06

11

コメント

沈黙の処刑軍団



街を牛耳るセガールおじさんが敵対する勢力を潰させるお話だよ。

さすがに年のせいか、太り過ぎのせいか、セガールおじさんがアクションを放棄して、お山の大将役になってます。
セガールの代わりに頑張る右腕フォスターがほぼ主役みたいなもの。

このフォスターの扱いがなかなか笑えるんだよね。
まずセガールおじさんの命令で刑務所にいるターゲットを殺しに潜入するんだけど、仲間の裏切りでターゲットとは違う奴を殺してしまう。これじゃ周りにしめしがつかねーぜってことで、セガールおじさんから制裁として両腕を壊されて殺し屋引退。

それからしばらく経って、セガールおじさんのポジションを狙う黒人ギャングたちがあらわれたもんだから、両腕を壊されたことなんて忘れて戦いの場へ。ハチ公レベルの忠犬っぷりには涙が……でない。
フォスターが戦いの場へ出るために、サソリの毒と他の毒をミックスさせて、さらに腕をノミで粉砕して回復させるという、ちょっとなにを言ってるんだかよく分からない謎の呪術で両腕を治してもらうシーンは面白かった。

最終的にはいつものようにセガールが美味しいとこをもっていって終わりよ。
でも、今回は警官とか元特殊部隊とかじゃなく、セガールおじさんもギャングだから、いまいち盛り上がりに欠けたね。
これはおじさんがアクションしないせいだけではなくて、いつもだと正義側のおじさんの鉄拳制裁が悪者よりも圧倒的に悪く見えるから笑えるところが、今作では悪者が悪者を倒すだけだから、どうでもいい感がちょっとあったからだよね。
まあ、時間つぶしにはなったかな。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1836-289c17d0

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad