02

28

コメント

23年の沈黙



23年前に起きた少女暴行殺人と同じ日、同じ場所で同じ年代の少女が失踪したことからはじまるお話だよ。

うーん、これは評価が難しいわ。
23年前の事件の被害者の母親と捜査を担当していた刑事、犯人とその共犯者、共犯者の今の家族、現代の事件の被害者家族、妻を亡くしたばかりでボロボロ状態の刑事、それをサポートするマタニティ刑事と様々な視点から描かれる孤独感や罪悪感が織り交ざった群像劇。
なかなか惹きつけられる話なんだけど、色々なところが勿体ない感じ。

まず23年間沈黙していた犯人がなぜ共犯者を呼び出そうとしたのかというのがいまいち伝わりにくい。
作品のテーマは孤独感なんだろうけど、どうして今頃?という疑問。
確かにずっと変わらない生活を犯人は続けていて孤独だったとは思うし、若い頃に同じ思いを共有した友と再会したいというのは理由になるのかもしれないけど、きっかけが弱いのが勿体ない。

正直、23年前の事件の被害者の母親と当時、捜査を担当していた警察官が犯人をおびき出すためにやったのかなとか思っちゃいそうになったw
テレビに出るスタンドプレーといい、犯人をおびき出すためなら何でもやる感があったから。
ちなみにこの二人は出来てるけど、映画でもドラマでも海外ならよくあることなので気にしないw

総合的には一つの事件がそれに関わった人にもたらす影響を描いたヒューマンドラマとしてみると悪くない、けど、サスペンスとしてみると警察最後まで無能すぎ、犯人の動機が弱すぎて微妙という感じ。
私はこういう嫌な雰囲気の終わり方好きなので嫌いじゃないんだけど、ものすごく地味で淡々としているので眠くなる人は眠くなるだろうなぁ、と思います。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1453-b7266aaf

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad