そして父になる

そして父になる DVDスタンダード・エディションそして父になる DVDスタンダード・エディション
(2014/04/23)
福山雅治、尾野真千子 他

商品詳細を見る


6歳まで育ててきた息子が実は出生時に取り違えられた子供だったから本当の子供と取り換えっこするお話だよ。

血の繋がりか築き上げた情なのかってことがテーマなんだろうけど、ラストは結局どっちともとれるような感じ。
素直に見たらミッション終了ということで育ててきた子供を選んだようにも思えるけど、そんな簡単にやっぱり取り換えっこやーめたなんてわけにもいかないだろうし、セミのとこは長い目で実の子を育てていく決意をしたようにも取れる。
色々あるから曖昧な結末にしたんだろうけど、普通に両家が交流して、子供が好きなように行き来できるようにするエンドでよかったんじゃね?ダメ?w

現実的に考えたら、今までの6年よりその先長く育てていかなきゃいけないんだから、やっぱ自分の子供の方がいいような気もするけど。反抗期とかも自分の子供なら我慢できても、そうじゃなかったら他人の子だしなぁとか思っちゃいそうだし。
まあ、子供からしたらどんな状況でも最悪なことには変わらないだろうけど。

この作品のもう一つのテーマは男が父親になるってことなのかな。
昔から女は子供が宿ったら母親になるとかいうけど、男は子供によって成長させられるってものなのかね。
でも、最近は子供産んでも母親になりきれない人はたくさんいるような……
はっ! これが女性のオス化って奴かw^^;

そんなわけで、どっちみち一生一人確定の私には、この作品はなんともいえない作品でしたとさ(雑w

それにしても、エリートの金持ちは冷たく高圧的で貧乏人は人間味のあるいい人みたいなステレオタイプは好きじゃない。
実際は貧乏家庭って荒んでるケース多いし、正直、私が取り替えられた子供だったら金持ちの家に留まりたいよ><
スポンサーサイト
2015/03/08(日)
トラバ(0) コメント(0)















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

最新記事

タグ

カテゴリ

RSSリンクの表示