07

12

コメント

地雷を踏んだらサヨウナラ



アンコールワットが撮りたいんじゃーっていう実在した戦場カメラマン一ノ瀬泰造のお話だよ。

いまや観光名所でめっちゃ人だらけなのに、一昔前はこんな厳戒態勢だったんだねという驚きはあったけどそれだけ。
知ってる子供が死んだ時は写真パシャパシャ、友達が死んだら悲しむっていう矛盾がちょっともやっとするね。
人間だもの、といえばそうなんだろうけど。
全体的にエピソードの羅列だけで、泰造がなにを考えて行動していたのか、そういった根本的な部分がまったくないので、戦場カメラマンとしての熱なんかも感じられず。
そもそも戦場の割に緊張感もないし、短い人生を描く疾走感もなく、本当にエピソードをダラダラと垂れ流しただけのぼんやりした印象で終わった。
ってか、地雷踏まんのかいっwてちょっと思っちゃったよねw
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1861-c753667d

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad