09

28

コメント

映画闇金ウシジマ君



身の程知らずは身を滅ぼすってお話だよ。

原作は読んだことなく、ドラマを見た程度の知識でもウシジマ君の話は大体そんな感じのものが多いイメージ。
世の中にいる成功者を目指して闇金からお金を借りるアホ的な。
確かに成功者の中には借金をして這い上がった人もいるだろうけど、さすがに闇金からってのはないんじゃなかろうか?^^;
闇金からお金を借りないといけない時点で終わってると気づかないから、ただただ悲惨な結末を迎えるんだろうけど。

という感じで、今作はイベントサークル、BAMPSの大規模イベントを成功させてセレブとのパイプをつくって成功してやんよ、という野望を持つ小川純のストーリーをメインにして、サイドに母親が負った借金の利息を支払うために出会いカフェで働くことになったミコの話を盛り込んで進んでいく感じ。
ただミコの話は元AKBの人だからか、かなり配慮されてて、絶対体売ったりはしませんから安心してね^^という、まったくきわどくない展開が続き、結末も気づいたら急に心変わりしててマットーに生きていきますね^^と、あってもなくてもどうでもいい話だった。
小川との対比という点でいるのかな?いや、いらんな。

小川の方は大規模なイベントを開く資金集めと、BAMPSのメンバーの一人がやらかした件で基地外に恐喝されたり、とことんお金に振りまわされて散々な目にあいながらも、ウシジマ君をはめて警察にぶっこんだりして、なんとかイベントを成功させる。
これが最初で最後の成功だったと思うと、あのステージ上でヒャッハーしてるのが哀れ。
ってか、小川の結末は最後の最後までクズっぷり発揮してもよかったのに、なんで格好つけたんや? お前、終始、クズやったやんwと思わないでもなかったw
イケメンゴレンジャイのおまけ扱いしかされてこなかった小川を、ただ一人だけ認めてくれてたミコにだらしない姿をみせたくなかったのかな。

あれだけ人脈が武器といいながら、本当に助けてくれる人が一人もいなかったのが小川の薄っぺらさを表しててよかったけど、小川がイケメンゴレンジャイの誰よりもイケメンだったのは失敗だよねw
童顔だし、お父さん呼ばわりされる顔じゃなさすぎるw
もっとブサメンというか、彼奴らに下に見られる程度の顔の人にしないと違和感あった。

ということで、人間、分相応の生活を送るのが一番やね、という教訓とヤミ金怖いよ><ってことを知るためにも、中学や高校の道徳かなんかの時間で使えばいいと思います。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1617-2e3292bb

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad