05

10

コメント

ウェイバック -脱出6500km-



寒い暑いお腹すいた喉かわいた、それでも歩く!ってお話だよ。

なかなかよかった。

シベリアの強制収容所からモンゴルへ、モンゴルからチベット、チベットからインドへという徒歩での逃亡。
雄大な自然の脅威に翻弄されながらも必死に歩く男たち。
1人は凍え死に、1人は故郷への未練を断ち切れず国境で別れを告げると、次々と人数が減っていくのもリアル。
ただおにゃのこが合流したあたりはちょっとな。
あんな環境に女が入ってくると絶対、男たちに変な欲が出そうなものだけど、極限過ぎてそれどころじゃなかったってことかな^^;
その紅一点も脱落。

ようやっとチベットに辿りついたあとの、立ち止まったら動けなくなるっていうリーダーヤヌシュの言葉には強い意志を感じたね。
正直、人間相手の戦いは最初だけで、あとはほとんど自然との闘いしかなく、脱出グループの人間関係も比較的良好という感じで派手な演出がないので、ちょっとだれたところもあるけどラストシーンで帳消しだった。
ヤヌシュ君、この日のためだけに歩いとったんやね……(´;ω;`)ブワッ
あのラストシーンに辿りつくために何十年もかかったとか、もうね。

実話を元にした話らしいけど、たぶん、かなりフィクションはいってるんだろうね。
それでも、過酷さが伝わったからそれはそれで。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1523-f1186484

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad