01

05

コメント

きみがぼくを見つけた日



光源氏かよっ……てお話だよ。

嘘だけど。
いや、でも、よくよく考えるとさ、ある意味、6歳から君の恋心はわしが育てたみたいな感じだからさ、ね?
こんなこといってるけどすごい好きだったんだよ。
タイムトラベラーものにはずれ無しって思うくらいに好きだったんだよ。
でも、よくよく考えるとさ……ね?

そんな感じで。

ヘンリーのタイムトラベルが自分の意思ではなく勝手に飛んでしまうところがストーリーに色を添えてた。
大事な結婚式の日に別の時代に飛んでしまって、別の時代のヘンリーがやってくるとことか、ちょっと笑えたし。
全体的に登場人物がみんな優しい人たちばかりで、無駄に人間関係をドロドロさせないのもよかったかな。
その代わりに、自分でどうにもならずに消えてしまうヘンリーとのすれ違い生活に不満を抱くようなシーンでスパイスを与えてたり。

タイムトラベルのご都合主義観には思うところもあるけど、そういうのは無視して永遠に続くラブストーリーと思えばいいんじゃないかな。
ヘンリーが現れる草むらに子供の頃も大人になっても一途に走っていくクレアのシーンをお気にいったので、それでいいのです。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1393-f41d87a9

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad