02

13

コメント

ライフ・イズ・ビューティフル



第二次世界大戦中のホロコーストをユダヤ系イタリア人の親子の視点からユーモアを交えて描いたお話だよ。

うーん。
かなり評判がよかったみたいだけど個人的には合わなかった。
前半がまず鬱陶しい。
あの能天気なシーンの連続は、戦争はそんな平和な中にある日突然やってくるっていうことやグイドの人となり、後半の収容所生活を引き立たせる役割など様々な意味を持っているのかもしれないけど、どうにも鬱陶しくて見るのがきつかった^^;
後半は後半で暗くなりそうな収容所生活を、子供を守るために持ち前のユーモアで明るく乗り切るっていうのは斬新だったのかもしれないけど……うーんって感じ。

正直、ラストの戦車が出てきた時、子どもが撃たれて現実は厳しいねってなるのかと思ってタイトル詐欺wと思っちゃった。そんなわけないよねwでも、ちょっと都合がよすぎて、なんだか妙に白けちゃった。
いい話はいい話なんだろうけど私には合わなかったということで。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1438-1886e360

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad