02

28

コメント

死者の学園祭



見たことを後悔するお話だよ。

深田恭子の大根演技が感動するくらい大根で、あとはもうホントどうでもいいって感じ。
ホントはなんか自殺した演劇部員の書いた劇を上演しようとする中で殺人事件が起きて、まあ、大根がその謎を解き明かすっていうね。赤川次郎らしいお話といえばらしいよね。
割と赤川次郎は嫌いじゃないんだよ。サクサクッと読めるから。
しかし、この映画はかったるくって仕方なかったね。展開がだらだらしてるし、大根だし。
大根音頭でも踊りたくなるくらいだよ。
この頃に比べたら深田恭子は演技が上手くなった……よね?
最近見ないから分からないけど><
スポンサーサイト

02

27

コメント

ファイヤーウォール



家族のためならパパは超人になるよってお話だよ。

典型的なハリウッド映画っていう。
タイトルだけ見たら、もっと頭脳戦が繰り広げられるかと思うじゃん。
そんなことないからぁ><
銀行強盗の雑すぎる計画とその雑な計画に右往左往するおじいちゃ……間違えた、パパね。
割と助けを求められそうなシーンは多々あったのにしない。
多分、ラストで犯人をぼこぼこにしたいがためにわざとしなかったんだろう。
だって、彼の名はジャック。秘書はクロエ……なんていう偶然w
そんな感じでラストは肉弾戦です。
この頃の映画は、とにかく爆発したりドンパチしたりボコスカしないといけない決まりでもあったんだろう。
っていうか、犯人側のボスは頭が切れそうなのに、仲間が総じてバカ揃いとか。
人望がないのか見る目がないのかっていう話だね。
とはいえ、ラストまで飽きずに見られた。

どう考えても、ハリソンフォードが年取りすぎてパパに見えない><

02

26

コメント

メリーに首ったけ



メリーに首ったけなお話だよ。

久しぶりに見たけど、あまりにバカバカしくて笑えたw
ちょいちょい挟まれる小ネタが面白かった。警察の取り調べとか犬の扱いの雑さとかね。
下ネタが多いから好き嫌いが分かれると思うけど、許容範囲のギリギリラインを絶妙についてるバランスのような気もする。
個人的には全然許容範囲だね。B級映画によくある唐突で意味のないベッドシーンよりは全然w
キャメロン・ディアスの魅力で半分は持ってるようなくだらなくてしょうもない話だけど、バッドエンドからのあのラストは正直忘れてたからちょっと予想外だったw
ってか、連れてこられた元彼って……><
まあ、楽に見れるラブコメってことで。

02

25

コメント

めぐり逢えたら



ラジオ番組で亡き妻への思いを語る男に惹かれちゃった女が男とめぐり逢うまでのお話だよ。

婚約者涙目><
ってのはおいといて、なかなかめぐり逢えないのがいい塩梅だったね。
登場人物のほとんどがロマンス映画?に憧れている設定なので、めぐり逢ってもないのに運命感じちゃってる暴走っぷりはそこまで気にならない。
しかし、婚約者涙目><
こいつが悪い奴ならまだいいんだけど、いい奴だしね。なんか可哀想だった。
サムと接近したヴィクトリアも……まあ、足し羽化にちょっとウザい感じだったけど、意味もなく子供に嫌われたのは可哀想な気がしないでもなかったね。
っていうか、ぶっちゃけ、サムとアニーが運命だったんじゃなくて、ジョナとアニーが運命だったんだろうw

02

24

コメント

のぼうの城



2万の天下軍にたった500の兵で戦ったでくのぼうのお話だよ。

うーん。
序盤は割と楽しめたんだけど、後半の展開がいまいち。
というか、のぼうはバカ殿のようで実は知恵者かと思ったらそうでもなく、
相手側が数が多いだけのバカだったおかげで、なし崩し的になんとか一矢報いることが出来ただけで、
大したどんでん返しも感じなかった。少数精鋭ながらの奇策とかあるのかと思ったけど、なにもなかったし。
部下たちがまるでゲームのキャラのように無双できる強さだっただけっていうw
のぼう役の野村萬斎は演技はともかく田楽の舞はさすがだったね。
見どころはそれくらいだったかな。
あ、あと、若かりし頃の芦田プロの可愛さも必見だよね。今も若いけどw
ラストは史実があるからあんなもんでしょうがないのかなって感じで。
とりあえず、長すぎて疲れたorz

02

23

コメント

スティールダイバーサブウォーズとか

スティールダイバーサブウォーズ、仮入隊しました><

敵を撃沈していたと思ったら、味方がいなくなっていた。
な… 何を言っているのか わからねーと思うが(ry

まったく水中は地獄だぜw

ごめんなさいorz
そんな反省気分を味あわせてくれる潜水艦FPS?です。
3DS初期にでたスティールダイバーの……なんだろう?リメイクでもないし、一人称視点にしたDLゲームかな。
速度が遅い潜水艦だから一人称視点でも酔わないので、そういう意味で一人称視点が苦手な人でも大丈夫そう。
遠くの敵の動きを予測しながら魚雷を発射したりと、駆け引きの楽しさもある。
なにがすごいってモールス信号覚えなきゃいけないことだよねw
いや、無理だから><
でも、速度の遅い潜水艦だからモールス表を見ながらでもなんとかな……わけないじゃん><
とりあえず、基本の略語だけを覚えておけばなんとかなると思いますw

シングルモードは、仮入隊の場合、2つのミッションが解放されてる。
本入隊だと7つらしいから、どっちかっていうとマルチプレイがメインでシングルはおまけって感じなのかな。
ぶっちゃけると、マルチプレイはそんなに好きじゃない。

え?w

いや、ほんとに。ゲーム内でも引きこもりだからね><
そういうわけで、マルチプレイが好きな人にはおすすめできるけど、
そうじゃない人は仮入隊してから買うかどうか決めた方がいいと思う。そんなゲームでした。

その他はゲームセンターCX三丁目の有野の体験版もやりました。
体験版だからしょぼいミニゲームの評価は出来ないけど、キャラクターだけ見ても地雷としか思えない。
今時あれはないなぁ、と。全体的にセンスが酷い^^;
ファンでもきついんじゃないかと思う、そんなゲームでした。

地味に楽しみなのが逆転裁判123成歩堂セレクションだね。
逆転裁判はGBAで1をやっただけで、いつか買おうと思ったきりだったので絶対買いだなぁ。楽しみ><
さすがにこれはカプコンお得意の速攻ベストプライス化とかないよね?><
3つ入ってこんなに安いからベストプライスとかないよね?><
むしろ、これがベストプライスみたいなもんだよね?><
カプコンはすぐにベストプライスだすから、発売直後に買いたくないっていう貧乏人でしたorz

それにしても、ソリティ馬が面白い><




02

22

コメント

白い嵐



海洋学校の航海訓練に参加した少年たちと船長のお話だよ。

実話に基づいたお話らしい?
アドベンチャーかと思ったら、青春群像的な話だった。
人間的な成長と自然の脅威が描かれているんだろうけど、如何せん少年たちが多過ぎる上に大してキャラ立ちもしてないから、結局、最後に犠牲になったのが誰だったのかよく分からなくてモヤッとした><
アリスが犠牲になったことだけは分かったよ。女性だから^^;
最終的に記憶に残っていたのがイルカのシーンだけっていう……しょうがないね。
とりあえず、青春感動物が好きな人は好きそう。そんな作品でした。

02

21

コメント

アクシデンタル・スパイ



孤児のバッグが父親と名乗る人物の遺産を受け取りに行って騒動に巻き込まれるお話だよ。

多分。
あんまりおもしろくなくてうろ覚え^^;
バッグは予知能力があるっていう設定だったけど、あんまり活かせてなかったねw
お風呂から全裸で逃走シーンはジャッキー映画のお約束っぽい展開だったけど、如何せんストーリー展開がシリアスすぎていまいち。
ビビアンスーもなんか唐突に退場するし、浅いなぁと。
無理にシリアスにしなくてもいいんじゃないかね。
アクションすげーと思いながら軽いノリで鑑賞して面白かったってのがジャッキー映画ってやつじゃないの?
そんな感じで、いまいちでした。



02

20

コメント

依頼人



議員殺しの秘密を知る弁護士の自殺を目撃した少年が検事・FBI・マフィアに狙われて1ドルで雇った女弁護士と戦うお話だよ。

うーん。
マフィアや検事側が少し間抜けすぎて、緊迫感があるんだかないんだか^^;
特にマフィアはもうちょっと必死になれよ、と。
殺すチャンスは結構あったのに脅しに留めてる辺りは、子供が主役だから仕方ないのかなとは思うけど
あまりにも簡単に逃げすぎて、ピンチもピンチに感じられないのは微妙。
あと、なんか主人公の少年が悪ガキ過ぎていまいち感情移入できない。
大の大人が揃いも揃って、この悪がきに振り回されっぱなしなのもなんだかなぁ、と。
ストーリー自体は綺麗にまとまって、最後も少し切ない感じで悪くはなかったけどね。

あんな遠くの配電盤を撃ちぬけるなんてレジー・ラブは射撃の名手なの?><

02

19

コメント

ブラック・ダイヤモンド



ブラックダイヤモンドを巡るお話だよ。

うーん。
無駄に登場人物が多くて全体的に散漫な印象。
ジェット・リーの必然性がいまいち掴めない。
結局、なんだったんだっけ?と見ていて思った。というか、今も不明。見逃したかなw
っていうか、ブラックダイヤモンドが台湾の物だったら台湾は何をたくらんでんだっていう物騒な話だし。
後半はもうなんでもありすぎて、戦車が出てきた時には苦笑しかなかった^^;
まあ、地下鉄バトルに金網デスマッチ、カーチェイスなどなどアクションは豊富だから退屈にはならないかな。

02

18

コメント

ココニイルコト



不倫で大阪に飛ばされた女の再生物語だよ。

堺雅人の関西弁が胡散臭すぎるのと前向きなキャラ設定のおかげでなんかの詐欺師かとw
いや、嘘だけどね。
堺雅人が演じる前野って男の風邪が長引いてるってところから、まさかここからアホみたいな展開になったりしないだろうなぁ?と思ってたら、そのまさかで、もうこういうのいいからとげんなり。
しかも、死んだ振りかーらーのーってパターンもありがちすぎて。
マイフレンドフォーエヴァーでもあったな、そういや。
こんな糞つまらない話をよくつくったもんだw
ってか、真中瞳ってなんで出てきたんだっけ? なんかのバラエティだった気がするけど忘れた。
とりあえず、この人の演技が下手なのも作品をダメにしてると思う。今は全く見ないけど引退したのかな?
そんな感じで。

この作品好きな人は、まあ、ええんとちゃいますかで許してくらさい。

02

17

コメント

カンフー・ハッスル



カンフーでハッスルするお話だよ。

ストーリーは破綻しまくりだからどうでもいい。
こういうのはこういうものとして見るしかないね。
ところどころ笑えるとこもあったかな。
アパートの大家2人が達人クラスで暗殺者を撃退するところとかね。
悪趣味なシーンやグロシーンが多いから苦手な人は苦手かも。
ただ全体的に見るとまとまりがないし、後半主人公が急に覚醒するのも唐突過ぎて、メリハリにかけたかな。
見た次の日にはもう忘れてる、そんな感じの作品w

02

16

コメント

トリック 劇場版2



よろしくーねってお話だよ。

まあ、トリックってこんなもんだよねって感じでw
トリックの独特の空気ってのは正直劇場版では、長すぎてだるく感じるね。
しかし、仲間さんが若かったな。細かったw
なんか今妙にごつくなったよね。阿部寛はあんまり変わらないけど。
特に感想がないなw
だって、それがトリックだもの。

あ、堀北真希ちゃんが可愛かったよ><

02

15

コメント

ダイ・ハード4.0



運の悪い男のお話だよ。

事件への巻き込まれ方が今まで以上に無理矢理な気がしたかな。
特にマクレーンが頑張る必然性がないっていうか。
まあ、娘がさらわれてからはしょうがないけど、それまではね。おかげでマクレーンさんぼやきまくりw
アクションは相変わらずすごかった。
ぶっちゃけ、公共の道路を破壊しまくる戦闘機の方が酷いテロっていうのは内緒ね><
敵のボスがいまいち魅力に欠けるかな。
単にコンピュータ方面での頭がいいだけだし、ダイハードシリーズの敵のボス独特の冷酷さが薄かった。
だからなのか、ぎりぎり感がなんか物足りなかった。
とはいえ、安定した面白さなのは確か。

あ、唯一残念なことは……ついに髪が……

02

14

コメント

グーグーだって猫である



麻子先生と彼女を取り巻く人のお話だよ。

麻子先生と猫の話と思ったら大間違いだ!w
あんまり猫は出てこない。
っていうか、猫を離して散歩?してる姿にびっくりした。そりゃ、逃げるでしょ、と^^;
あとはどうでもいい日常を無駄なナレーション込みで描いただけで退屈な映画だった。

02

13

コメント

英国王のスピーチ



吃音症の英国王がスピーチするお話だよ。

史実をもとにしたお話ということで、派手さはないけどしみじみといい話、だった。
うちの兄も昔、少し吃音気味だったからちょっと考えるものがあったね。
戴冠式のシーンがリハだけで本番なかったのはラストのスピーチシーンを際立たせるためなのかな。
ちょっと、え!?と思ったw
あと、ライオネルの経歴詐称のところも唐突だったかな。
でも、細かいところは抜きにして、見終わった後にいい話だなと思える良作なのは確かだね。
しかし、あれだね、ファック、チンポ、オッパイはないよね><

02

12

コメント

指輪をはめたい



婚約指輪を持って記憶喪失になったら渡す候補が3人もいて大変だよってお話だよ。

初っ端、目が覚めてからのスケートリンクでファンタジー色強い作品だなと思ったんで、そこから割り切ってみると漫画チックなコミカルな表現とか演出は気にならない。
前半は、3人の女たちに挟まれて右往左往するコメディ路線なんだけど、後半はなんていうか……
初っ端がなんでファンタジー調だったかが分かるオチがついていて、ほろ苦い話になっていた。
個人的に嫌いじゃなかったし、ラストシーンも悪くないと思ったけど、身も蓋もない言い方をすれば、女々しい三股男の話だから好き嫌いがはっきりと分かれそう。っていうか、いくらなんでも女々しすぎるだろう、と。
最後にそれぞれの彼女たちとの思い出もよかったって気づいただけよかったけど、この主人公にイライラする人は多いだろうねw

あ、嘔吐恐怖の人にはおすすめしない。何回かオエッてるシーンがあったからw
いや、なんの注意なんだよって話だけどw

02

11

コメント

体験版をやったよ><

ということで。さーどいんぷれっしょんw
とりあえず、DLした体験版をちょこちょこやってみました。

まずDL専用ソフトの運命の洞窟the CAVE。
7人の主人公たちから3人を選んで、それぞれを協力させながら洞窟内の謎解きをしながら進んでいく2Dアクションアドベンチャー?
謎解きの難易度は理不尽ってほどではなく、少し考えたら分かる適度な感じで。
ゲームパッドはキャラクターの交代の時にちょいっと活用するくらいなので、これくらいなら別にリモコンでいいんじゃとか思ったりしないでもない。
でも、これは面白かったのでいずれ買うかもしれない。

お次は、ダイレクトでのワンダフル101連呼が懐かしいThe Wonderful 101w
ぶっちゃけ、電子説明書を見ないで始めたものだから唐突に始まってワケわかめだったw
チュートリアルらしいチュートリアルもなしで放り出される感が半端ない。ま、これは自分が悪いんだけどね。
斜め見下ろし型の視点がちょっと見辛い。キャラクターもちまっとごちゃっとして、敵か味方かを見失ったりした。
このゲームは、とにかくゲームパッドを活用しようという心意気を感じるけど、正直合わなかったというか、最後までなんかよく分からなかった><
何周かして自在にキャラクターを操れるようになったら良さが分かるのかもしれないけど、今のところ買いではないかな。



お次は、龍が如く1&2HD。
龍が如くは、大体、中古で980円以下であるからいつか買おうと思ってたんだけど、なんかうちの近所の中古ゲーム屋はPS2ゲームが異常に汚いんで、この値段だと超汚そうだなと思って買い逃してたw
でも、結果的によかったかもしれない。体験版をやって、完璧に合わない世界観だと分かったからね><
街の広さの割に移動が遅いし、カメラアングルも酷いし、戦闘は単調で面白くないし、ムービーは長いし。
そんな諸々が相まってダメだったね。好きな人は好きな世界観だと思う。
似たような世界ならパチパラだよ、やっぱやるならあのくらい突き抜けたバカさがいいね><




さて。体験版の話はおしまいなんだけど。
この間からさらにちょこちょこ触って感じたことですが、WiiUは面倒くさいね。
え? この間は便利とか言ってったって? 人間だもの、間違えちゃうことはあるw。
いや、便利は便利なんだけどね。ゲームパッドだけでFitU出来るのは。
もうメーターのデータ送信のためだけに毎日起動してるからね。
ただ、トレーニング中にゲームパッドを置けって言われるんだけど、トレーニングを始めるたびにAボタン押せって言われる→ボードから降りてパッドをタッチするっていう繰り返しが面倒くさい。
トレーニングもリモコン二ついるものや、リモコンとヌンチャクがいるものがあるし。
基本的にリモコンはしまっているから出さなきゃいけないっていう面倒くささ。
でも、スカッシュが尋常じゃなく面白いので面倒でもリモコン用意しちゃう、悔しい><
あとFitセットで買ったのに、ダンスをするためにはリモコンが二ついるっていう不親切さも酷いと思った。
任天堂は、みんながみんな、リモコンプラスを持っていると思ったのかな?いや、持ってたけどw
持ってない人だっていてもおかしくないと思うんだよね。特にプラスの方は。
なんか痒いところに手が届かないっていうか、ユーザーの方を見ていないような、そんな感じがしました。

あと、気になってたけどなんだかんだでハードごと買うほどでもなかった洋ゲーをチェックしてみたら、全部ナンバリングの途中からとか、なんの嫌がらせなの?><
確かに出てる洋ゲーは世界的にヒットしてるものばかりだから、前作プレイ済みの人が多いっていう考えは分かるけど、そういう人はこれまでやってたハードでその後もやっていくと思うんだよね。
ってことは、WiiUで出てる後発マルチソフトの客層は初めてやってみようっていう人に限られるんじゃないかと思うんだけど、それが突然3とか言われたら、まず購入の選択肢には入らない。
映画とかでも途中から見ることはあんまりないじゃん。見たとしても、面白かったら前作も見ようってなるけど、WiiUの場合、前作がないから出来ないっていうね。だったら、他のハードを買ってやったほうが建設的だね。
色々権利とかあるのかもしれないけど、どうやらスタートからWiiUはつまづいてたっぽいなと思いましたとさ><

今後、任天堂がどんなゲームを出していくのかは気になるとこだけど、大きく普及することはないだろうね。
個人的にはメトプラ系やパンドラみたいなゲームがしたいです><

02

10

コメント

ONE PIECE エピソードオブルフィ 〜ハンドアイランドの冒険〜



ルフィの子供時代の話とハンドアイランドのお話だよ。

毎度のことながら映画じゃないけど。テレビスペシャル的な総集編。
これはつまらなかったね。
序盤のシャンクスとルフィの話は別にいいんだけど、ハンドアイランドの展開がね。
無理矢理すぎるわ、敵のしょぼさが半端なさすぎるわで、あれはないわ^^;
あと、コビーの声がおばさんすぎるw

どうでもいいけど、ナミのオパーイってあんなに大きかったっけ?
原作見てないから、あまりの成長っぷりにびっくりしちゃったよ><

02

09

コメント

極道めし



刑務所ででるお正月のおせち料理をかけて今まで食べた中で一番うまかったご飯の話をするお話だよ。

話を聞いている人が、ゴクリとつばを飲み込んだら1ポイント。
優勝者は、敗者たちからおせち料理のおかずを一品ずつもらえるというもの。
刑務所内では、ご飯だけが唯一の楽しみということで、各々正月のごちそうを楽しみにしているらしい。
で、まあ、本作は本当にただ一人一人がうまかったご飯の話をしていくだけなんだけど、このうまかったご飯が本当においしそうなので深夜に見てはいけない作品だと思うw
黄金飯に海鮮バーベキュー、オムカレーカルボナーラ、特製インスタントラーメン、すき焼きとバリエーション豊かで、その話自体に受刑者の思い出が籠っていてクスッときたりホロッときたり。
3年後、出所した健太がしおりのラーメンを食べに行ったラストシーンは現実的でよかったわ。
最後にこれまで言えなかったごちそうさまとおいしかったという言葉を言えたことが救いかも。
予想外の切ないラストだったけど嫌いじゃなかった。

今日の昼はラーメンにしよう><
嘘、もうラーメンとか食べられないから。ホント胃が死んでるからおかゆしか食べられない><なんて悲しい現実だ……
食事のありがたみってのは失ってから分かるよ。食事大事にねorz

02

08

コメント

モテキ



非モテのコミュ障に訪れたモテキと思わせておいて、別に非モテでもコミュ症でもない男のお話だよ。

いや、ほんとにね、非モテでコミュ障には思えない。
リアルなコミュ障はそもそもtwitterで仲良くなった人と会いに行かないって行けない。

\  ヽ  |  /  /
 \ ヽ | /  /
\         /

_ わ た し で す _
    / ̄\
―  |^o^ |   ―
    \_/
 ̄          ̄
/         \
 /  / | ヽ \
/  /  |  ヽ  \

ま、twitterやってないんだけどね><
ネットですらコミュ障っていう残念な感じ。これがガチの味だぜ。
っていうか、普通にリア充としか思えない。この幸世君って奴は。
そんなわけで、ガチからすればこんなのは少しも非モテじゃないね。
でも、ガチの非モテを主役にしたら引き篭もってばっかでストーリーが進まないだろうからしょうがないんでしょう。
そんなわけで、リア充のちょっと肉食な男の子がドロドロとした恋愛に足を突っ込んでいくお話ってのが正解だと思う。

でも、前半はわりとコメディチックで笑えた。
アフロ田中もこれくらい突き抜けてたらな、と思えるくらいには面白かった。
後半からはシリアスになって尻つぼみ。
ラストは、正直理解に苦しむ。ストーカーっぽくて怖いんだけど、そこで大逆転果たしちゃうのがモテキってやつなの?少しは人間の心の機微を勉強しろよってことなの?><
ということで、終わりにしようと思ったけど、パッケージが詐欺だよね。
幸世君に絡んでくる女は実質2人で後の二人は特に意味はなく脇役並の扱いなのに、このパッケージだと絡んでくるみたいじゃん。おかしいよね><

ちなみに原作やドラマ版は見てません><

02

07

コメント

ラッシュ・アワー2



偽札の原本を追いかけて香港→ロス→ベガスと動き回るお話だよ。

個人的には1よりも面白かった。
ところどころ笑えるシーンもあったし、ジャッキーとクリスタッカーの掛け合いもはまってきた感じ。
特に香港のシーンは香港映画のノリが強くて、裸で街を走らされる2人には笑った。
ストーリーは前作でも話に出ていたリーの父親の話を軸に展開されるので、前作よりもジャッキーがメインでアクションも多くてよかった。
ただいくら巻き込まれたといっても、どこの協力も仰がずにこんだけの都市を二人だけで追っていくのは無茶があるよね。
こういうストーリーだからと言われるとそうなんだけど。細かいことはいいんだよ的な有無を言わさなさがあるw
っていうか、チャン・ツィイーの顔ってこんなんだったっけ?と思ったり。
メイクのせいか、敵役だからちょいちょいブサかった^^;
とりあえず、前作より面白かったってことで。

02

06

コメント

マディソン郡の橋



4ナイトラブのお話だよ。

昔、ずいぶんと話題になった気がするけど、ただの不倫話だったんだね。
まったく知らなかったw
ワンナイトラブならぬフォーナイトラブってか。
あまりにも説得力のない恋の落ち方になんとも……なんか共通点があったりすればね。
あ、運命の出会いですね、分かりました><
たった4日間なら相手の汚い部分を見ることなく永遠の思い出にもなるだろう。
それならそれで墓場まで持ってけよ、と。
わざわざ日記にして子供たちに残すのが意味不明。
そんなの子供は知りたくもないだろう、自分たちが親父と出かけてる間に母親が不倫してました、とかさw
こういう言わなくてもいいようなことを自己満足のために言う人って嫌だよね。
そんな感じでおしまい。

02

05

コメント

オーシャンズ13



仲間の仇を討ってやんよってお話だよ。

12に比べると面白かった。
今回は金儲けではなく、土地をだまし取られれて抜け殻状態になったルーベンのための仕事ってのも、まあ、新鮮。
仲間たちがそれぞれ得意なことを駆使しながらの作戦もよかった。
まあ、ちょっと無理があるかなって気がしないけでもないけど。12があったからよく見えるっていうw
もう少し、バンクが対抗してくれた方が面白くなったかもね。
オーシャンズが戦うのは高度なセキュリティソフトだけで、バンクとはあんまり絡まなかったし、勿体ないw
ベネディクトとかナイトフォックスとか、その他の色々な小ネタは、前作、前々作を見てない人には誰ぞって感じだろうね。
っていうか、ナイトフォックスいらなかったんじゃ……すげー小物になっちゃて^^;
そういえば、今回はテスがいなかったんでなんか物足りなかったw
あのキャメロンディアスもどきの秘書じゃ、女要素が足りないのです。いや、面白かったけど。媚薬シーンw

ラストで散々な目に合った覆面調査員のおっさんが救われてよかったです><

02

04

コメント

Dr.パルナサスの鏡



悪魔と取引しちゃいかんねってお話だよ。

というわけで、中に入った者の想像を具現化する鏡をウリにショーを行いながら旅をする一座が、ある時、吊りたてほやほやの怪しいイケメントニー君を助けたことから騒動がはじまる感じで。
その一方で、永遠の命と引き換えに娘が16歳になったら悪魔にあげるよってやらかしちゃった博士は約束の期限が近付いているのに娘に打ち明けられずに苦悩している感じで。
そんな博士の前に久しぶりに取り引きした悪魔がやってきて再度賭け事を持ちかけるって感じねw
その賭け事とは一座のショーの客を5人集めろってもの。
トニー君の口八丁手八丁でなんとか4人の客を集めることに成功する博士。しかーし!

大まかな流れはこんな感じかな?^^;
ファウストっぽいというかストーリーの根底だろうとは思うけど。
こっちの理解力不足なのか作品の説明不足なのか、いまいち分かり辛かった。
特にラストシーン。あの切ない感じは嫌いじゃないけど、なんだかよくわからなかったなぁ。

一番の見どころになってしまったのが今は亡きヒース・レジャーのシーン。
どうやら現実世界を先に撮っていたらしく、現実世界では出ずっぱりなんだけど、鏡の中に入ると代役になってしまう。
まあ、鏡の世界は想像の具現化ということで顔さえ変わるという設定だから出来たことなんだけど、ぼんやり見てたから、あれ?ジョニー・デップだったっけ? んん? ジュードロウだったっけ?とうっかり戸惑ってしまったよ><
しかし、豪華な代役を揃えたもんだ。

02

03

コメント

おおかみこどもの雨と雪



おおかみたちに振り回されて捨てられた女のお話だよ。

なんていうか、この映画に感動した人には申し訳ないけどとても気持ちの悪い話だった。
サマーウォーズの時も思ったけど、この監督のつくるキャラクターは本当にオタクの妄想って感じで人間味が全くない。
綺麗なところだけしか書きたくないならファンタジーとして突き抜ければいいのに、
変なところでリアルっていうちぐはぐさが気持ち悪い。

個人的ダメポイントを挙げていくときりがないけど、
この作品は雪が母親との生活を回想しながら進んでいく。最後まで見ればわかるけど、その必然性は全くない。
ベタだけど結婚しますくらいのラストシーンが来るのかと思ったけど、別に中学に上がって家を出ただけだったw
回想するなら、せめて最後に現在の雪の姿が必要だろうと思うんだけどそれもない。

で、母親の花と父親の出会いね。
大学で見かけた不審者に恋するの?ただしイケメンに限るってやつかなw
台詞もなく音楽と映像だけで見せようとしてるけど無駄に長くて非常に退屈。
カールじいさんの冒頭みたいな味のあるストーリー展開だったらいいのに、ホントつまらない。
なんだかんだで男が自分が狼ということを告白した次のシーンがまさかの獣姦っていう驚きの展開には乾いた笑いが^^;
いや、おかしいよね、その流れ。まあ、この作品ところどころつなぎがおかしいんだけど。

なんだかんだで子供が生まれて、なぜかよく分からないうちに男が死んでるw
見逃したのかと思って巻き戻したけど、やっぱりなんか知んないけど事故で死んだ。
ストーリー上、死んでくれないと母の強さが描けないっていう都合だろう。
そんなわけで花一人きりの子育てがはじまるけど、ここで急にリアルな展開で児童相談所とかが出てくる。
おおかみ子供がばれたらいかんぜってことで田舎の方へ引っ越す。
花も狼男もお金なさそうだったのに割と貯め込んでいたらしいことが分かる。
だから、特に躊躇なく子供を二人も産めたんだろう。

田舎暮らしの描写も微妙だね。
引っ越す前にリフォーム大変って忠告されてるのに、なんと女手一つでめっちゃ完璧にやってのける。
ここからもう花が超人であるという設定を受け入れなければいけない。
なんたって、初めての田んぼ作りにも血豆一つつくらないし、がけから落っこちても平気だし><
田舎の爺さんたちが手伝ってくれるとこは嫌いじゃないけど、そこが終わったらあっという間に話に絡まなくなるのもなんだかな。
父親にしてもそうだけど、ストーリー上、花を引き立てるための使い捨て要員が多過ぎるのが気になる。

子育てシーンはどうなんだろうね。
子育てしたことがある人ほど受け入れにくいと思ったんだけど、
意外と感想とか見ると逆の意見が多かった。子育てしたことない人には分からないとかあったし。さーせん><
でも、花が一人で子供を育てることにへこたれることもなく愚痴を言うでもなくいい子過ぎるまでの完璧な母親像って血が通ってないなと思うし、子供を全く叱らないのも好きじゃない。

しかも、最終的にオオカミと人間の二択ってのもどうなんだろう。
ホントに子供のこと考えるなら、周囲の信頼できる人には受け入れてもらえる土壌を作るべきじゃないかと思う。
結局、子供たち二人は別々の道を選択するけど、その道に至るまでの葛藤が全くなく、花は結局子供と真剣に向き合うことがなかったなっていう印象。だから、雨との別れのシーンでも、あっそとしか思えなかった。
大人になってもずっと秘密を抱えたまま孤独に生きていくであろう雪は可哀想だし。
あれで子育て終了っていわれてもなぁ。たった12年、雨に至っては10年……
いやいや、反抗期とか思春期とかスルーして花ちゃん隠居生活入るとか、ないわw
間違えたな。おおかみたちに振り回されて捨てられたんじゃなくて最初から最後まで無責任な女の話だったかも><

10歳の子供が失踪しても、問題なくあの家に住みつづけられるのかはなはだ疑問だよぉ><

02

02

コメント

トリプルX



トリプルXが暴れまわるお話だよ。

なんだっけな。
デブが主役のトリプルXなんとかかんとかってやつよりはいいんじゃないかなw
あれはアクションが酷すぎたからね。
こっちの本家本元は車にボート、バイク、スノボーみたいにありとあらゆるお約束の乗り物でアクションしてくれるので見ていて飽きないっちゃ飽きない。
でも、それだけなんで飽きるっちゃ飽きるwどっちなん?みたいなね^^;
っていうか、Xが気のいい兄ちゃんだから極悪人どもを無理矢理スカウトしてスパイにするっていう設定がまるで活きてないのが残念w
まあ、極悪人が主役じゃ人気でないかもしれないけど、もう少し悪くてもよかったんじゃないかなw
そんな感じで。見終わった後に何も残らない凡作のアクション映画でした。

02

01

コメント

荒川アンダーザブリッジ



荒川の河川敷に住む変な人たちのお話だよ。

うーん。
原作知らないのでなんとも。
盛り上がりもなくただ淡々と話が進んで親子が立ち話で和解してた。
立ち話ってつまらない〆だなぁ^^;
この作品の肝だと思う変な人たちやシュールな空気は肌に合わなかった。
アニメだったら楽しめたかもしれない。なんとなくだけどw
アフロ田中にしてもそうだけど、こういう変なキャラクターを無理して実写化する意味があるのかな、と。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad