11

19

コメント

るろうに剣心 伝説の最期編



志々雄君ってなにがしたかったの?ってお話だよ。

前回、京都は陽動で真の狙いは東京か!?みたいな流れで終わった気がしたのに、剣心の修業が終わるまでは、黒船から一発だけ撃ってみたり、博文ちゃんと会談してみたり、無駄にちんたらしてる志々雄君の謎さと福山タイムの長さに驚くw
修行のシーンから別のシーン挟んで、また修行シーンに戻る。お前ら、まだやってたの!?みたいなねw
やっと修行が終わったと思ったら、今度は少し頭を使って先回りしたあおし様がやっと剣心とご対面。
念願のバトル。やったねあおちゃん……
ここまでの流れ、前回でやっとけばよかったのに……と思わないでもない。
だって、その間、志々雄君なにもしないで待ってるんだよw
手下が暗躍するでもなく、明治政府が堂々と黒船に大砲を向ける準備してても、止めもしないでのんびりしてるんだよ……
うすうす思ってたけど、この人、馬鹿なのかな?w

なんだかんだで、茶番からの流れで剣心たちが黒船に乗り込んでバトル開始。
最初は剣心とタイマンだったのが、あれよあれよと人が増えて気が付けば4対1にw
あおし様まで混ざってきた時には、お前!どっからきたんだよ!と。
あと、多分だけど佐野助?と志々雄君って初対面だと思うんだけど、誰だよ、こいつとか思いながら戦ってたんだろうなと思うとちょっと面白いw
それにしても、4対1は卑怯すぎたな。
最後がタイマンならええやろ、みたいなノリでどっちが悪役か分からない絵面だったw

そんな感じで、長くて眠くて疲れた。あと、BGMが無駄に主張しすぎてうるさかった。
そんな作品を見終わった後に私の中に残ったのは、10本刀ってなんだったんだろう?という疑問でしたとさ。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1358-df8accc3

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad