04

14

コメント

100歳の少年と12通の手紙



「おばちゃん、僕の命あとちょっとなんや」「ほんなら、1日を10年って考えたらええんやで」
白血病で余命わずかの少年オスカーと偶然出会った悪態吐きのピザ屋のおばちゃんローズのお話だよ。

小児病棟懐かしい。
子供の頃に骨折して入ったけど、そうとう重傷な子ばっかりでたかが骨折でくんなや、みたいな雰囲気だったわw
そんなことはどうでもいいけど。

自分の余命が少ないことで周りの大人たちが正面から向き合ってくれないことに不満を感じているオスカーにとって、初対面からぶちかましてきたローズは新鮮だったんだろうね。
ローズはローズでボランティア精神なんか微塵もなく、そもそも病院にいることすら嫌いというほどの病院嫌いなので、最初は働いているピザ屋の営業のためにオスカーといやいや関わることになるんだけど、その関わりによって彼女自身にも変化が訪れていく。

1日で10年を実行し、少年から青年、壮年と精一杯に生きるオスカーとそれができるように色々なアドバイスでサポートするローズ。
オスカーが少し弱気になった時に背中を押して力づけるかのようなプロレスシーンはファンタジックでクスッときた。
あとオスカーが書いた神様への手紙をローズが風船で送るシーンの美しさ。
ごみをばらまくな、とか環境保護団体から苦情はいらんわ><

難病物、しかも、最初から余命が分かっているので結末は分かってはいるものの、ただ悲しいというだけではなくどこか温かささえ感じるラストだった。
あまり病気で苦しむようなシーンがないからというのも理由だけど。
病気を描きたいというよりも死生観?というか人生において何が大切なのかをテーマにしてるんじゃないかな。
若くして死ぬとしても、どれだけ人への感謝や愛情の気持ちを持っていたのか、どう生きたのかという充実度の面ではオスカーの最後の10日間は密度の濃いものだったと思う。両親に対する気持ちの変化も含めてね。

僕を起こして良いのは神様だけ。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1776-d75bdedc

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad