プレイ中ゲーム(8月末)

WiiU
・アサシンクリード3
はじめました。中世とかちょっと昔の話だと思ったら現代みたいな話なの?と思ったら、やっぱり昔の話だった。
このシリーズ初プレイだから、仮想空間みたいなところに入るとこから意味が分からない><
・スターフォックス零
操作忘れて最初からやったけど、ぐらんぐらんする。これ、上手くなるの?^^;
・U-EXPLORE SPACE ADVENTURES
ステージ20まで。着陸姿勢のヴァリエーションが増えて楽しい一方、シビアな操作が求められて楽しい。結局、楽しいw
・ゼルダの伝説BotW
WVW69kjZCVoy95EO4q.jpg
もやっとしてるけど神獣に近づきました。トカゲっぽくてかわいいよ。倒しに行くよ><
・ゼノブレイド
恐竜のボス倒せた。倒した方分かってなかっただけだったw人の話聞かないとダメだね><
ちょっとノポン族と戯れてから次の地へ旅立つ予定。仲間との絆が一向に深まらないのは、私がぼっち気質だからなのかな?><

Wii&GC
・ゼルダの伝説風のタクト
海図埋めつつ、タライフォースのマップをやっとこ集めたところ。
なにげにマップ解読のお金が足りない。チンクルチネチネ……ホント噂通りの糞さ><3つくらいなら許せるけど7つってダルすぎ。
・バイオハザードダークサイドクロニクルズ
ベロニカ編クリア。ぼんやりとストーリーを思い出した。
・零ー月蝕の仮面ー
八の蝕まで。ハードむずいよ><

PS2&PS
ラチェット&クランク2 ガガガ!銀河のコマンドーっす(クリア)
・アーバンカオス
はじめました。この街、ギャング多すぎ笑うwwStage2まで。

3DS
マリオ&ルイージRPG4(クリア)
・ポチとヨッシーウールワールド
はじめました。ワールド1ですでに集め物コンプリートできてないとか笑うwくまなく探したつもりだったのに悔しい><


まあまあ進んでる。
ニンテンドーヒートアップセールで、気になってたSEVERED買ったよ。
ついでにかまいたちの夜がやりたくて仕方がなかったから買ったよ><
RPG嫌いなのに、ノリでマザー3も買ったよ。マザー2は兄がしてるのを見てただけで特に思い入れはないよ><
スポンサーサイト

手紙は憶えている



忘れるなんて許さんぞってお話だよ。

認知症を患った爺様ゼブが、体の自由の利かないアウシュビッツ仲間のマックスに託された手紙を頼りに、アウシュビッツで家族を殺し、身分を偽ってアメリカに隠れたナチの残党を探し出して殺すための旅に出るサスペンス。

認知症で、前日の記憶があやふやな爺様じゃなければできないお話。
眠りにつくたびになにが起きたのか忘れちゃうのは、ちょっとメメントっぽかったってのはおいといて。
ことごとくおじいちゃん、大丈夫?><感がつきまとっていて、それが逆に緊迫感を醸し出す絶妙さ。
忘れてはマックスに託された手紙で目的を思い出すというように、手紙が全てのキーとなっているのに、この手紙の内容が終盤までなかなか明かされないのがまた上手い。
でも、それだけで終わらずにようやく辿りついた標的オットーワリッシュと出会った時が、マックスが託した旅の本当の目的が浮き彫りになるというね。
最後まで見終わると、2番目に会ったルディ・コランダ―との対峙シーンがまた違った様相を示してきて、本当にこの脚本はすごい。
面白いっていうのもあれだけど面白かった。
2017/08/30(水)
トラバ(0) コメント(0)

デザートフラワー



スーパーモデル、ワリス・ディリーのお話だよ。

ソマリアの遊牧民一家に生まれ、13歳の時に見知らぬ爺さんと結婚させられそうになり逃亡、会ったことのない祖母を頼って街へ行き、そのツテでソマリアからロンドンへ。しかし、ソマリア紛争を機に帰国を迫られ、滞在先から逃亡しホームレスへ。
なんだかんだで働いてたマックで有名カメラマンに見出されてモデルの道へっていうサクセスストーリーのように見せかけて、彼女の人生に大きな影響を与える女子割礼に対する問題提起映画。

女子割礼については全く知らなかったので驚いた。
終盤にそのシーンがあるけど、不衛生な場所で医療の知識も技術もない人間が適当に切ってるだけだから、感染や出血多量なんかで死んでしまう子も多いとか。
でも、多分、している側も親も悪いことをしている気持ちは一切ないんだろう。
切ってないの?と劇中でワリスが驚くように、世界中で同じように行われていることだと信じているわけだからね。
ワリスは運よく国の外へ出て違う文化に触れることで、間違った慣習だと知ることができたけど、そうではないまま生きてる人は今もいるんだろう。
基本的にあまり他国の文化に対して口を出すべきではないとは思ってるんだけど、撲滅すべき文化もあると思わせる話。

映画としてみると、ワリスのサクセスストーリーと過去を上手く絡めて丁寧に進めてると思うけど、後半、急に早足になるのが残念。
そもそもクラブで出会ったあいつとそんなにビビッときてたの?という疑問が残ったw
2017/08/29(火)
トラバ(0) コメント(0)

マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー



ようやっとクリア><
買ったの2015年とか、時の流れ早すぎて笑うw

クリアデータはこんな感じ。
marirui.jpgmarirui2.jpg


マクラノ島へバカンスにきたマリオご一行。
案の定、ピーチ姫が何者かにさらわれたので助けに行くよというのが大まかなストーリー。
今回は夢世界にピーチがさらわれてるので、夢と現実の世界を行ったり来たりすることになるんだけど、夢世界は2Dアクション、現実は3Dフィールドという風に明確に操作がわけられてる。
それぞれの世界でできることにも違いがあって、そこらへんは楽しかった。

操作は、Aボタンでマリオ、Bボタンでルイージ、Rボタンで道中覚えるブラザーアクションを切り替えて、道を切り開いていく感じ。
RPGというよりもアクションRPGだね。
フィールドをウロウロしている敵とぶつかるとバトル開始。
この時、敵を踏みつけるか、ハンマーで殴ると先制攻撃ができるのもこれまでのシリーズと一緒かな。

バトルシステムも特に大きな変更はないような。
基本的にこちら側の攻撃は、ジャンプで踏みつけるか、ハンマーで叩くかの2つ。
敵に攻撃があたる瞬間にタイミングよくボタンを押して、ダメージ増減が決まる。
それに加えてマリオとルイージが協力して行うブラザーアクションという必殺技のようなものがある。
ブラザーアクションは一気に敵を蹴散らせる爽快さがある一方で、ちゃんと練習しておかないと失敗して1ターン無駄にしてしまうイライラもあったw説明が分かりにくいんだよね><

敵の攻撃の時には、攻撃の癖をつかんでジャンプでかわしたり、ハンマーで反撃したりするといった感じ。
ただ年をとると反応速度が落ちて、敵の攻撃をなかなかかわせなくなって悲しいw
上手な人はほぼノーダメでバトル終了も可能なんだろうけど、私には結構な難易度だった。

その難易度もあってか、最初は楽しかった戦闘も中盤あたりから苦痛にw
敵の数が結構多いし、積極的にぶつかりにくるので避けるのも面倒。
その上、敵の体力は上がってるし、攻撃もしつこいし、一回の戦闘にかかる時間も伸びてくるというダルさ。
色々なマイナス面が重なって、フィールドの移動がだるくて仕方なかった。

それに輪をかけてだるいのがボス戦。
通常のボス戦と巨大ボス戦があるんだけど、どっちも時間かかり過ぎてダルい。
特に巨大ボス戦はアニメーションも長くて、攻撃するよりもひたすら避けることばかりが求められるし、微妙な操作感のジャイロで避けゲーさせられるし、ミスったら最初からだし、とかいううんざりする仕様。
通常のボス戦は特にクッパ戦が大概うざかった。強いというよりもひたすら面倒くさい。
あの雑魚敵の山を一発で切り崩して、クッパに回復させない猛者がいるのかと疑問に思うレベル。

そんなわけで、総合的にはそれなりに楽しめたけど、やっぱり戦闘要素がだるいってのは致命的かな。
でも、今なら多分1000円以下で買えると思うので、その値段なら損はないと思う。
マメ集めや写真、ミニゲームなどのやりこみ要素も豊富だし。ゆっくりとりくむ系の人ならおすすめ。

チャイルド44 森に消えた子供たち



楽園に殺人なんてないから、死体に共通点があっても全部エクストリーム事故ってことにしとくよってお話だよ。

スターリン体制ではそういうことになってた。
国家保安省だかなんだかの捜査官レオ君は、そういうことのために殺人事件だとのたまう遺族を黙らせにいくような仕事をしてたんだけど、レオ君の友達の子供が殺されたもんだから、ちょっと異を唱えたら、妻にスパイ容疑が欠けられて左遷。
こんな感じのいかにもソ連のイメージっぽいソ連な展開が続くので、思ってたよりも地味。
開始1時間くらいまでは、正直、あんまりおもしろくなかった。
左遷されてから「あんたが保安省の人間で怖かったから結婚したんだよ、バーカバーカ」みたいな妻の本心をきいてしまったり、色々な裏切りにあいながら、独断で殺人事件の犯人を捜し始めるとこからやっと面白くなってきたかな。

ただ開始1時間の無駄があったせいで、捜査シーンや犯人を追いつめるシーン不足で、サスペンスとしてはいまいち。
かといって、社会派映画としても物足りない。
なんかどっちつかずな作品で、結局のところ、妻が最強ってことだけが強く残った。
2017/08/26(土)
トラバ(0) コメント(0)

心が叫びたがってるんだ



メンヘラ娘とやさしい世界のお話だよ。

こんなにやさしい世界はないよねw
大してやりたくもないミュージカルを押しつけられたにも関わらず、ちゃんと頑張って参加してくれたクラスメイト達を足蹴にする当日逃亡やらかしてくれた主役二人。戻ってきて温かく迎え入れるクラスメイト達の心の広さはどうなってんの?^^;
でも、普通だったらいじめられてもおかしくなさそうなのに、高校生にあがるまでおとなしい子というだけで特になんの問題もなく生活できてるやさしい世界だし、クラスメイト達が宇宙規模の心の広さを持っていてもおかしくはないかもね。

ちなみにお腹が痛くなるってどういうレベルの腹痛なんだろうね。
きゅるっときたら急降下みたいな私がよく体験するあのレベルなのか、それとも、胆石とかそういう系の痛くてゴロゴロのたまっちゃうタイプなのか、お腹痛くなったら走ってどっか行くから前者かな、と思うとメンヘラになっちゃうのもしょうがない。
ところかまわずのトイレ急行は、ヒトにはバカにされるし、ほんと精神病むから><

そんな冗談はさておき、主人公はネグレクト家庭育ちっぽいからメンヘラになっちゃうのはしょうがないのかもね。
子供をラブホに通わせちゃう時点で放置家庭なのが窺えるけど、子供が通えちゃう近距離のラブホ使って不倫するパパ無能すぎw
この子に目撃されなくても、いずれご近所さんで噂になってもおかしくないレベルだよ。
そんなこんなで無能パパの一言で喋れなくなっちゃう主人公だけど、普通の親だったら病院へ連れて行くだろうに、そんなこともせず高校生へ。これは無能パパを失うキッカケをつくった糞ガキへのママの復讐かもしれない。と、考えるとちょっとは主人公のメンヘラっぷりも許せ……るわけねーだろ><私はやさしい世界の住人にはなれなかったよorz

途中までは、腹痛トイレ急行は分かる分かる><ってなったような、ならなかったような生ぬるい感じだったけど、やっぱりミュージカルドタキャンからのラブホシーンは糞だったねw
しかし、そこはメンヘラ娘取扱い1級資格を持つ坂上君、ワキが臭いとののしられようとも上手いことなだめちゃう。感動したねw

そんな感じで、こんなやさしい世界に住んでみたいなと思いましたとさ。
2017/08/25(金)
トラバ(0) コメント(0)

ラチェット&クランク2 ガガガ!銀河のコマンドーっす



クリア。
初代に比べると、ちょっとだけ簡単になったような。特にラスボスが簡単だった。
初代のラスボスは、かなり苦戦した気がしたけど、今作は一発でクリアできたので拍子抜け。
道中のイエティやロボットとの戦いの方が大変だったかな。一番大変なのはリングくぐりだけど><

ストーリーは、前作の大活躍も忘れられた頃、メガコープ社のコマンダーとして雇われるラチェット&クランク。メガコープ社の新商品プロトペットを狙う盗賊とやりあってるうちにプロトペットに隠された陰謀に気づいて共闘することにっていう感じ(適当

基本的な部分は初代とそれほど変わらず、子供向けのようで歯ごたえ抜群の3Dアクションを正当に進化させた続編。
チェックポイントの数が増えて、プレイしやすくなったし、移動しながらガラメカで足場を出したりとステージごとのギミックも豊富で純粋にアクションを楽しめた。

今作のやりこみはゴールデンボルトに代わってプラチナムボルト集めとスキルポイント。当然、攻略見ながらやりました><
あとミニゲームと二周目要素もあったけど、それはやってない。
ガラメカのパワーアップ要素やラチェットのアーマー購入、シップのパーツ購入は初代にはない部分かな?
相変わらず、ガラメカは多種多様だったけど、結局使う武器は決まってくるので、クイックチェンジで全部埋まるくらいの数でもよかった。後半は敵が固くて、パワーアップさせた特定の武器しか使ってなかったし^^;

難点はリングくぐりをふくむ戦闘機と巨大クランク戦。
この要素は爽快感があまりなくて、時間もかかってダルかった。
でも、それくらいかな。ゲーム自体は本当に最後まで楽しめた良作。
次は積んでる3……はおいといて、気分を変えて積んでるジャック×ダクスターはじめようかな。

ちなみに今からプレイするならPS3版がおすすめ

2017/08/23(水)
PS2 トラバ(0) コメント(0)

セブンでプリカ

今、セブンでニンテンドープリカ買ったら、10%還元されるので、特になんか買う予定もないけど買ってきたった。

300円ゲットだぜ!

300円って大したことないけど、DLソフト買うこと考えると使える額っていう微妙な感じだね。

TAXi2



日本の防衛庁長官が日本のヤクザに攫われたから救出するぜ、ニンジャーッ!ってお話だよ。

とんでも日本を全面に押し出した作品なので、それをバカにしてると感じる人は見ない方がいいかな。
確かにちょっとバカにしてる感はあるけど、この作品に出てるフランス人も大概バカしかいないので、そこまで気にならない。
どこか抜けたテンポからくる笑いと脱力感を楽しめばいいんじゃないのかな。
このシリーズは最初から4まで見てると思うんだけど、なぜか感想が見当たらない。まあ、そういうこともあるよね。
2017/08/20(日)
トラバ(0) コメント(0)

キリングゲーム



おっさんとおじいちゃんが拷問しあうお話だよ。

拷問は痛そうだけど、お前ら、いい加減学習しろよってくらいに拷問しては逃げられて、拷問し返しては逃げての繰り返しを二人でやってるだけなので、若干、飽きる。
結局、戦争の当事者である二人も戦争の被害者であり、憎しみの連鎖を断ち切るための許しの物語ということなんだけど、これってあれじゃん、いがみあう男同士が河原で殴り合って、仲直りするパターンのやつやん、と思ったらちょっと笑える。
国ではなく戦争に参加した末端の兵士に焦点を当てた反戦映画なんだろうけど、なんかいまいち地味。
この二人に支払うギャラで予算がつきたのかなって勘ぐっちゃうくらいに地味。
ほぼ二人だけで森の中でキャッキャウフフしてるだけだからね><
タイトルから想像するような作品ではなかった。
2017/08/19(土)
トラバ(0) コメント(0)

レクイエム・フォー・ドリーム



ただひたすらに落ちていく4人のお話だよ。

なにやら鬱になると噂には聞いてたドラッグ映画。
若者3人は自業自得過ぎて、特になんとも思わないけど、マッマのシーンだけは鬱だった。
医者がくれる薬がガチのドラッグなんて思いもよらなかっただろうし。
なんにせよ耐性がついて、薬の量が増えて、壊れてくマッマの姿が本当に見てて悲しかった。
日本でも精神科は依存性の高い薬だしすぎ問題とかあったし、ここまでではなくともそうした薬の影響で日常生活に支障をきたした人もいるのかな。と、考えると怖いね。

ダイエットを成功させてテレビ出演、二人で店を出す、一攫千金みたいな4人が4人とも不相応な成功を夢見ながら、その夢のためにドラッグに溺れていって、ドラッグによって夢が終わる。
なんだかんだ順調だった夏、雲行きが怪しくなる秋、最早、どうにもならないどん底の冬と、季節の移り変わりの中で日常がどんどんドラッグに浸食されていき、誰にも希望の春が訪れないまま終わってしまったよ><
マッマはもう廃人だからおいといて、一番これからが悲惨なのは最後、一番幸せそうにクスリ抱いて眠ってるマリオンだろうね。
生きてる間、体売ってクスリ貰うためだけの生活になることがうかがえるし。年取ったらどうなるのか、年取るまで生きられないのか……

ドラッグ依存だけではなく、色々な依存が描かれてるけど、やっぱりドラッグ依存が一番前面に出てるから、クスリ・ダメ・絶対の授業する時は、この映画見せたらいいんじゃない?><
これ見てもクスリやっちゃう人は、見なくても多分やるw
2017/08/18(金)
トラバ(0) コメント(0)

アナコンダVS殺人クロコダイル



不老不死の薬を作るためにワニが必要だから捕獲してアナコンダと遺伝子交配させたけどどっちにも逃げられちゃったテヘペロってお話だよ。

うろ覚え。
うろ覚えといえば、この不老不死の薬をつくろうとしている製薬会社の女社長が不老不死の蘭がどうのこうのとか言ってて、どこかで聞いたことあるフレーズ、っていうかアナコンダ3だか4だかで悪いおっさんが欲しがってたようなうろ覚え。
これはあのアナコンダと関係ある映画なのかな?知らんけど、どっちにしてもチープなZ級映画。

見どころは、とことんクソなお嬢様のクソっぷり。
このお嬢様は、アメドラなんかでよくある学生クラブ?ソロリティ?とかのメンバーらしく、学生クラブに入りたい女の子たちを引き連れて、やたらと威張りながら海へ遊びに行くんだけど「あんたらダサいから海に入らず穴でも掘ってろw」とか言っちゃうジャブを繰り出す。海へ向かう道中も散々煽りまくってたし、当然、こういうお嬢様は一番に死んじゃうんだろうな、と思ってたら、意外と頑張った。

まず最初に逃げ遅れた時には、一緒に逃げ遅れたもう一人をワニの方へ突き飛ばして危機を脱出。他の女の子たちには「助けられなかった><」という完璧なアフターフォローをしてのける。
ワニがワラワラきてる緊急事態なのに「ダサい子が私の車に乗るなよw」と追い出して、当然、追い出された子は食べられるけど気にしない。
他の車に乗った子が襲われてるのを窓を開けて高みの見物。窓開けてたから食われるのかなと思ったら食われなかったw
と、ことごとく生き残ったけど、最終的にはクロコダイルに平手打ちして返り討ちっていう楽しい死に様を見せてくれた。

で、この女の子グループは別に主役じゃなくて、ワニを追いかける不機嫌女保安官と生物局のおっさんが一応主役?
不機嫌女保安官が、終始、不機嫌すぎて不愉快レベルなので、ヒロインポジに見せかけて食べられるのかなと思ったら、生き残ったのでがっかり。

もう一つのグループが製薬会社の女社長と傭兵なんだけど、女社長がいい感じにキチってて楽しかった。
特にママとしてアナコンダと通じ合っちゃうシーンね。見つめ合うと素直におしゃべりできないねって感じで良かった。
そのまま食われるかと思ったら、なぜか傭兵を食っちゃうアナコンダ。本当に通じ合ってたんだね、と感動。
しかし、傭兵もタダでは食われずにアナコンダの中で手榴弾で自爆。アナコンダも爆散。悲しいね、ママ……

なんだかんだでアナコンダVS殺人クロコダイルとは名ばかりで、ワニは人間と戦ってたけど、アナコンダは好き放題してた映画。
ワニを締め上げて爆散させたり、ヘリを落としたり、アナコンダ強すぎたね。
でも、最後に勝つのは人間。そうそう女社長が生き残っちゃう驚愕の展開もあった。
最後はB級モンスター映画のお約束、ワニかヘビの卵が映って、続くみたいなあれ。これはもう驚きようがないベタさ。

チープでスピーディーでクスリと笑えるなかなかのZ級映画だった。
時間が無駄に有り余って畳の目を数え始めている方におすすめ。
2017/08/17(木)
トラバ(0) コメント(0)

インサイド・ヘッド



私の頭の中の5レンジャーってお話だよ。

なんだかいまいち響かなかった。
その理由を考えてみたけど、人間が感情5レンジャーに操作されてるみたいに見えたからか、それともヨロコビのポジティブっぷりがウザかったのか、カナシミのネガティブっぷりがウザかったのか、イライラとムカムカの違いってなんだよって思ってしまったからか、ってか、ムカムカっていらなくない?と思ってしまったからか、ビビリは私みたいだなと思ってしまったからか、ビビリって感情なの?性格じゃない?と思ってしまったからか、ビンボンのことを最後にキャラクター名見るまでビンボーって思ってて、酷い名前つけるなライリーって思ってたからか。

全部かな><

でも、一番の理由は、人生にはカナシミも必要だよねっていうこの映画の根本的な部分に納得感がなかったからかなw
冒頭からのカナシミの描き方が酷すぎたせいで、ネガティブな奴はハブられて当然、ポジティブじゃなきゃ人生ダメダメみたいなノリを随所で押しつけられたうえで、最終的にそのポジティブな感情を引き立たせるためにネガティブな側面もスパイスとしては必要かな、みたいに思えちゃったんだよ、最後。
きっと私が超絶ネガティブだからだよ、私の中にはヨロコビはいないと思う><

最後のネコの感情5レンジャーだけは楽しかったw
2017/08/16(水)
トラバ(0) コメント(0)

僕だけがいない街



本当に僕だけいなくなってどうすんの?ってお話だよ。

原作未読。
アニメは最近になってようやく録画してたのを見終わったところで、土屋太鳳さんが声優上手くてビックリしたところってのはどうでもいいんだけど。
それくらいの知識なので、原作がどうなってるのかは分からないけど、最初はアニメと同じような展開だったから、ラストもちょっと雰囲気変えるだけで、なんとなく同じようなオチで終わるのかと思ったら、ほんとに僕だけいなくなってびっくりした><

そもそも子供時代に戻った悟が犯人から殺されかけた後の展開がつじつまが合わなさすぎる。
アニメでは川だか池だかに落とされた悟が植物状態になったから、犯人はまんまと逃げおおせたのに、映画では殺されかけたシーンから、そのまま現代に戻ってる。
戻ってきた現代では、悟は漫画家になってたけど、殺されかけたシーンからどうやって生き延びたのかは謎。子供の時に殺されなかったのなら犯人が現代まで捕まらなかった理由も分からないし、その間に悟がなにをしてたのかも分からない。
いきなり思い立って犯人捜しはじめて、簡単に見つかって会いに行くとか、もうバカなの?(雛月風)

脚本家が展開を理解しないまま、なんとなく雰囲気で書いちゃったのかってくらいにストーリーが破綻してる。
アニメと同じ展開の時はそこまで破綻してなかったから、ストーリー破綻させるくらいなら、無理してオリジナル展開?にしなきゃいいのに.。
どうせ最後に死んだら感動だよね^^とか思ってノリノリでやっちゃったんだろう。
まったくもって薄っぺらい死に様だった。

もしも、アニメ版見てなくてこれだけ見てたら、原作に一切興味湧かなくなりそうなレベルの酷い作品。
2017/08/15(火)
トラバ(0) コメント(0)

翼をください



ポリーとトリーは仲良しレズっ子、ところが二人の関係があからさますぎて周りにバレちゃって優等生のトリーは「私、そういうんじゃないから><」と男に走る。残されたポリーは孤独の中で壊れてくっていうお話だよ。

誰にも知られたくないならもっと細心の注意払っとけやって話でもあるよ。

実際に起きた事件を元にしたらしいけど、どこまで実際に起きたことなんだろう。
そう思ってしまうくらい、ちょっとポリーの行動や言動に引いちゃった。
レズ映画好きの私でも、これはちょっときつい……みたいなね^^;

自己保身に走ったトリーの行動は確かに糞なんだけど、そこからのポリーのこじらせっぷりが酷くて、毎回、巻き添え食らうメアリーが可哀想でならなかったよ><
結構、三者三様の親子関係がキーになってる感じで、トリーが自己保身に走った気持ちも分からなくもないし、ポリーは、はじめて誰かに愛されたが故にそれを手放したくなくて暴走してしまったのかなとも思うし、メアリーは可愛い。
そんな感じで、ちょっと思ってたのと違った。3人のビジュアルがいいだけにもったいないw
2017/08/13(日)
トラバ(0) コメント(0)

ブローン・アウェイー復讐の序曲―



IRAのかつての同志に逆恨みされた爆弾処理隊員が家族を守るために戦うお話だよ。

冒頭ロンゲのトミーリージョーンズに笑う。
今ではすっかり宇宙人ジョーンズだけど、この作品では狂気の爆弾魔であるトミーリージョーンズのしつこさにちょっと笑う。
同僚が死んだ原因追及で、死んだ原因に気づいて笑うジミーのキチガイさに引くw
爆弾が爆発するまでや爆弾を仕掛けられたのではないか、といったシーンの思わせぶり感がしつこくてちょっと笑う。
最後は普通に点火した方が早い気がするけどピタゴラスイッチやっちゃうジョーンズにちょっと笑う。

そんな感じで緊迫感のあるんだかないんだかよく分からない爆弾映画だった。
というか、音楽がまったりしすぎて古臭い。
古い映画でも古臭さを感じさせない映画と古臭く感じる映画があるけど、これは後者かな。
2017/08/12(土)
トラバ(0) コメント(0)

ヒドラ



無人島で犯罪被害者が加害者をハンティングしようと思ったら、その島にはヒドラがいたから大変ってお話だよ。

結構、意外な展開が多くてビックリ。
なにが一番驚いたかっていうと、ヒロインお前かよっていうとこねw
だって、冒頭に出てた学者の生き残りがヒロインかと思うじゃん。
ところがどっこい、この学者は終盤でワーワーわめいた挙句、特に見せ場もなくサクッと殺されて、そのことに触れられないままハッピーな感じで話が進むからね、ビックリすぎる。
ヒドラがいる無人島で1人で2ヶ月も生き残ってきた割には圧倒的無策という意味の分からなさが予想外だった。
あれだけヘラクレスの剣wを信頼してたんだから、2ヶ月間の間に自分で剣を抜いてヒドラを倒せばよかったんじゃと思わないでもない。

ハンティングの主催者夫婦が縛られてる最中にヒドラがきたのに、なぜか次のシーンでは脱出してたのも予想外なら、島に縛られたまま、本当に置き去りにされた金持ちも予想外。
ついでにヘラクレスの剣の情報がまったく入ってないのに、いいところでなぜか剣を持って主人公に渡す主催者の部下の行動も予想外だったね。そもそも、なんであの女に剣を預けてんだよ、女は女で剣を忘れんなよっていうね……
最後の最後もヒドラと共に剣は超次元へ飲まれていったのです、みたいな謎の展開だったし。

予想外の展開が続きすぎて、B級を通り越したひどい映画だった。
こういう酷い映画でも笑えたらいいけど、笑えるところも本当になく、ただひたすらに酷い映画なので暇があってもおすすめしない。
2017/08/11(金)
トラバ(0) コメント(0)

熱いよ、燃えるよ、リンク君

どうしても山を超えたいので強行突破を試みたものの……
moerin.jpg
燃えてしまうリンク君。

一旦、諦めて山を下りたところでドーピングゲット。
yakurin.jpg
こんなに溶岩によってもへーきへーき^^
なお、木製の盾は燃えた模様orz
ドーピングでこの先ずっと切り抜けるのは心もとないので、鉱山でとかげ集めに勤しみ、その対価として防火服ゲット。
そして
goron.jpg
ついにゴロンシティに到着!

進む道を見失わないように上手いことできてるわ。

怪盗グル―のミニオン危機一発



前作で3姉妹を引き取って、すっかり丸くなったグル―が今度は奥さんを手に入れるお話だよ。

最終的にはそんな感じだったよ。
反悪党連盟のエージェントとなって、なんだかんださらわれたミニオンズを助けたり、悪党の陰謀を阻止したりしてたけど、こういうのはグル―がルーシーと親密になっていく過程のおまけみたいなもので、ラブコメ要素に重点が置かれてた感じ。
だからこそ、ルーシー役の吹き替えの酷さが辛い。鶴瓶の酷さが吹き飛ぶレベルだった。

人気あるんだかないんだかよく分からないし、個人的には、特にこれといって引っかからない凡作って感じだけど、3作目がでてるくらいだし人気あるのかな?
ストーリーよりも、ミニオンズが好きって人が多いのかもしれないけどw

2017/08/09(水)
トラバ(0) コメント(0)

トランスフォーマー/ロストエイジ



前作から5年後の片田舎でオプティマスとダメパパが運命の出会いを果たすところからはじまるお話だよ。

オートボットの力を恐れて迫害を始めるアメリカ人。らしいといえばらしいけど。
その裏でCIAと中国がなにやらたくらんでいて、さらにその悪い人間どもと手を組んでオプティマスを回収しにきた悪いロボットロックダウンと悪い人間どもをこっそり操って復活しちゃう悪いロボットメガロトロンさんなんかが絡んで、破壊活動がはかどったって感じだったね。
その中で娘とちょっとうまくいってないダメパパ奮闘、娘の彼氏も都合よくレーサーなのでカーアクションは任せとけという感じで、最後はなんか丸く収まったぜ。

大雑把にまとめるとそんな感じ?
長すぎて途中から作業はじめちゃったのでよく分からないけど、どのタイミングで見ても派手な戦闘シーンだったから、多分、ストーリーは気にしなくていいと思う。
巨大な変身ロボットが、街を破壊しまわることを楽しめばいいんや><
2017/08/08(火)
トラバ(0) コメント(0)

ぱずるんるん

unyu.jpg

ウユニ塩湖好きなので300ピースでも買っちゃった><
簡単すぎたけど飾るとなかなかいい感じになったので満足。
そして、平等院

byodo.jpg

これはなかなか難しかった。
ピースが小さくなると、どこのメーカーも噛み合いが悪くなるね。
300ピースの後だと、余計、ガバガバピースに感じた。

からの、イカパズル。
2はやらないけど2のパズルはやっていくスタイル。
sp2.jpg

でも、次にやるのはこれ。
ryupa.jpg
これもスモールピースなのでピース同士の噛み合いが不安><

ホワイトアウト



南極で初めての殺人事件が起きたから犯人捜すよ!ってお話だよ。

織田裕二のやつじゃないよ。
前に見たことあるような気がしながら見たけど、結末をまったく覚えてなかったからいいや。
そこそこのB級サスペンスかな。

過去に相棒に裏切られたトラウマを持つ女保安官とか閉ざされた南極基地とか50年前に墜落したロシア機とか、興味を引く要素は割とあるのに面白くなりそうで微妙な感じで終わった^^;
色々な設定が上手く活きなかったんだろうね。
殺人事件の顛末もなんの捻りもなく、最後の黒幕も、こいつだろうなぁという人で意外性もなく、無難すぎてすぐ忘れちゃうだろうねw
予想外だったのは、オーロラオチからの6か月後くらいかなw

とりあえず、ケイト・ベッキンセールは綺麗だった。あ、シャワーシーンがあるよ><
見どころはそんなもんかなw
2017/08/06(日)
トラバ(0) コメント(0)

ペルソナ2 罪



クリアしました。プレイ時間は55時間ちょっとだけど、開始したのが3年前だからどんだけチンタラプレイしてたんだ感。
いやぁ、ラスボス強くて一回全滅したの笑ったわ><
うっかりしたら全員即死もある全体攻撃してくるなんて先に言ってよって感じだった。
その前のヒトラーもどきとの戦いが、結構、楽だったから油断した。

最初は普通の学園生活からスタートして、それぞれのキャラクターや過去、関係性などが、噂が現実になるというシナリオの流れで上手く展開されてた。
それにしても、噂が現実になるという噂が現実になって、それがだんだん悪い方向へと広がっていき、気がつけば変な組織が出てきたり、建物が吹っ飛んだり、ナチスが復活したり、中盤あたりから、なんかすごいぶっ飛んだ展開だったね。

そして、一番ぶっ飛んだのがエンディングだよ^^;
攻略サイトはチラ見してたけど、ネタバレは見ないようにしてたからビックリした。
あれだけ辛い戦いだったのにまさかの完全敗北エンドとかw
前作みたいにどこかで分岐があったのかと調べたら、罰へ続くってことなんだね。罰も買ってるからやるよ><

システムは全体的にちょっとダルい。
エンカウントが多過ぎるし、ダンジョンは無駄に迷路だし、レベル上げ辛いし。
ただ前作と違ってどこでもセーブできるようになったのはよかった。
前作は、やめたいけどセーブポイントがないからやめられない、ダンジョンの終盤で死んだら最初から、みたいな罰ゲーム感あったけど、それがなくなっただけで大分進めやすさが違った。

そんな感じでエンディング曲にhitomiが起用されてるのが時代を感じるけど、ストーリーにあってる曲だったから最後はじんわりした。
次は罰だね。最後、達哉だけ世界のリセットをする決断をくださなかったっぽいけど、それが罰に関係してくるのかな。
パッケ裏の説明では舞耶さんが主人公みたいなので、そこらへんがどうなってくるのか楽しみ。

ちなみに、私がプレイしたのはPS版だけど、今からやるならPSP版の方がシステムがよくなってたり、追加要素があるみたいなのでおすすめ。今からする人はいないだろうけどw

アビエイター



金があればなんでもできる、でも、正常なメンタルは買えない><ってお話だよ。

大富豪ハワード・ヒューズの伝記映画。
この作品を見ただけでも、ハワードヒューズは財力あり、買収やら何やら経営力もあり、飛行機の設計など技術力もあり、女優との浮名や政治家とのやりとりができるコミュ力、そして、過度の強迫性障害といった様々な面があるのは分かったけど、そのどれにも焦点を絞らずに描いたら、そりゃ、お腹パンパンですよといった感じ。

タイトルが示す飛行家としての面に焦点をあててるつもりかもしれないけど、見てる側としてはあまり響かなかったなぁ。
もう少し、周りの人のパーソナリティーも知りたかった。
特にいいところで出てくるエヴァ・ガードナーは、もうちょっとどういう人なのか説明が欲しかったねw
不自然に出たり、出なくなったりって感じで謎の人物過ぎたw
障害に苦しむ中でハワードが見事にパンナム側をやり込める時の立役者みたいなもんなのに。
この映画で唯一、盛り上がったエピソードだったよ。

まあ、こういう映画は、もともとその人物や時代背景に興味がなければ見ても楽しめないものかもしれないけどね。
私自身、まったく知らなかったので、そんなに楽しめなかった。というか、本当に長かった><
2017/08/04(金)
トラバ(0) コメント(0)

Bit Trip Presents... Runner 2 リズム星人の爆走

bakuso.jpg

超フツーで全ステージクリア。7時間くらい。
ストーリーはあってないようなものなので割愛。
結構、へんてこな世界観にキャラクターだった。

勝手に右へ走るリズム星人ことコマンダービデオが敵や障害物にあたらないようにアクションするラン&ジャンプ系のゲーム。
アクションは、単純なジャンプ、スライディング、キック、スライディングキック、防御などに加えて、ステージ上のギミックを使ったアクションもあり、結構、豊富。
アクションのタイミング、道中落ちている金塊やリズムをアゲるアイテムを拾う音などがBGMと合うようになっていて、上手くアイテムを拾っていくと心地よいトリップミュージックになってくのがリズムゲー要素かな。

難易度は、初見殺しが多いけど覚えてしまえば、あとは反射神経と集中力の勝負。年取ると辛い要素><
ただステージ途中にはチェックポイントがあるので、そこまでいってしまえばなんとか……ならなくても、ステージ開始前に自由に激ラク、超フツー、鬼ムズの3つの難易度を選べるようになっているので、どうしてもクリアできないという時は難易度を下げればクリアまでは絶対できると思う。

やりこみ要素として、いくつかのリワードが用意されている。
単純なステージクリア数から、ジャンプ回数、滞空時間、ダンスの時間など、大体がプレイしてたら勝手に埋まってくものばかり。
ただパーフェクト評価だけは、そう簡単にはいかない。
パーフェクトは、まず金塊とリズムアイテムを全て取る必要があって、さらにパーフェクト+を狙うには、パーフェクトクリア後の人間大砲ミニゲームでコマンダービデオを的の真ん中に命中させなければいけない。これが意外と慣れが必要。
なので、全ステージ、全難易度でパーフェクト+達成しようと相当やりこむ必要がありそう。達成する気はない><
あとステージ中に隠しステージへの分岐やコスチュームの入った宝箱、レトロ調のボーナスステージができるファミコンカセットみたいな集め物があったり、色々、やりこみ好きな人も楽しめるようになってて、なかなかのボリューム。

難点は特にないかな。シンプルゲーだからね。
強いて挙げれば私の年齢による反射速度の遅さが難点だよ><
ゲームしたいけど時間あんまりないなって時に、サクッとしてサクッとやめることができる手軽さも魅力。
あと、おっ!と思ったのがラスボス戦。
これまで左から右に走ってたのが、ラスボスだけ右から左だったところが変な世界からの脱出感があってよかった。
慣れないので難易度もあがったけどw

このシリーズ初めてプレイしたけど、どうもチェックポイントが導入されたのは今作からみたいなのでそれ以前のは買わないかなw
チェックポイントなかったら、イライラゲーになる予想が簡単にできるよ><
でも、今作は本当に楽しめたのでおすすめ。

ラッシュアワー3



中国大使が殺されたから、その裏にいる中国マフィアと暗殺者を追ってパリへ行くよってお話だよ。

ラッシュアワーはこんなもんかなという感じで見たらこんなもんかなw
ただ1,2に比べるとパワーダウンは否めない。
あんまり笑えるところなかったし、ジャッキーのアクションも薄い。
ぼーっと見てる間に国旗をパラシュートにして脱出してたわw
まあ、つまらなくもないので、暇な時ならって感じかな。
2017/08/02(水)
トラバ(0) コメント(0)

ゲットバック



銀行強盗で服役して出所したら、昔の仲間の逆恨みで娘を誘拐されたから助けるために走り回るお話だよ。

これは朝、ウィルが出所してから夜、娘を助けだすまでの24時間の出来事である(24風)
娘を誘拐したヴィンセントが12時間以内とか制限付けたせいで1日の間に色々なこと起こし過ぎw
なので、飽きずに最後まで見れるノンストップアクションになってるけど、よくよく考えるとツッコミどころもそこそこ。
結局、盗むんかい!警備ザルすぎかい!みたいなとことか。いくらなんでも無罪放免はないだろ、とか。最後の松ぼっくりとか。
まあ、一番、気になったのがウィルの足の遅さなんだけど。
ニコラスケイジは、真面目に走ってもガチで走ってるようには見えないんだよねwドスドス、みたいな感じで。

でも、そんな些細なことはおいといて、勢いで楽しめた。
それにしても、仲間のことをチクらずに8年も刑務所に入ったウィルのニコラスケイジ臭さと自業自得で足を怪我して、借金で自分が死んだように見せかけて人生失っただのなんだの言ってウィルを逆恨みするヴィンセントの糞さときたら、困ったもんだ。
2017/08/01(火)
トラバ(0) コメント(0)

| ホーム |
Page Top↑

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

最新記事

タグ

カテゴリ

RSSリンクの表示