私の年齢による反射速度の遅さが難点だよ><
ゲームしたいけど時間あんまりないなって時に、サクッとしてサクッとやめることができる手軽さも魅力。
あと、おっ!と思ったのがラスボス戦。
これまで左から右に走ってたのが、ラスボスだけ右から左だったところが変な世界からの脱出感があってよかった。
慣れないので難易度もあがったけどw

このシリーズ初めてプレイしたけど、どうもチェックポイントが導入されたのは今作からみたいなのでそれ以前のは買わないかなw
チェックポイントなかったら、イライラゲーになる予想が簡単にできるよ><
でも、今作は本当に楽しめたのでおすすめ。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

最新記事

タグ

カテゴリ

RSSリンクの表示