09

10

コメント

デビルサマナーソウルハッカーズ



やればできるんだぜ!
ということで、ラスボス強そうだから放置してたソウルハッカーズをサクッとクリアしました。
ボスがハルマゲドンを連発してきた時は、もうすぐ終わるんやなと感慨深いものがありましたね。
どうやら2周目とかエキストラダンジョンがあるみたいだけど……そこまでやらんがな!><
だってねぇ、なんていうの、私、RPGそんなに好きじゃないというか、積んでるゲームが多いというか、ねぇ?
時間が出来て、積みゲーが全てなくなったらやるよ><
ということで、1周目だけの感想タイム。

主人公はハッカーグループの一員で、市が推進する仮想都市パラダイムXをハッキングしたことから、天海市の真の目的を知ってしまい、なんだかんだで陰謀渦巻く冒険の旅が始まるよーっていう感じのお話。
15年前くらいの作品なので、まだ今ほどネットワーク技術などもすすんでなかっただろうし、当時ではかなり時代を先取りしたストーリーだったんじゃないかな。

天海市の全体マップから人生ゲームの棒人間みたいな主人公アイコンを移動させて目的地へ行く2Dマップと目的地でび3Dダンジョンからなるシステム。敵が出るのはダンジョン内のみとなっている。
3Dダンジョンは、下画面に全体マップを表示することができるようになるので、それほど大変ではなかった。
ただ敵がよくでるので鬱陶しい。
そんなにアトラスゲーをやったことがあるわけじゃないけど、基本的にエンカウント率は高いイメージがあるね。

バトルシステムはターン性のコマンドバトル。
剣、銃、魔法、仲魔の特殊スキルなどを駆使して戦っていく。
オートシステムがあるので、ボス戦のようにある程度こちらの攻撃パターンが決まっていて長くなるような戦闘は放置も出来るので面倒くさがりでも安心。気が付いたら主人公がやられてたとかそんな経験ないよ。ないから><

バトルのもう一つの楽しみというかゲームの肝が悪魔との会話。
悪魔にはそれぞれ性格があるので、どういう会話が好まれるのか、仲魔になってくれるのかなどが違って面白い。
仲魔になったあとは悪魔同士を合体させて強化したりする楽しみがある……けど、私はあんまり仕組みを分かってないし、分かる気もなかったので適当に強そうなのを合体させてただけっていうダメっぷりwでも、はまる人は超はまるシステムだと思う。

昔のゲームだけど、そんなに古臭さは感じなかったし最後まで楽しめました。
ただ、フルボイス化された弊害だと思うけど、主人公の名前を誰一人呼んでくれないのはちょっと不自然だったねw
文字だけだった頃はそのまま最初につけた名前で呼ばれるんだろうけど、これが音になると「君」とか不自然な感じになって笑える。幼馴染なのによそよそしいよ、ひとみちゃん……>
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1598-a99b157f

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad