ゲームービー備忘録

自分がやったゲームや見た映画の記録帳

 
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


レイトン教授vs逆転裁判



マホーネちゃんとクローネちゃんの百合はありますっ!><

マホーネちゃんはこれからに期待だけどクローネちゃんはガチ!w
ということでクリアしました。
すごい爆死した感のあるワゴン価格になってたから、どんだけつまらないのかと思ってたけど、舞台となるラビリンスシティの雰囲気のおかげか絵柄の違いも全く気にならなかったし、意外や意外、二つのゲームの要素がいい具合にマッチしていて最後まで楽しめた。プレイ時間は20時間くらい。DLシナリオはまだ未読。

全体の雰囲気やシステム周りはレイトン教授より。
町を移動しながら人と話をして、ちょいちょい謎を解いていく感じ。
逆裁だとちょっと捜査パートは単調になりがちだけど謎要素がそこに入ることで単調になるのを上手いこと防いでた。
途中、お互いがメインとなって進めるパートもあるので、レイトン教授とナルホド君のどちらか一方が目立つということもなく、協力している感じがよかった。

ゲームのメインとなる魔女裁判パートもいい出来。
こっちは逆裁要素がふんだんで、証言を聞いて、ゆさぶって、つきつける!という流れ。
また複数の証人がいることで1人の証人の言葉に反応した別の証人を追究するという新システムが入っている。
これが熱い裁判をさらに盛り上げてくれたかな。
ただ裁判パートはちょっと腑に落ちない点もあって難しく感じた。
終章では「もうやめて、私の弁護力は1よっ!」ってなってました><

ストーリーは、割とレイトンのとんでもストーリーよりかな。
逆裁のストーリーあんまり覚えてないからどっちもとんでもかもしれないけどw
特に終盤はもう、えっ? えぇっ!? えぇえええええっ!?みたいなw
かなり強引な感じにまとめてくれたので、よくよく考えると引っかかる点がいくつかあるけど、なんだかんだ最後まで惹きこまれたから目を瞑っていいんじゃないでせうかw

悪かった点は、本家に比べて謎が簡単すぎたし少なかったことかな。
裁判パートの方がボリュームは多く感じたし。でも、そんなことは些細な事なんだよね。
一番、悪かったのはナルホド君の声だよ。
本当に酷すぎてね……喋るな。頼むから喋らないで、お願いします。と頭を下げたくなるレベルだった。
レイトン側も別に上手くないけど、ナルホド君のおかげでうまく聞こえるくらいだったよw

本当に声の点をのぞけば良作だったと思います。
なんでワゴンなのか分からない><
ガチの逆裁、レイトンファン的には、そんなもんつくるより新作はよっみたいな感じだったのかな。
両方やってるけど、そこまで思い入れ強くない私みたいな人にはおすすめかもw
そして。

マホーネちゃんに振り回されるクローネちゃんでお願いしますっ!(ナゾ)><

ジーケンめ、EDイラストでクローネちゃんといい雰囲気醸しやがって、やろうぶっころしてやる(ドラえもんだらけ感)
最近、ドラえもん読み返してるけどドラちゃんって何気に口が悪くて面白いw
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

 
検索フォーム
 
 
 
 
欲しい物リスト
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム