03

08

コメント

映画 クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡



暗黒魔人ジャークを封じ込めたタマをひまわりが飲み込んじゃったことで野原家がオカマ軍団とホステス軍団の争いに巻き込まれるお話だよ。

そして、しんちゃんがお兄ちゃんへと成長していく話でもある。
でも、それはおいといてこれも笑えた。
味方も敵もキャラがはっきりしていて、銀座のママが割と常識人だったり、サタケマジイケメンだったり。
あと、東松山よねちゃんの可愛さw
バンバン撃ちまくるのに誰にも当たらないシーンが繰り返されるから、撃つシーンだけで面白かった。

ヤキニクロードよりもストーリーがしっかりしているからシリアスとおふざけのバランスがいい感じ。
東京へ戻るときの勢い笑うし。シロ……w
最後の最強の敵とのバトルシーンでシリアスに振り過ぎたと思ったのか、急に「そして時が流れた」というカットが入って、戦っていた全員が年取っている謎のギャグシーンをぶっこむ姿勢も好きw

ホントに面白かった。
続けざまにクレシン映画のギャグ路線?を見たけど、この頃にあったなんでもあり感が今のクレシン映画では薄れたのかな?とちょっと思った。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1742-73a811da

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad