08

31

コメント

プレイ中ゲーム(8月末)

WiiU
・バットマンアーカムシティ
フリーズのおバカ!><ということで、治療薬を盗まれてしまったのでジョーカーとタイマンしに製造所へ向かったところ。
結構進んでると思うんだけど、達成率28%……まあ、リドラートロフィーガン無視だから、そんなものなのかな^^;
・スティックイット(ry
色々な精神病患者の力を借りて精神病院から脱出したら、殺人犯として指名手配されてたでござるってところ。
・ネバーアローン
色々な精霊の力を借りて、水中洞窟から脱出したところ。

Wii&GC
・サイレントヒルシャッタードメモリーズ
雪山で迷子迷子迷子。裏世界イライラするのね。やめてほしいのね。
・ギフトピア
ついにイッチョマエに。折角だから、マネエンドを見たけど普通だったw
キャプテンレインボーみたいにバッドエンドっぽいのかと思ったのに。あとはネガイカナエていくだけ。

PS2&PS
・ラチェット&クランク
夏なのに冬!惑星ホーベンを突破して、そろそろ終盤かな?その前に集め物を集めていきたいねってところ。
・タイムスプリッター時空の覇者(クリア)
・Getaway
パシリ人生はじめました。昔の仲間のアジトを燃やしたところ。操作性うーん、こ><
・ペルソナ罪
カラコルB5まで。ゆきのさんが離脱して辛いよぉ、長いよぉ……

3DS
・逆転裁判1(クリア)
巴さん可愛いよ笑顔が素敵だよ可愛いよよかったようぁあああああああああああクリアしました。

あまりゲームできなかった。暑いから仕方ないね。
これからまた地獄の年末向け作業がはじまるのでさらに出来ないね。
ソウルハッカーズを終盤で投げ捨ててんのは、ちらっと攻略見たら2種類あるラスボスの強い方になることが分かったからです。
そんなこと、地下遺跡で私ったら最強ねキャラを使ってた時に教えてくれんかったやん!><
どっちでもいいよ、みたいな軽いノリやったやん。私は左手の法則に従って左選んだだけやん!><
そんなわけで、ちょっとラストダンジョンに行く前からやる気がなくなったわけです。
まあ、今年中にはクリアする予定だし。未定だし。
スポンサーサイト

08

30

コメント

ワンピースフィルム ストロングワールド



ナミがさらわれたから助けにいくよってお話だよ。

私は空島までしか原作を読んでないので思い入れがほとんどないけど、ナミが仲間になった時のエピソードをリメイクしたかのような展開だった。
魚人と戦うやつね。あのサメなんだっけ?名前忘れちゃった><
あれもナミの航海士としての能力をかって囚われたわけだけど、今作もそんな感じ。
ただあの時はまだルフィたちと仲間じゃなかったからギリギリまで助けを求められなかったように思うけど、今回は助けにこいやぁって言ってたことが最後に分かるのがオツなものだったね。
私が全くワンピースをみない間に仲間たちとの絆は深まっていたようですね。
それにしても、意外とシキが弱くてビビったw
いや、シキが弱いんじゃない。主人公補正がさいつよなんだ……そんな感じ><

08

29

コメント

アメリカン・ヒストリーX



狂信的な白人至上主義の兄ちゃんがムショから出てきたらすっかり変わっちゃったよ、なにがあったの!?ってお話だよ。

兄弟愛や家族の関係をまじえて人種問題や銃社会への問題提起をした作品。
黒人の車強盗を射殺して3年間服役をしていた兄デレクが家に戻ってくるところから話は始まる。
服役前と比べて穏やかになり、元仲間たちに辟易とした様子のデレクの身になにが起こったのかを現在と過去を交錯させながら展開していくのがうまい。
兄の身に起きたことを知り、新たな考えを持って、これからやっと家族の再生がはじまるという時に起こる悲劇。
因果応報ともいえるけど、負の連鎖が経ちきれないというような暗示にも思える。
だって、いまだにアメリカは1998年に公開されたこの作品の世界と大して変わってないしw
白人警官が黒人射殺。黒人が報復に警官射殺、暴動みたいなニュースはいまだによくある。
というか、減るどころか増えてる気さえする。
まるで成長していない……それほど根深い問題なんだろうなぁ。
一人は説得できたとしても集団を説得することは難しい。世界は混沌としてるね。

08

28

コメント

イカうぇはあああああああああああす

supwe.jpg

あったので中途半端に右一列大人買い10パックw
結果はいかに!

wena.jpg

ボーイもガールもいないとか><
でも、タコゾネスと子どもシオカラーズがいたのでまあまあかな。
最初、ギアしかでてこなかったから、もしかして、右1列全部ロゴなの!?と戦々恐々でしたわw
もともと、全24種のうちロゴがシークレットいれて14、キャラが10だからロゴが多めになるけど連続ロゴは怖いってw
ロゴのシークレットはどうでもいいけど、キャラの方のシークレットが気になる。キラキラシールなのかな。
気になるからもう10パック購入あり……ません!
とりあえず、ブキチがでなくてよかった!ウニカスでてほしかった><
アネモちゃん可愛いよ、タコゾネス可愛いよ、シオカラーズ可愛いよという感じで。

08

27

コメント

タイムスプリッター -時空の侵略者-



クリア。

過去を操作して人類滅亡をたくらむタイムスプリッターの野望を阻止するために、様々な時代に飛んで邪魔をするよって感じのストーリー展開は面白そうなんだけど、最後まであんまり楽しいと思えなかった。
ミッションごとにプレイヤーキャラはそれぞれの時代の人の姿、武器を持って戦うわけだけど、特にそういう設定が活かされることもなく、その時代の人との絡みもないので淡々と進むだけ。
古いゲームなので昔の淡白な洋ゲー全開といった感じなのは仕方ないけど、盛り上がる要素が一つもなかったのでクリアした時もなんの達成感もなかった^^;

ストーリーは正直、あってもなくてもいいようなやっつけといった感じで、メインはマルチややりこみ要素の方かもしれないと、思ってしまうくらいやりこみ要素は豊富。
ただ操作性の難からやりこみ要素をやる気がしないので終了。
何個かはプラチナとったけど、もともとそこまでやりこまない派なので全部やるのはダルいです><

話戻して、操作性の面。
この作品はFPSにも関わらず、デフォルトだと照準がないという謎仕様。
照準を出して右スティックで視線を動かしても、通常のFPSのように視線が固定されず、右スティックを離すと中央に戻ってしまうのが辛い。この変な操作性に最後まで慣れなかった。
あと、瞬間的に出したい武器が出てこないのも地味に面倒くさかった^^;

ということで、評価が高かったので期待してた作品でしたが私にははまりませんでした。
ただ本当にメインミッション以外の部分がたくさんあって、その内容も集め物からステルス、タイムアタックetcと数多くあるので、やりこみ好きな人にはおすすめ、かな?

08

26

コメント

マレフィセント



フェアリーゴッドマザーって長くない?ってお話だよ。もしくは、男なんていらねーよ、夏ってお話かもしれない。

とりあえず、気になってしかたがなかったマレフィセントの年齢設定。
アンジーになるのが早すぎたせいで、ステファンも結構、早くからおっさんw
お城に住みたい!とかいう子供みたいな野望に燃えるおっさん……
もう1クッション若かりし頃役はさんで、羽根を取られて裏切ったなステファンギリギリ……かーらーの、アンジーみたいな流れの方が自然な気がする。
あまりにも早くマレフィセントが老けちゃったので、そこからさらにオーロラ姫が生まれるまでの時の流れが謎過ぎたわw

まあ、そこは主題ではないからどうでもいいか。

なんだかんだでにっくきステファンの子どもに呪いをかけるのは眠れる森の美女と同じ流れ。
でも、真実の愛のキスができたら呪い解けるよ^^という、おまけつき。
そして、真実の愛のキスができたのは呪いをかけた張本人っていう。
その前に咬ませ犬として王子様を使うあたり、なんだかなぁ?
この作品は、ガチで男にやり捨てられた人が考えたのかってくらい、いい男がいないねw
もしくはバリバリ働くシングルマザーかもしれない。
最終的な結論は、男なんていらねー! 愛する娘さえいればハッピーyeah!!みたいなノリだし
日本でも高まっている全ての女性が働きたい、社会進出したいみたいなゴリ押しキャンペーンについてけない落ちこぼれにはこういうノリは分からないよ……死ぬほど働きたくないよ><

話戻して、オーロラに呪いかけて16年ものんきに待つより、私ならステファンにおもしろおかしい呪いをかけてさっさとスッキリするな。気が長いよね、マレちゃんってw
その間もずっと見守ってるし、そりゃ、フェアリーゴッドマザー姉さん呼ばれますよ。長いよw
あと思いだせるのは……羽動くんかいっ!ドラゴン弱っ!オーロラ姫の実母の存在うすっ!妖精三人衆くずっ!くらいかな。
全体的に盛り上がることなく淡々と終わった。
見てる間は普通だったかな。疲れてたけど、つまらなさすぎて寝落ちすることはなかった。

08

25

コメント

やってやんよ!

pazu2000.jpg

もらいました^^
普通サイズの2000ピースはしたことあるけど、1000ピースサイズになるのは初。
今度こそ3年コースあると思います><

話変わって、WiiDL版で配信されたマリオ野球が面白そうな件。
興味ないとかのたまっておいて、手のひらくるっくるよ!
動画見たら面白そうと思っちゃったのです。私、ミニゲーム好きだし。
ちなみに動画見てもマリオサッカーはまったく面白そうとは思わなかったけど><



新品も中古も意外と高値安定の模様。
これは割引がある間に買っちゃうべきかな。
バッジとれーる5プレイにつられてこのプリカを買ったばかりだし。
toreru.jpg

なお、容量……私のWiiUちゃん、もうパンパンよ><

08

22

コメント

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師



悪徳判事に妻を奪われて牢獄行き、脱獄して判事に復讐してやんよ、ついでにパイの肉も提供するよってお話だよ。

ミュージカル調なので、その時点でダメな人はダメな作品w

あのパイ屋のパイがまずいのは肉以前の問題だと思います><
G入りとか……そういう描写はいらんからw
殺人シーンは淡々と首を切っていくだけなのでそれほどグロくはないんだけど、Gをミンチにする音とかイヤンって感じよねw

ストーリーは因果応報の一言。
判事とそれに加担した人間に復讐していく過程が描かれていくのかと思ったら、まったく無関係の人たちを殺しまくってパイにしてたわwその時点であまり共感出来ない。
妻を奪われた時点で狂気に憑りつかれていたんだろうけど、うーん。
そんな感じだったので最後も、まあ、そうなるよねという予想の範囲内に終わった。
肝心の判事への復讐もあっさりで、あまり見どころはなかったかな。
ただただあの男の子は可哀想><
船乗りと娘は知らんwあいつら必要あったのかな?

08

21

コメント

放課後ミッドナイターズ



人体模型と骸骨のコンビが、自分の身体に落書きをした子供3人を利用して、願いが叶うメダルを集めて、取り壊される予定の理科室を救うために奮闘するお話だよ。

大体、合ってる。
まったく前情報なしで見たのでアニメということにビックリした。
キャラデザなんかはカートゥーン的だけどチープな感じ。
最初の方にあるダンスシーンで期待したけど、中盤がダラダラ間延びして眠気を誘った。
学校の怪談になぞらえての3つの試練に幼稚園児3人がサクッと勝てちゃうのももなんだかな。
逆に終盤は伏線回収を含めて、割とよかった気もする。
ただ、それでも今一つメリハリが足りなかったように思う。

細かなネタは多いものの、全体的なストーリー展開は子供向けかなという感じなので、個人的にはそれほど楽しめなかった。

08

17

コメント

のだめカンタービレ 最終楽章 前編・後編




前編は千秋のサクセスストーリーが中心、後編はのだめの成長と恋物語が中心といった感じかな?
前編はそこそこ楽しめた。
まあ、ダメオーケストラを立て直すっていうありがちなストーリー展開を外すことはそうそうないだろうけど。
ただもう少しダメオーケストラの中の人たち、特にコンマスとの応酬があってもよかったかな。
特に大きな衝突もなくあっという間に立て直しちゃった感があった。

後編は色々詰め込み過ぎて、のだめの感情の動きが雑な感じになってたのがもったいない。
どうやって音楽の世界に戻る、音楽と向き合っていくのかという大事な部分があっさりしすぎてて、最終楽章とかいう大層なタイトルの割にはこじんまりと終わった感じ。
そもそもが分かりづらいキャラクターなので、シリアスになればなるほど、制作者側が説明しないと!(使命感)と思ったのか、周りの人がうだうだと説明してくれるのもちょっと鬱陶しかったねw

でも、まあ、別に退屈はしなかったし、こんなもんでしょという謎の納得感。
とりあえず、音楽は前後編ともによかった。

08

16

コメント

フリージア



戦時下の治安悪化から敵討ち法ができました。非人道的なフェンリル計画がありました……で?っていうお話だよ。

まず敵討ち法の設定があんまり活きてない感じがした
無駄に丁寧にどういう法律なのかをみせてくれるけど、犯罪被害者や加害者、被害者の依頼で敵討ちを実行する執行代理人の中で特に人間ドラマが描かれるわけでもない。
法が執行されてるだけだからあえて事務的に淡々と進めているのなら、それはそれでいいんだけど、それなら別のところで見せ場が欲しい。あまりに淡々としていて初っ端から眠気がががが。
あ、女だから殺されないよ><とか言ってた女があっさり射殺されたのはちょっと面白かった。

で、もう一つの話の核となるのがフェンリル計画。
これは凍結爆弾の人体実験に孤児を使うというものなんだけど、この計画に加担していた少年兵の一人が現在執行代理にとして生きているヒロシ。
そして、この計画の生き残りとされているのが、後々分かるけど(最初からバレバレだけど)執行代理人事務所の代表ヒグチという女性。
この二人は実験の後遺症で、感情も感覚も失っているという設定……のはずが、ヒグチはフェンリル計画の首謀者への敵討ちを考えており、復讐心は残っている模様。あれ?矛盾してない?^^;
ちなみに首謀者はボケちゃって復讐にもならないから、その息子トシオも計画に参加してたし、そっち狙うわってことになるんだけどね。

ここからはもう敵討ち法とか関係ないのね。
これまでほとんど描かれなかったヒグチとヒロシの薄っぺらい関係性を思い出したかのように描きつつ、トシオとヒロシの関係もさらっと入れつつ、最後の決戦へって感じ。
ヒロシの感情の取り戻し方が雑すぎてw
そんな簡単に感情的ななにかが戻ってくるなら、今まで何度も取り戻す機会あったんじゃないかなと思ってしまったw
とりあえず、雪の中の銃撃戦、飛び散る血ってのはなかなか絵になってた。
ただこういう話にするなら敵討ちに時間かけずに、もうちょっとそれぞれの登場人物に焦点を当ててくれないと、最後の方でどたばたと詰め込まれてもいまいち乗りきれなかったね。

あと、音楽が最高にダサい。
あえてダサかっこいいてきなものを目指しているのかもしれないけど……

08

13

コメント

バケモノの子



ひょんなことからバケモノの世界に紛れ込んで、ひょんなことから人間世界に戻るお話だよ。

うーん、相変わらずの薄っぺらさw
やっぱりこの監督のストーリー展開は私には合わない。

序盤は、まあ、そこそこ楽しめた。
こういう異世界に入りこんじゃう系なんて、別に大層な理由なく紛れ込んでも全然問題ないと思うし。
不器用ながらも徐々に擬似親子のような関係性を築いていく熊鉄と九太はなかなかベストキッドっぽくて面白いよね。
まあ、あいつも一人なんだ、とか九太に言わせておいて、家に行ったら2人も居候がいたのは噴いたけど。一人じゃないやんw
あと、生卵おえーは海外向けの設定なのかな。

そこはどうでもいいけど、ベストキッド的な流れからすれば最終的に猪親子と対決になるだろうと予想してたし、なんだったら、一郎彦が見るからに人間だったから、違った形で育てられたバケモノ親子同士の対決になるんだろうとか思ってたよ。
でも、まさかあんな予想の斜め上に突っ走られるとは思わなかったよね><

この作品の最大の問題が人間界とバケモノ界が簡単に行ったり来たりできることなんだけど、後半でこの事実が発覚した時には驚愕したよ。え?そんな自由に行き来できたん!?みたいな。
しかも、ラストに至ってはお前まで来たんかい!?ってね^^;
バケモノ界って輪廻転生的なあれを待つ世界みたいな感じかと思ってたら、めっちゃ人間界と近くて笑った。

この人間界が出てきてからの展開が本当につまらない。
九太がそこに至るまでに人間界のことを思い出したり、気にするような素振りを見せていたなら分かるけど、唐突に人間界に戻ったと思ったら、8年間の歳月を感じさせることもなく図書館へ行くという謎の行動をとるw
さらにサクッとナンパまでやってのける、たらしっぷり。えぇ……w
ちなみにこの図書館シーンで終盤のキーとなる白鯨という本が出てきてたし、この話は自分との戦いとか楓ちゃんがこれ伏線ですよってご丁寧に説明してくれてた。
でも、一郎彦は本も読んでないし、その話すら聞いてないのに、なんで影響されたのかは謎^^;

一郎彦闇堕ちの前に、熊VS猪があって疑惑のカウントダウンからの熊の勝利があるんだけど、このバトルの迫力のないこと。
殴り合っても傷一つない、血すら出ない綺麗な顔してる。タッチかな?w
もっとドラゴンボール並みにボコボコになってもよさそうなもんだけどなぁ。本気度が足りなかった。
あと、ウサギ爺さんのひいきには一郎彦闇堕ちも仕方ないと思ってしまう。九太は気にかけてて一郎彦はスルーだったし。
熊が堂々と人間育ててた事と比べて猪は隠してたからしょうがないのかもしれないけど。なんか養子の話みたいだね。
養子ということを知らずになんとなく疎外感を感じながら育ってきた一郎彦と養子ながらもワイワイ仲良しの九太。
あ、これは確かに妬ましいですわ><

ホント、無駄に高認とか現実的な話を楓と展開させる暇があったら、一郎彦との絡みを見せておいた方がよかったと思う。
一郎彦が熊鉄と九太の関係性を内心、羨ましくみていてもおかしくはないだろうし。
恋愛要素がないと一般受けしないと思って楓をぶっこんだのかもしれないけど、だったら、いっそのこと一郎彦を一子ちゃんにしたら解決だったよw
二人ともなんかいい感じに仲良く成長してたけど、やっぱどこかで九太妬ましいキーッ!みたいな闇堕ちの方がよかった。
それでバケモノ界の中だけで話をまとめたらよかった。
ついでにやっぱり輪廻転生の話にして、生まれ変わった九太と一子ちゃんが出会うありがちなシーンで終われ。
最後の電波ビンビンな展開についていけずに私の脳内ではそうなった。あー、面白かった(棒)

この監督の作品を見ると、なんだかんだシンプルに一貫したテーマで一作つくってたのジブリってすごいなと再認識する。
ちなみに私はジブリ信者じゃないよ。ジブリ作品の感想を見ればわかるだろうけど><

08

12

コメント

うゆにうゆに


完成!
IMG160857.jpg

3年計画とはなんだったのか……
思ってたよりも簡単だった。私のパズル力が上がってるのかなw

あまりに早く終わったので新しいパズルがしたい。お金がない。
私が気に入ってる夕暮れのウユニ塩湖は安いけど300ピースしかなさそう。
この1500ピースを終えた今、300ピースなんて簡単すぎるかもしれんね。お金がない。
2016ピースなのに1000ピースサイズとかいうベリースモールピースのパズル買っちゃうか。
それならガチで3年計画になりそうwお金がない。
でも、私、世界最小パズルみたいなのをやった時、ピースのハマりの悪さにキレまくった過去があるからね、あまり小さすぎるピースサイズが信用できない病患ってるんだよね。困ったね、お金がない。

ということで、新しいパズルを買うお金がないという結論が出たので、前にやって崩したパズルでもしていよう……orz

08

06

コメント

ハングオーバー! 消えた花婿と史上最悪の二日酔い



バチュラパーティーで羽目を外しすぎたら大変ってお話だよ。

面白かった。
二日酔いで記憶がないというのを最大限に生かして、コメディなのにちょっとミステリー仕立てになっているのが新鮮。
色々なことに無駄がなく、細かい伏線がきちんと最後に繋がっていくのが憎い。
そして、エンドロールで全てが明かされるのも笑った。
むしろ、このエンドロールのためだけにこの映画作ったんじゃないのかなって思っちゃうレベルw
なにも考えずに素直に楽しめる作品だった。
ただ下ネタが苦手な人はダメかも。

08

05

コメント

ゼノブレイド買ったったけど

ということで、あなただけ割引を使ってゼノブレイドを買ったった。

けど。

OPの戦闘から、なぜか操作キャラが前に進んでくれないという現象が頻発。
左スティックを前に倒すと、ちょっと前に進んで反転して戻ってくる。
まるで味方を置いて敵から逃げるかのような格好悪さに涙w
蛇行しながらだと前に進んだので、それでなんとか戦闘を乗り切った。

ゼノブレイド完


いやいや。
……ゲムパが壊れたのかな?と思って、他のゲームをやってみたけど特に問題なく。
ゼノブレイドだけ左スティックがいうことをきいてくれない。
試しにクラコンでプレイしてみたら普通に操作できたので、やっぱりゲムパが悪いのかな?
ゲムパでだらだらやりたかったのでちょっとがっかり。
というか、このままゲムパが壊れて他のゲームも出来なくなったら泣いちゃうね><

ちなみに雰囲気はすごい好み。
コロニー9?に行けって言われてるけど、ずっと草原走り回って一向に辿りつけないくらい好みw
戦闘もアクションRPGよりなので、最後まで頑張れそうな気がする。
レベル上げさえ苦じゃなければ……

08

04

コメント

グランドピアノ ~狙われた黒鍵~



一音間違えたら即射殺、オワタ式ピアノコンサートってお話だよ。

いやいや、3年かけて考えた計画がこれ!?^^;
この超難曲を一音も間違えずに弾けよ、間違えたら撃ち殺す!
って言ってもさぁ……天才ピアニスト(過去に大失敗して超ネガティブ)トム君しか弾ける奴がいないほどの難曲なんでしょ、なんだかんだ言っても殺せるわけないよねと白けちゃうw

そもそも、わざわざコンサートの最中に弾かせる理由が弱い。
トム君を誘拐すればいいだけの話だし。
一回きりのイチャンスってわけじゃないなら、どっかに監禁してひたすら弾かせ続けるのも手だよね。
平和的に個人でトム君に演奏を依頼して弾いてもらうってのでもいいじゃん。
それをわざわざ5年ぶりくらいの復活コンサートの最中に一音間違えたら殺すとか言ってプレッシャーかけまくってまでピアノを弾かせる理由は?
しかも、イヤホンつけさせて演奏中に話かけまくるし、余計ミスタッチしそうじゃんw

と、犯人側が3年間なにを考えていたのかさっぱり分からないわけよw
その方が映画的に盛り上がるやろ!^^ってノリで決めたとしか思えない展開が続いて、最終的に犯人との直接対決に勝っちゃう。
この時に流れる奥さんの歌はよかった。
でも、犯人は声だけしかバレてないんだから一旦撤収して、再度作戦を練りなおしてもよかったよねw

そんな感じで色々とツッコミどころが多過ぎたけど、一番のツッコミどころはエンドロールが10分くらいあることだよね。
90分くらいの映画で10分がエンドロールってお前w
そこ使ってもうちょっと話が盛り上がるように煮詰めようよ><

08

03

コメント

バーレスク



成功を夢見て田舎から出てきた女の子がなんの苦労もなく成功するお話だよ。

もうちょっと山あり谷ありでもいいんじゃなかろうか。
出てくる人がみんないい人過ぎるし、主人公のアリは歌って踊るだけでみんなが感動する天賦の才の持ち主なので、なんの苦労もなくステージのセンターを取っちゃう。
一応、申し訳程度に主人公のアリに反発するキャラもいるけど、特に嫌がらせをするでもなく一人でキーッとなってクラブを辞めて、最後に戻ってくるだけっていう中途半端っぷり。
こういう話でよくある最初は他のキャスト陣に疎まれながらも、なんだかんだで打ち解けていくみたいな展開は一切ない。
ベタだけどもうちょっと意地悪されてもよさそうなものだけどねw

ストーリーはアリの成功物語と借金まみれのクラブの存続とバーテンダー?との恋で進められていくけど、これがまた特に盛り上がることがない。
そもそもクラブを買収しようとしているセレブもそれほど悪い奴ではないので、なんだかなぁ^^;
バーテンダーともちょっとケンカするけど謝ったらそれであっさり解決で、なんだかなぁ。

全体的にストーリーはあってもなくてもどうでもいいような当たり障りのないものなので、映画としてはどうなのかなって面もあるけど、ショーだけを切り取ってみるといいものを見た感がある。
これがエロかっこいいってやつなんでせうかね。そんなにエロくはないけどw
曲もいいし、歌うのはアギレラなので歌唱力も問題ないし、周りを固めるのもプロダンサーだろうしで、ショーだけで満足。
こういう魅せるショー映画は日本ではまずつくれないだろうなと思いましたとさ。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad