04

24

コメント

月の瞳



宗教観によって抑圧された自我がある女性と出会って解き放たれるお話だよ。

レズ映画だよ^^
やっぱりレズ映画は女優二人が綺麗っていうのが一番大事だね。
その点でも満足なんだけど、ストーリー的にも満足。

最初からお互い惹かれあってたにも関わらず、ミッション系の学校で神学を教えているお堅いカミールさん的には、自分の気持ちの変化が予想外過ぎて、のらりくらりとペトラさんの誘いをかわすわけよw
婚約者と共に大学で昇進する予定だし、宗教の教義もあるし、でも、ペトラに惹かれるの止められんわっていうジレンマに悩み、せや友達ならOKや!と名案思いついてみたり、なかなかに酷いカミールさんなんですが、それでも待てちゃうペトラさんの愛は深いね。
なんだかんだお約束気味にすれ違ったりをしながら、2人が互いに求めあっていくのがいいよ。

パッケージにはむせ返るようなエロスみたいにかかれてるけど、二人のセックスシーンと空中ブランコシーンが交錯するので芸術的すぎてエロくないっていうね。
ってか、空中ブランコの下でやってるように見せかけて、移動してるんだろうと思ったら、普通に空中ブランコの下にいたのちょっと笑った。

冒頭の氷の下に閉じ込められたカミールと終盤、犬を埋めにいって雪山で自殺未遂?しちゃってから復活するシーンは、抑圧された自我からの解放っていう意味があったのかな。
犬の復活も実際に復活したわけではなく、ペトラにとってもカミールにとっても新たに生まれ変わって生きていくっていう感じの隠喩なのかな。犬の存在は最初から色々な意味を持ってるっぽいし。そうじゃないと神の奇跡やべーよって話になっちゃうw
でも、最後めっちゃイキイキ走ってるの可愛くて笑ったw
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1790-4fb66c5c

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad