05

23

コメント

罪と罰 宇宙の後継者



クリアしました。
デコざっこwからのデコつっよ><からのデコずっるの流れキレちまったぜ><

ジャンルはレールウェイSTG?
ガンシューみたいにステージは勝手に前進しつつ、自分は上下左右移動しながら攻撃や敵の攻撃を回避したりする感じ。
操作性は悪くない。とにかくリモコンで照準を合わせるのが快適。
最初、間違えてゲムパでプレイにしちゃった時は無理ゲーすぎたけど。
それもあって前作のN64版のVC買うかどうかをちょっと迷ってる。
リモヌンじゃなくてプロコンでのプレイになるだろうから、より難しそう。まあ、気が向いたら買おう。

ステージ数は0面を入れて8ステージかな?一つのステージが長い。
短くても30分はかかる。コンティニューしまくったら余裕で1時間はかかる長さ。
難易度は高め。なかなかのスピード感に敵がワラワラ出てくるわ、弾幕は厚いわ、イージーなのに何回コンティニューしたことか。
普段STGをしない私には、イージーという名のハードみたいな難易度だったw
コンティニューに回数制限がないのと、チェックポイントが割と小まめにあったから最後までいけたね。

ボスの種類も豊富で単純に撃ってたら勝てるわけではなく、ちゃんと攻略法を考えて倒さなければいけないのがグッド。
そういう倒し方かぁ!と感心したのは電車の連結部分を切って、後ろから迫ってくる敵にあてるステージ。
なんのためにバックミラー視点があるのかなって思ってたから、連結部分が切れた時はちょっと感動したよ。
他にも部位破壊で攻撃方法が変化したり、銃撃ではなくソードでの斬り合いがメインのボスなんかもいて、飽きさせない工夫がてんこ盛りといった感じ。最後のボスラッシュはお約束ながらお腹いっぱい、もうやめてけれと思わないでもなかった。

一方、ストーリーはさっぱりわけワカメw
前作から続いてるのかな?前作やってないからその辺も定かではないけど。
唐突に二人の逃避行がはじまって、最後は宇宙の果てまで行ってQ。あれ?この展開ベヨネッタでも見た><
かなり頑張ってクリアしたのにEDが昔の洋ゲー並のあっさり感。
ED曲があったのはちょっとビックリしたけどなんか物足りなかった。
二人のプレイキャラをクリアすると別EDがあるとかないとかいう噂なので、もう一周してみようと思いま……すん。

まとめると楽しかった。
トータルのプレイ時間はそんなに長くないけど、密度が濃いので長く感じた。
難をいうなら、もうちょっと難易度……ベリーイージーまであればw
歯ごたえあるSTGがしたい方にはおすすめ。
スポンサーサイト

05

22

コメント

チャット ~罠に堕ちた美少女~



チャットで出会ったロリコンに口八丁手八丁で丸め込まれてセックスしたらレイプ事件になって家族みんなが傷ついたってお話だよ。

犯人は無傷で家族と幸せに過ごしてますとさっていうシーンが最後に流れて胸糞w

こういう話リアルでもよくあるし、正直、そういうニュースみるとやられる方もアホやんと思ってた。
でも、こんな風に簡単に大人に丸め込まれちゃう年齢でもあるのかなと思うと単純にアホとは言えないのかな。
本当にこのロリコンに愛されてると思っててレイプじゃないと主張してたのが、自分と似たタイプの他の被害者のことを知ったことで騙されたことに気づいてからの展開は辛い。家族の苦悩、特に娘を守れなかったというパッパの姿が痛かった。

ただ犯人は捕まらないし、派手な展開があるわけでもなく、雰囲気的には自動車教習とかで見るVTRみたいな内容なので面白い映画ではないかな。
年頃の女の子がいる家庭なら見ても損はないかもしれない?
あと学校のネット犯罪を学ぶ授業とかで使ってもいいかもね。そういうタイプの啓蒙映画。

05

21

コメント

トレインスポッティング



ドラッグセックス音楽ヒャッハーといったお話だよ。

ずっと見てみたかったんだけど、続編ができたことで深夜にやってたよ、やったね。
スタイリッシュで汚い映画だったよ。面白かった。
こういうどうしようもない輩たちのたくましさってちょっと羨ましいわ。なりたくはないけどw

でも、こういうことって向いてない人と向いてる人っているんだろうな。
一番悲惨になってしまうトミーは確実に向いてない人だったと思う。
リアルでも好き放題やってる人はなんだかんだ上手いこと生きてって、逆に真面目な人がたまに羽目外したら痛い目に遭うってよくあると思うし。トミーはまさにその典型の落ちぶれ方で、ある意味、リアルっちゃリアルw
そもそもの発端がレントンにあるのに、まったく気にしてないのもリアルな感じ。

そのレントンも何度もドラッグやめようとしては戻って、新生活で上手くやってたら地元の悪友に足引っ張られて上手くいかなくなる、と、こういう負のスパイラルがどこにでもありそうな底辺感があった。
なんだかんだで最後はそのスパイラルを断ち切って、冒頭で糞だぜって言ってた平凡な人生に踏み出そうとしてるので救いがみられるような終わりだけど、実際にそう簡単にはいかないと想像できるから、実はそんなに救いはなさそうw
とりあえず、シックボーイが格好よかったということで><

05

20

コメント

リンカーン 秘密の書



奴隷解放を謳った南北戦争は、なんと人間VSヴァンパイアの戦いだった!ってお話だよ。

リンカーンの史実を上手く……かどうかは置いといて、ファンタジーと絡めてるけど、それが面白いかっていうと微妙w
リンカーン側の仲間は割と魅力的。
ハンターとしての師匠ヘンリーや子供の頃からの親友ウィル、新しい友人スピードと、それぞれいいキャラだった。
特にスピードは裏切りそうで裏切らない絶妙な胡散臭いいい奴感が最高だったね。

ただ、ヴァンパイアが無策すぎて、超人的な能力がほとんど活かされないので全体的に印象に残るシーンが少なかった。
怒りの銀パンチは、怒りはパワーになるぞ^^っていう序盤の特訓シーンがいい伏線にはなってたけど、お前、ヴァンパイアのボスの癖にあっさりやられすぎと思わないでもないシーンw

あと、強そうな気配むんむんのヴァンパイア女が、リンカーンの奥さん相手になぜか無防備にツッコんできて返り討ちにあうシーン、
奥さんが殺された子供の形見であるおもちゃの銀ナイフでヴァンパイア女を仕留めるのはいいんだけど、あんなあからさまに殺してくださいとツッコんできたらちょっと白けるよね。

そんな感じで、なんとも微妙な映画だった。
最後がふりだしに戻るみたいな終わり方なのは嫌いじゃない。

05

19

コメント

キラー・エリート



殺し屋稼業やめたけど昔の相棒が人質になったので仕方なくミッションに参加するってお話だよ。

金に飛びついたハンターが悪いってことで。
最後の最後でイケハゲの女を守って格好良く決めてくれちゃってるけど発端はこいつなのでトントン。

それはそれとして、実話をもとにしたという割には現実味の薄い殺しの手口やドジっ子の多さに、実話(笑)感が強い。
ターゲットとなる相手も相手なので死んだら事故死扱いされることになってるかもしれないから、お風呂で滑って死んじゃった風殺人はいいとしても、特殊部隊の訓練に忍び込んで殺っちゃうぜ^^vは、実話だったら警備がザルすぎて笑うw
車の事故死も無理があるけど、なんかスタイリッシュだからいっか。
そんな感じで実話です(キリッと冒頭でいっちゃったもんだから、嘘やろwと思って集中できない><
でも、椅子に縛られたイケハゲの格闘とか要所要所のアクションは面白かった。最後がまさかの話し合いで解決とは思わなかったけど。

日本でも不可解な自殺みたいなのあるし、なにかに絡んだ人が事故死で始末されるような事件は珍しいことじゃないっていうところだけが実話で、そのやり口とかこの作品の話自体はフィクションなんだろうなと思うといいのかな。
実話と思わずに見たら、なんだかんだ割とストーリーもしっかりしてて面白かった。地味だけど。

05

18

コメント

カンフーくん



豪華な具材でつくった生ゴミって感じのお話だよ。

あの幸楽という名前でピン子を使っておいて、特にそのことはネタにするでもなく。
いきなりやってきたシナ人の子どもをなぜか弟として受け入れる強引な展開。
翌日、姿がなくなったのを気にするようなセリフのあとに、あっさり学校に行ったのは乾いた笑いがでたけど、話膨らませないならこのシーンいらないよねw
これを皮きりに、このシーンいらないよね……のオンパレードで見るに堪えない、拷問のように長い90分弱だった。
あと普通に矢口が小6のクラスにいたけど、特にそこもネタにならず。
死んだ魚のような目で最後まで見たけどストーリーはなにもなかった><

今は亡き桜塚やっくんがものすごくどうでもいいとこで出てて、人生の悲哀を感じた。

05

17

コメント

インベージョン



寝るなー!寝たら感染するぞ!ってお話だよ。

感染すると同じ思考を共有することができるので争いも怒らず平和な世界ができるよ、ということらしい。
この生まれ変わりが素晴らしいから、みんなにも広めようと感染者が人間を襲ってくるのは、藤子F先生の流血鬼やSIRENの屍人みたいな感じなので、よくある展開なんだろうね。
流血鬼では主人公が負けるけどこれはウイルスなのでワクチンができれば余裕で勝てるという驚き^^
ウイルスが広まるのもあっという間なら撲滅もあっという間だったわ。
綺麗なゾンビとの追いかけっこが終始続くだけで、じわじわ感染が広がって、誰が敵か味方かみたいな疑心暗鬼成分が足りなかった。

05

16

コメント

バニラ・スカイ



甘い夢と現実どっちを選ぶ?ってお話だよ。

適当感w
リッチでイケメンでコミュ力高いモテて当然のデヴィッドがヤンデレの無理心中でイケメン要素失うわけだけど、この特殊メイクが今一つ物足りない。もっとぐっちゃぐっちゃにならないと落差が感じられない。
実際、ちょっと顔怪我したのね程度で、マスクするほどでもないような、むしろ、あのマスクの方が怖いまであったからw

難解と聞いてたから真面目に見たけど、そんなに難解でもなかった。
少なくとも後半で説明されまくるから、ほうほうと納得していけたよ。
でも、最後の救護員すら虚構だったらと考えると、それはそれで面白いよね。
本当に現実世界を選べたのかどうかっていう。

ということで、面白かった。私は好きだね、この映画。
オープン・ユア・アイズのハリウッドリメイクらしいのでそっちも見てみたいね。
最後の、ネコがどうのこうのの後は振り返らずに飛んでほしかった。

05

15

コメント

劇場版 名探偵コナン 迷宮の十字路



平次の初恋の人を探すついでに盗賊団の内紛から起きた殺人事件に巻き込まれてみるってお話だよ。

もはや、わざと事件に巻き込まれに行ってる疑惑w
いや、面白かったけどね。

シリアスと笑える部分がいい感じに噛みあってたし、京都が舞台ということを活かした謎解きもよかったね。
推理シーンとアクションシーンのバランスがいいのてだれることもなかった。
コナン映画お約束の人間やめました系アクションもそれほどなかったような、あったわw
まあ、でも、最近のコナン映画に比べるとなかったと思えるレベル^^;
それにしても、犯人がやっと顔出しした時のあまりの変貌っぷりには驚いたよ。
一瞬誰だかわからなかったからねwいくらなんでも人相変わり過ぎ^^;

ということで、ちょっと火サスっぽさもあって面白かった。

05

14

コメント

わたしが鬼をクリアできないのはタタコンが悪い

ラノベ風タイトル、略してわた鬼w
あれ?どっかの寿賀子ドラマにチェンジした><

というわけで、タタコンのあまりの反応の悪さに、ついに改造に手を出した><
たった3ヶ月しかない補償期間は過ぎてるから、壊れたら捨てちゃえって気持ちでね。
3回に1回の割合で無反応になるの辛いし^^;
その結果、これまでクリアできなかった鬼を一つクリアできました。やったねタタコン改w

犯人はこいつです↓

spo.jpg

このへぼいスポンジをコルクに変えるだけで反応よくなるんだから、公式が最初からやってくれてればユーザーは楽なのにね。
改造なんて面倒くさいうえに壊れる可能性もあるから、やりたくなくて今まで頑張ってきたんだよ。早くやればよかったなんて思ってないんだからね><
太鼓は息の長いブランドなんだし、ライトユーザーが改造に手を出さなくて済むようにタタコン改良してほしいものです。

05

13

コメント

シンデレラ



シンデレラのお話だよ。

アニメの実写化って、正直、なんの意味があるのかよく分からないんだよね。
特に今作はストーリーに大きな変化があるわけでもないし、実写にする必要あるのかなって思っちゃいました。
継母から考えるとただ悪いキャラクターではなく、より人間味を帯びたキャラクター像にできるとかそういうこともあるのかな。
それにしては、意地悪な姉二人はなんか適当な扱いだったし。なんともピンとこない。
今も美女と野獣が実写化されてるけど、うーん、なぞw
ネタ切れをカバーしてるわけでもないだろうし。
でも、これまでのディズニー作品を全部実写化すると新作つくらなくていいからある意味ネタ切れを誤魔化せるいい手かもしれないね。

そういや、またフェアリーゴッドマザー姉さんでてました。長いからいい感じに略すべきだよね><

05

12

コメント

バタフライ・エフェクト 



キミを助けるために何度も過去をやりなおす!ってお話だよ。

去年買って今頃見た的な。
ディレクターズカット版→劇場公開版→別エンディング×2と連続して見てお腹いっぱい。
なんだかんだ一番綺麗におとしてるのは劇場公開版だけど、ディレクターズカット版も悪くなかった。
あの映像はちょっとグロいけど><
別エンディングは監督のコメンタリーにまったくもって同意で両方とも論外w
冒頭のシーンと矛盾が少ないのはやっぱりディレクターズカット版なのかな。

何回やり直しても、誰かが不幸になってしまう。みんなが幸せになると自分が不幸になる。
起きたらあの姿だったら怖すぎ><トミーの変貌っぷりも怖すぎるけどw
本当にどこからやりなおせばいいのかというドツボにはまっていき、最終的に残った目的がやっぱり彼女を助けることだけだったんだろうね。最初の頃は彼女と一緒に自分も幸せになることを望んでたけど、それが無理だと悟っていなくなるのが切ないね。
能力が男に受けつがれることは劇場版だとカットされてたけど、それがあるからこそ最後の選択もやむなしというか。
エヴァンの前に死産した2人も同じ選択をしたのかなと思ったら、コメンタリーでそう言ってたから業が深い能力すぎてマッマ可哀想><
でも、最後に誰かと再婚してたから、今度はなんの能力も持たない子供を産むことができるだろうし、と考えたらマッマも多少は救われたかな。

どっちにしても、やはりいい映画だったね。

05

11

コメント

シャーク・アタック



アフリカの港町でサメが人を襲う事件が続発、謎を解いたらなにやら利権が絡んでたってお話だよ。

シャークアタックというタイトルで、サメが出てる時間が10分くらいという詐欺映画。
それ以外は人間同士のいざこざばかり。
いかにも悪そうな奴が案の定悪くて、特にどんでん返しもなく……ある意味、仕事をなくして腐ってた漁師たちが、主人公に焚きつけられて銃を持って悪党どもと互角に立ち向かう様にはどんでん返ったけど。

カーチェイスやらボートチェイスやらヘリアクションやら、B級ながらもアクション要素が豊富なのでアクション映画好きなら……サメ好きにおすすめできるのは、やたらと丁寧なサメの解体シーンがあるところくらいかな^^;
それでも超絶ヒマでヒマで毛根が死滅しそうって時にしかおすすめできないB級サスペンス。

05

10

コメント

コロンビアーナ



パパとママが殺された、殺し屋になって復讐してやる!!ってお話だよ。

冒頭、マフィアたちから逃げるカトレアのパルクールっぽい動きは楽しい。
体の小ささとコロンビアの町の雑多な作り方を活かした逃走アクション。最高だったね。
冒頭のつかみは完璧だった。

……完璧だっただけに、大人になってからの展開が勿体ないというか。
警察署への潜入からの暗殺やサメにパックんちょさせちゃう暗殺とか、なかなか楽しいんだけど、どうにもカトレアさん、バカなんだよねw
私が殺しました的なカトレアの花のマークをわざわざターゲットたちに残していくもんだから、FBIに追われるわ、復讐計画に気づいたマフィアたちに育ててくれた叔父夫婦を殺されるわで、もうなにやってんだ、こいつ……ってなっちゃった。
再三、叔父さんがそういうことするなって忠告したのに、うるせー><って聞かないの。
それで泣きを見るの。もうバカかとアホかと。
雰囲気はレオンのマチルダが成長してニキータしちゃう感じだけど、この二人はきっとこんなアホなことはしないよ><

カトレアさんちょっとアホの子かなと思って生ぬるく見てたら、復讐戦のぶっこみ方が面白かったw
移動速度も先読み速度も半端ないわ、銃がなければ歯ブラシで戦えばいいじゃない^^だわ、強すぎだよ。
あれだけ容赦なくぶっ潰していったのに、最後の〆がそれでいいの?と思わないでもないけどw犬が可哀想><
復讐に身をささげたカトレアさんの代償は大きく、人生の目的もなく、居場所もなく、どうやっていくんだろうね、という少し切ない余韻を残して、最終的になんだかんだでキライじゃない、こういうのってラインに戻った。
私、女の殺し屋ってなんか好きだから、ハードル低いよ!><

05

09

コメント

ゲッタウェイスーパースネーク



妻が誘拐され、無事に返してほしかったら指示通りに運転しろと謎の脅迫されたんでカーチェイス三昧なお話だよ。

妻を助けるためなら、他の人がどうなろうが知ったこっちゃねぇ感がすごい。
最初から最後までカーアクションなので私はお腹いっぱいになった。
ワイルドスピードほどの豪快さもないし、似たようなチェイスシーンばっかりで飽きちゃった><
もう少し、追いかける側の視点なんかもあるとよかったね。パトカーなんて追っかけては吹っ飛ぶだけの役回りで無能&無能w

終盤は敵を主人公が追いかけるけど、これまで凄まじいドライビングテクを見せてきた主人公がまったく追いつけない敵のドライビングテクにはビックリ。そんだけ走れるなら、お前らが全部やればよかったんじゃ?と思わせてくれた。
あと途中で乗ってくる生意気小娘が可愛くなくて、こういうのにありがちな男女のいい雰囲気に発展しないどころか、なんかちょっと共闘感醸し出したの笑った。まあ、妻を助けるためだからイロコイモードになるわけないんだけど。

ストーリーはどんでん返し的要素もあるけど、それほど面白いどんでん返しでもないので、三度の飯よりカーアクション!って方ならおすすめ。そうじゃないなら、微妙といった感じ。

05

08

コメント

映画 クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃



母の死によって悪夢に縛られた少女を救うぞってお話だよ。

まあまあかな。
夢の世界っていうとドラえもんの夢幻三剣士が思い浮かぶけど、夢世界ってどうしてちょっとホラー風味が入るんだろうねw
これも子どもの時に見たら、ちょっと怖かったかもしれない。
全体的に笑える展開は少なかったけど、野原一家とカスカベ防衛隊の両方が活躍してるのがよかった。
ストーリーも子どもたちの友情と親子愛が描かれているので家族で楽しめそう。
なんか物足りないのは悪役っていう悪役がいないせいかな。

05

07

コメント

乱暴と待機



怪しい偽兄妹と無職で女好きの夫と妊娠中ながらキャバクラで働く妻の4人の男女が織り成す滑稽なお話だよ。

どうにもこういう映画はよく分からない。
「腑抜けども、なんちゃらかんちゃら」のと同じ人が原作らしいけど、それもよく分かんなかったしな。
初心というか童貞?の山根と女たらしの番上、乱暴で行動的なあずさと受動的な奈々瀬、覗く男山根と覗かれる女菜々瀬というようにキャラクターが至る所で相反していて、それが生み出す滑稽さを楽しめばいいのかな?(適当
とりあえず、浅野忠信の喋り方が面白かったのとお尻だけが記憶に残ってる。

05

06

コメント

エイリアン



謎の救難信号を受けて助けに行ったらエイリアン様ご搭乗で大変だよ><ってお話だよ。

これが1979年制作っていう驚きw
SFホラーの金字塔といわれるのも頷ける完成度だね。
はじまって1時間くらいはエイリアン出てこないのに、なんか怖いもんw
そして、満を持して、顔パクやら腹クパやらだからね。この静から動への変化が上手い。

でも、ここから先も実はエイリアン自体はあまり出てこなくて、チラ見せ程度。
制作年的に頻繁に出るときっとぬいぐるみ感がでちゃうんだろうと思うけど、このチラ見せがどこかの殺人魚獣とは大違いで、どこにいるのか分からない恐怖を生んでてドキドキする。

このドキドキは、あれだね。部屋でGを見かけてやってやんよと覚悟を決めたら消えてて、どこかにいるはずなのに、いつでてくるのか分からないっていうあれ。
ここ数年、虫が元気出す今頃にちゃんとバルサンたいてるからGと遭遇したことないけどw
バルサンはガチ。たいた後の掃除で人間にまでダメージ与えてくるくらいガチw
あの喉のはりつき感はヤバい、死ぬかと思う。そこのところなんとかしてほしい、バルサン><

それはおいといて、そんな恐怖感だよね。エイリアンもテカテカしててGっぽいといえばGっぽいし。
そういう生理的嫌悪感を催すフォルムをしてるのもどっかの殺人魚獣とは大違い。
最後の最後まで、なんてとこに忍んでんだよ><って思わせてくる嫌さ。
あとアンドロイドもたいがい気持ち悪かった。ゴボゴボしやがって><

ということで、子供の時に見て以来だったから、すごく新鮮に楽しめた。
それにしても、この時代の美術はいいよね。
CGに頼らずちゃんと作ってる感があって逆にリアル。これ12モンキーズでも書いた気がするけど。

05

05

コメント

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章



インドに住み着いたイギリス人シニアたちのお話だよ。

第二章もよかった。
恋愛は若くても年をとっても悩み多きものですね。
恋する気持ちに年齢はないね。でも、時間制限はあるね、というシニアならでは感。
これからといった若い二人と人生の終焉を迎えるミュリエルばーちゃんの対比にぐっとくる。
ハッピー全開のダンスシーンとホテルでの投資オーナーとのやりとりの静けさ。よかった。

前作同様、しんみりしつつハッピーな感じで、こういう年の取り方が出来れば年をとるのも悪くないだろうねと思うけど、既に枯れきった私にそんな人生は送れそうにない辛み……><

05

04

コメント

世にも怪奇な物語



みんな狂って死ぬお話だよ。

3篇のオムニバスホラー?
巷では3話目の評価が高いようだけど、全体的にどれもこれも大差ない感じだった。

ただ思ったけど、昔の俳優、女優さんって綺麗な人多くてビビる。この3篇の主人公も全員、綺麗で格好よかった。
最近、昼間にあってる老人向けドラマ見た時、若い時の写真が出てきて綺麗すぎてびっくりしたんだけど、国内だけかと思ったら海外でも昔の方が美しさが際立ってる気がするね、本当に手が届かないスターって感じがする。
今、そういうスター性のある俳優、女優さんってぱっと思い浮かばないよ。
今は親しみやすさの方がニーズがあるからなのかな?
と、映画の内容に全く触れないで終わるっていうねwそれくらい美しさにビビったということで。

05

03

コメント

僕の彼女はサイボーグ



そんなに綾瀬はるかのおっぱいが好きか、分かったから自重しろってお話だよ。

初っ端から違和感がある描写が続いて、変な映画だなと思いながら見て最後に監督名が出て、邦画の皮を被った韓国映画だったのね、と納得。
どおりで平然と犯罪描写が続くわ、レストランのウェーイ系もおかしいし、空き缶ポイ捨てするし、ペットを鍋にしたり、ウンコやゲロとか不快な描写が多いし、喋り方が気持ち悪いし、いつの時代の話だよ、戦後かよみたいな故郷が出てくるし、無駄にミュージックビデオが2回くらい入ったり、なんか全体的に違和感しかなかったんだよね。
ストーリーも、なんか最後イイ話風にしてるけど、ぶっちゃけ、執念深くて気持ち悪いし、最後にお前が来るなよって思うし、全然イイ話じゃないっていうね。
とりあえず、どんなシリアスなシーンでも綾瀬はるかのおっぱいを嘗め回すように映してくるので、好きなんだろうなって思いましたとさ。

ということで、結論を言うとやっぱり、

綾瀬はるか可愛いね

と、思いながら見ればいいんじゃない?もうこれ綾瀬はるかが出てる映画のお約束になってきてる><

05

02

コメント

オーバードライブ



麻薬密輸の容疑で捕まった息子を助ける司法取引で父ちゃんが麻薬組織に潜入するお話だよ。

実話がベースということらしいけど、こういうことが行われてるよってレベルで本当にあった話ではないよね、たぶん。
さすがに一般人にここまでさせ……ないでしょ?いくらアメリカでも><と思わせてくれる作品。
司法取引ってなんだかなぁ。

しかし、ドウェイン・ジョンソンの無駄遣いが半端ない。
一般人、無力な父親という役回りなのにこの筋肉ムキッチョってw
この作品で出てくるどの悪党よりも強そうだったから困ったものです。
それなのに弱いという設定で、いやいや、こいつが来たら堅気じゃないなってビビるよ><

そんなわけで、この筋肉を見てアクション映画だと思ってみたらがっかりすると思う。
結構、地味な展開が続いて最後でやっと銃撃戦やカーアクションがちょろっと入るくらいだからね。単純な爽快感を得たい時にはおすすめしない。
でも、父と子のドラマとして見たら悪くなかった。
いつバレるんじゃないかとドキドキもするし、なかなかの良作だった。

05

01

コメント

いいにおいのする映画



夢見がちなお話だよ。

ちなみにいいにおいはしない。
こういう作品をいいと感じられる人になってみたい=時間の無駄だった。
途中で主役の子が歌う歌はよかった。それも今はもう記憶に残ってないけど。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad