04

03

コメント

ルーパー



未来の自分と対決するぜ!ついでに未来に悪い奴になる子供を守っていい子にしてやるぜってお話だよ。

犯罪組織が足のつかない殺人道具としてタイムマシンを使っている未来。
主人公は、こうした犯罪組織と契約をして未来からタイムマシンで30年前の世界に転送されてきた人間を殺すルーパーという仕事をしているジョー。
ルーパーの契約終了時には、秘密保持のために未来の自分が転送されてくるので殺さなければいけないルールがある。

これが基本設定。
序盤は矛盾がバレるから本当は説明したくないけど、世界観の説明はしないといけないという感じで絶妙に誤魔化しながら、ルーパーの仕事やルールを描写しているのでちょっと退屈。
未来の自分ブルースウィリス演じる老ジョーが転送されてきて、あまりの禿げっぷりにショックを受けている間に逃げられてしまったとこからが本筋かな。

現代で若ジョーが老ジョー殺害を失敗したシーンの後に、老ジョーが若い頃に過去に転送されてきた自分を上手いこと仕留めているシーンが入るので若干混乱させられる。
老ジョーはルーパー引退後の30年間、のんきに中国人嫁と平穏に暮らしていたものの、レインメーカー率いる犯罪組織の手によって嫁は殺され、自分は30年前の若ジョーに殺されるために転送させられたらしい。

あ、ここからが本筋かな?

上手いこと若い自分の手からハゲパワーを使って逃げた老ジョーは、自分の嫁を殺したレインメーカーを子供のうちに殺して嫁を助けるという、どこかで聞いたことのあるようなターミネーター気分で動き出す。
若ジョーは任務失敗したら命を狙われちゃうので老ジョーを追いかける間に、いくら将来グレて悪者になるからって子供殺すとかダメやろ、っていう気持ちを芽生えさせちゃうんだね。
まあ、自分が孤児だったことと子供レインメーカーの境遇を重ね合わせて守らなきゃとか思ったんだろうけど。
こういう展開の中にさらに超能力要素を入れちゃうものだから、ちょっとごちゃっとしてたw
超能力設定いらないよね? いるかな? いらないなw

なんだかんだあって、若ジョーはある方法で老ジョーを止めることに成功しておしまい。
色々と気になる点はあるけど、こういう〆かたは嫌いじゃなかった。
でも、若ジョーがやってやんぜって思った時点で老ジョーが消えるのが順番的には正しい気がするけどね。

あと、未来では殺人はすぐばれるって設定なのに老ジョーの奥さんがサクッと殺されちゃって、え?って思ったのは秘密ね><
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1486-8bf3a667

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad