11

09

コメント

るろうに剣心 京都大火編



そうだ、京都に行こうってお話だよ。

ことあるごとにシシオ君が京都で待ってるっていうんだもん、しょうがないよね。
前回同様、殺陣が多くて……早送りが捗った><
私はアクションシーンにあまり興味がない&殺陣も最初はすごくてもあんまり数が多いとやってること同じだから時間の無駄と思ってしまうので、ついポチっとね。
そんなわけで、多分、この作品は殺陣以外の見どころがないのでいまいちでしたね。

あ、でも、あおし?とか言う人がなかなか頭の残念な方で面白かった。
最初出てきた時は、ししお君の手下なのかと思ったけど、別件で剣心追いかけてて、それがお前、そんなことで狙ってんの!?みたいな意味不明な理由だし、ただあてもなく「ばっとうさぁいどこじゃーい!(ウソ」みたいな探し方してて、すげーアホやなぁ、とw

アホといえば、薫殿も大概のアホでしたね。これは前作からそうだったかなw
足手まといピーチ姫状態になることが予定調和の薫殿を京都に行くよう促す恵殿も大概です。
なんで入れたのかよく分からない金髪の悪者とのエピソードでは、赤ちゃんの命がやべーぜって時にまで殺すなとかのたまってて、なら、お前が……あ、なんでもないです><
そんな感じで、足手まといヒロインポジションをしっかりキープしてたでござるよ。

終盤の面白ポイントは、ししお君が誰もが思っていたであろう剣心の「ござる」言葉に盛大につっこんだところね。
眠い時間帯に最高の笑いでした。あれは神がかってたわw

アクション好き、殺陣好き、原作好き(?)なら楽しめるかもしれない、そんな作品でしたとさ。
多分、このあと竜馬伝に続くwみたいな終わり方したので、続きもみないとね……だるい。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://emanon2626.blog.fc2.com/tb.php/1347-be4a25f3

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad