12

29

コメント

オール・ユー・ニード・イズ・キル



死んで生き返って死んで生き返って、世界を救うってお話だよ。

ループものだから多少の矛盾点はしょうがないとして思っていたよりも面白かった。
広報ですから前線なんて行きませんよwwwみたいな、ヘタレのトムがまず笑える。
まあ、確かに戦闘経験もないのにいきなり前線行けとか言われても困るだろうけどね。
ループがはじまってからの死の軽さがまた笑える。テンポの良い死に様が初見殺しゲーみたい。

そこからリタと出会って、目的がはっきりした中盤。
あれだけサクサク死んできたのに、どうやってもリタが救えないことに心折れかける気持ち、わかるわ、SIRENの初回プレイ時とか、せっかくアーカイブ拾ったのにまた最初からかいっ!っていう、どう足掻いても絶望感あったわぁ。
それに比べたらSIREN2の温いこと。アーカイブ拾って死んでも拾ったことになってるからね。

脱線したけど、そういうのを乗り越えてループ能力がなくなった終盤の展開はいいような悪いような。
急にJ隊の仲間を引き連れても、なんの思い入れもなさ過ぎて困る。
しかも、ほとんど連れてきた意味がないレベルの出番だったし。
もしかしたら、仲間とのくだりは大分カットされてるのかな?
そうだったら、ループがなくなって二度と会えなくなる仲間たち、そして、囮になったリタの姿。
ここら辺から、トムの絶望感が際立ってよかったんだけど……

けど、最後で全員生き返ってたら、なんも残るもんがないわっ!><

アルファと違ってオメガの血はループじゃなくてパラレルワールドを発生させられるのかな。ちょっと時オカ思いだすね。
だから、最後はループせずにみんな生きてるいい感じの世界にトムは辿りついたと。いやいや、そんなご都合主義ないわ。
これはハッピーエンドじゃないと見る価値ねぇーっていうアメリカ理論の賜物かもしれんね><
とはいえ、なんだかんだで面白かった。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1676-ec6b44a5

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad