プルーフ・オブ・マイ・ライフ



気の触れた父親の介護が終わって鬱っぽくなったけどセックスしたら解決ってお話だよ。

……いや、介護中は全く来てくれなかった姉との確執や頭のおかしな父との暮らしの中で自分もいつか狂うのではないかみたいな恐怖とか、色々あるんだけどね。
でも、大体、あらすじあってるはずw

セクロス後にキャサリンはちょっと気持ちが回復して、ハルを恋人候補として信頼しかけるんだけど、その矢先にすごい数式の証明の書かれたノートが発見されてしまう。
その証明を書いたのは父親なのかキャサリンなのかって話になるんだけど、誰一人キャサリンが書いたという話を信じてくれないわけよ。ハルも信じてくれない、糞野郎なわけよ。

折角、信頼しかけたのに味方が一人もおらず、孤独に陥るキャサリンが再度立ち上がるまでのお話って書くと、すごくポジティブで希望のあるエンドのように思えるけど、正直、私には現実主義者の姉とハルを天秤にかけて苦肉の策でハルを選んだだけのように見えてしまった。
なので、多分、キャサリンも孤独の中で気がふれてしまうんだろうな、とw
こんな感想を抱いてしまうのは私だけかもしれないけど><
父親とキャサリンの関係、ハルとキャサリンの関係をもっと掘り下げてくれていたらよかったのかもしれない。
スポンサーサイト
2015/05/18(月)
トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

最新記事

タグ

カテゴリ

RSSリンクの表示