05

01

コメント

ボルベール帰郷



ママと娘と罪と償いと男なんていらねーんだよっていうお話だよ。

女性の強かさや愛情の深さ、繊細さなど女性の様々な魅力を引き出している一方で、男性はほとんど出てこないし、存在を感じさせてもクズしかいないっていう徹底っぷり。
だから、女性が見ると楽しめて男性が見ると楽しめない、かもしれないし、どっちにしても楽しめない人も多数いそう、そういうなんともいえない作品だった。

母娘二代にわたって起きた事件は昼ドラに火サスを混ぜたかのようなドロドロ感のある内容なのに、まったくそう感じさせないカラッとした感じが不思議。これがスペイン映画のなせる技なのかなw
前半ところどころに伏線が散りばめられていて、丁寧にその回収を行ったのは見事だったね。
ベネロペクルスってダメ映画によく出てるイメージあったけど、これは作品自体も役柄も悪くなかったと思います。

しかし、あえて言おう。
スペイン警察無能!
そういう話じゃないからまったく出てこないんだろうけどw
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1512-0a395a6a

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad