01

18

コメント

武士の献立



加賀藩に仕えた包丁侍と商家の娘から嫁いだ料理上手な年上女房のお話だよ。

最後のナレーション的に史実をもとにしたお話だと思うけど予想外に面白かった。
特に序盤から中盤までのコミカルな感じはクスッと笑えて、ほのぼの時代劇なんやねと思った……んだけど、後半は史実を交えて進んだせいか、結構、前半のティストとは違ってシリアスな感じになったのがちょっと微妙だったかな。
特に夫婦の中が壊れかけた時の能登への二人旅がいまいち。
あそこでもう少し二人の関係性に変化が起こったり、夫が最後に振る舞う料理のヒントを得たりしてたら、効果的に見えたかもしれないけど、だらーっとした感じで間延びしたね。
とはいえ、なんだかんだで最後まで楽しめたけど。
これまでは周りにいわれるがままに生きてきた安信が最後に春を迎えにきたところで、そこから本当に二人の夫婦関係がはじまるのかなっていう雰囲気が出てたのもよかったし。

ただし、エンディング曲、てめーはダメだ!

いや、ほんとなんなん、あのまったく映画に合ってないエンディング曲……^^;
よくここまで時代劇に合わない曲を持ってきたもんだ。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1690-b8fa8182

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad