12

28

コメント

バットマン:アーカム・シティ アーマード・エディション



とりあえず、メインストーリーをクリア。22時間30分。うーんボリューミー><
リドラートロフィー集めやキャットウーマン、ハーレークイーンのサイドストーリーはまったりやってく予定。

PS3 、360で出た前作は未プレイ、バットマンの知識も特にない私でしたが面白かったです。
最初の方はストーリーもよくみえてこないし、ちょっとかったるいなと思ったりもしたんだけど、単純にアーカムシティを飛び回ってるだけで楽しくなっちゃったw移動の爽快さはなかなかのものだった。
ちなみにバットマンに出てくる諸々のキャラを知らなくても、親切なキャラ辞典が用意されているので、それを読めばなんとなく分かる。そこまで分からなくてもコウモリ気分で飛んでたら楽しめるから大丈夫><

ストーリーは、どんどん色々な悪者が絡んでくるので話の核となる部分をしょっちゅう見失ったかな。
最初はヒューゴストレンジ?というおっさんが考えているプロトコル10という謎のプロジェクトを止めるために右往左往してたはずなんだけど、ジョーカーが出てきてからはそっちを追いかけなきゃいけないし、変な病気うつされたから解毒薬を探さなきゃいけないし、かと思ったら、その解毒薬には不死身のおっさんの酵素が必要とか……
こんな感じでポンポン展開が変わっていくので、私みたいにプレイの間をあけちゃうプレイヤーにはストーリー把握が辛かった。
あと、その間にも勝手に悪者がバットマンに絡んできてサイドミッションがはじまるし。
お前ら、バットマン大好きっ子だな><あまりにも構ってちゃんされるもんだから寄り道してたら、次の目的忘れちゃったりねw
そんな感じで楽しいけど大変なところもあった。
でも、終盤の盛り上がりからジョーカーとバットマンの最後のやり取りまで映画的で引き込まれた。

敵との戦闘はそれほど難しくなく、適当にカウンターボタン押してるだけでも格好良くバットマンが戦ってくれる感じ。
なので、アクションが苦手な人でも多分問題なく進められるレベルだと思う。
でも、それだと物足りない人には華麗にチンピラたちの間を舞いながら、コンボを繋げていくという楽しみ方もできるので、ゲーム初心者も上級者も満足できる出来なのかな。
あとガチで戦闘を楽しみたい人には、リドラートロフィーを集めることで解禁されるチャレンジモードが用意されていたりと、どんな層でも楽しめそうだね。私はやる気がしないけど><

不満点は字幕。
字幕が小さいのは最近のゲームのほとんどがそうだからおいといて、いちいち字幕の前にキャラクター名が入っているのが鬱陶しかった。せめて、段落変えるか、キャラ名の色を変えるかしてほしかった。
そのうえ、文章がやけに長かったり、変な区切られ方しているので読みづらいことこの上なしといった感じ。
あとは若干、ゲームオーバーからのリトライまでが長いことくらいかな。

それ以外は、ただのキャラゲーとは一線を画して本当に楽しめる作品だった。
すごいね洋ゲー><
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1666-cc2f90e6

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad