04

17

コメント

十二人の怒れる男



明らかに有罪と思われる殺人事件に疑問を抱いた1人の陪審員が無罪を主張するお話だよ。

ほぼ一つの部屋で会話だけで進んでいく密室推理劇風人間ドラマ。
かなり昔の映画だけで最後までなかなか面白かった。

少年が有罪か無罪は置いといて、12人それぞれの考え方の違いを会話だけで見せていくのが上手い。
ちょっとした雑談の中にも個性があったね。
ただ怒ってるおっさん2人はちょっと似通ってたかなw
そのおっさんが最後に崩れ落ちる瞬間がたまらんね。

この映画で大切なことは有罪か無罪ではなくて、これだけの討論が実際に行われるのかっていうことだよね。
日本にも裁判員制度がとりいれられて大分経つけど、正直、欧米の人みたいに意見をぶつけ合うことがあまり上手くない日本人がこんな討論ができてるのかなって思っちゃったw
ぶっちゃけ、8番みたいな主張の強い人がいたら、日本の場合は、あっさり流れていきそうだよねw
ある意味、それはそれで危うい気もする。
そういう面でも素人が決めるというのは、やっぱり難しい問題だなと思うけど。
ただ、この映画ではプロであるはずの検事や弁護士、警察なんかの捜査が素人以下だからあれなんだけど。

結局、疑わしきは罰せずということで、これはこれでまたモヤッとする。
推定有罪はダメだけど、推定無罪もモヤッとするわぁ><

と、色々考えさせてくれる話だった。
これのパロディ版の12人の優しい日本人?だったかなを見てみたいw
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1781-aed23dd0

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad