02

18

コメント

U-EXPLORE SPACE ADVENTURES

U-EXPLORE SPACE ADVENTURES

クリア!
これはさすがに去年の夏ごろからはじめたゲームやろ、と思ってたら一昨年でした><
相変わらず尋常じゃないスローペースでゲームを終わらせていくスタイル。
最初の感想でもおすすめ感だしてたけど、最後までやってもやっぱりWiiUもってるならやるべきおすすめソフトだった。

画像にある小型ロケットでユーエクスプロー社が提供する事故率0%、生還率100%の絶対安全な惑星スペクタクロン巡りに出かけたはずが即墜落。救命用気球を探して惑星を孤独に彷徨うことに――というストーリー。
ほとんど語られないので雰囲気で察するしかないけど、きっと永遠に私は冬眠することになったんだよ><
最後にクレーム送り付けられるシステムがセンスいい。

ジャンルは、アクションパズル?ロケット操縦ステルスパズルかな。
最初は燃料エンジンしかなかったロケットが本編が進んでいくにつれて自然な流れで機能解禁されていくのが見事。
新しい機能の基本的な使い方や応用テクを考えさせるパズルデザインになっているので覚えやすくていい。
機能が増えていくたびにパズルの幅も広がって楽しく難しくなっていく。
ただステージも終盤になってくると、応用に次ぐ応用でかなり頭と精密な操作が必要となってくるので大変。
特にステージ30は尋常じゃない難易度。
あまりに爆発しすぎて発狂したあとに悟りを開いて無の境地に達したらクリアできるレベルw
ここだけ異常な難しさだった。SIREN風にいうとどう足掻いても絶望だった。

こういうロケットの機能解禁と終盤の機能減少の表現の仕方がまたいいんだよね。
ゲームパッドがコックピットだからこそできる表現方法で、ちょっと感動した。
出来ていたことが出来なくなっていく中で謎解きをしなければいけない辛さ。
基本的に謎の多い惑星なんだけど、終盤はステージデザインがどんどん不気味になっていって、旅の終わりと星の終わりを同時に感じさせてくるうえにロケットのポンコツ化もあって絶望感が半端なかった。

マイナスポイントは、ロードの長さかな。
ゲーム開始時と1ステージクリアするごとに、結構長めのロードが入る。
かなり丁寧にローカライズされた味のあるロード画面をじっくり見る時間と考えたら悪くはないけど、気になる人は気になる長さだと思う。
あと、やりこみ要素がないのも物足りないと感じる人はいるかも。
でも、なによりのマイナスポイントはタイトルだけどね。
おすすめしにくいタイトルの長さ。
もっと分かりやすくてシュールな感じのタイトルだったらゲームの雰囲気とマッチしたかもしれないのに。

ただ個人的にはWiiU持ってたら絶対やってほしい1作!
最後まで詳しく語られることがない闇深な雰囲気も好みだけど、なによりゲムパ活用が最高。
ゾンビUが上手いことゲムパ活用してると思ってたけど、こっちはWiiUでしか出来ないゲームになってると思う。
おかげで、この楽しさを知る人が少なくてもったいない><

スイッチも一応、タブ画面があるから移植しようと思えば出来るのかな?
もし、移植されたらぜひプレイして、ユーエクスプロー社と安全担当オペレーターのアレックスに怒りを感じてほしいねw

11

08

コメント

スターフォックス零

utyukitune.jpg

こういうSF感好きw
ということで。
zakokitune.jpg
ヘボヘボながらも、なんとかクリア。
分岐ルートはまったく触れずにやったのでいつかやるかな、やらないかな。分からない。

外伝のアドベンチャーを除いて初めてのスターフォックスだったけど、とにかく操作に慣れなかった。
推奨されてるゲムパにコックピット視点がどうにもしっくりこなくて、テレビの方をコックピット視点にすることが多かった。
エスコンとかでもそういう視点にしてたから慣れなんだろうけど、スターフォックスでは、その視点だけでは逆に難しくなる場面も多くて、しっくりこないままゲムパ操作もやってたけど、やっぱり最後までしっくりこなかったかな。
多分、この操作感に慣れて上手に操作できるようになったら爽快で楽しいんだと思う。

難易度は、操作の慣れなさもあって高めに感じた。
もともとSTGが苦手というのもあるし、初見でクリアできたステージはなかったかな><

特に最後の猿狐合戦は、死んだらそこからにしてほしい。
ミッションの最初からとかもう……という感じで、イライラしすぎて死にそうになりながらクリア。
なぜか意地になって、ここは救援物資を受け取らなかったよw
その前の小惑星帯を突破するところは、意地を張らずに救援物資を受け取ったけど><
あの速さは、年寄りの反応速度ではついていけなかった、という言い訳。

総合的には面白かったような、微妙だったような、イライラしただけのような、という感じ。
個人的には、この操作できっちり動かせるようになるために頑張りたいと思わせてくれるほどの熱中度はなかった。
人を選ぶ作品だと思う。

10

29

コメント

バイオハザードダークサイドクロニクルズ



マヌエラタソ……バッドエンドだったっぽい><
ラスト、マヌエラタソにあまり攻撃させなかったら生存エンドあるのかなと思って調べたら、ラストチャプターを10分以内にクリアが条件だったらしい。
クリアタイム10:34だったよorz惜しい><マグナムの出し惜しみがなければいけたのかも。
でも、とりあえずクリアということで。
去年の5月からプレイ開始。1年以上かけるのはもはやお約束だね。
総プレイ時間は忘れちゃった><6時間ちょいだったと思う。

アンブレラクロニクルズに続くバイオハザードのガンシュー。
オリジナルストーリーのオペレーションハヴィエとバイオ2、コードベロニカの3本立て。
オリジナルストーリー以外は、これまでのバイオシリーズのダイジェストのような感じで、無駄を省いてサクサク主要なシーンをやっていく展開。なんだかんだで、こんなゲームやったなと思い出がよみがえる。
一方、オリジナルストーリーはサクサクながらも意外とちゃんとしたストーリー展開だった。
ここから4のクラウザーさんになっていくのね、と思ったり、相変わらず、レオンは行く先々で女をたぶらかしていくのね、と思ったり。
それにしても、マヌエラタソをこれだけで終わらせるのは勿体ないよ。はあ、可愛い。

難易度は、アンクロよりは簡単になったような気がする。
なんだかんだでSランクをよくとれた。
ほとんどがAかSだったので、ほとんどCだった前作と比べるとランクの判定難度は確実に下がってる。

あと、HSがでやすくなったので一発でゾンビを倒せる爽快感が増えた。
その一方で画面の揺れが尋常じゃないので、当たってんだか当たってないんだかよく分からなくなる時も多々w
人によってはこの揺れで酔うかもしれない。ゲーム酔いする人は注意。
で、この揺れが原因で狙って撃ちたくても狙えないので、うっかりすると弾が足りなくなることもしばしば。
私はボス戦でハンドガン一本で戦う羽目になりまくりでした。
そんなとこまで過去バイオの伝統受け継がなくてもいいのに……
でも、狙ってないのにHSはよく出るので絶妙のバランスなのかも^^;

前作では武器を変更する時に順番が決まってて、瞬時に必要な武器に変更が出来なかったけど、今作ではFPSなどによくある十字キーに任意の武器をセットしておける仕様になったのがよかった。
やりこみ要素は相変わらず、場所を知らないと無理。場所を知ってても無理><みたいな難易度。
画面が揺れる分、オブジェクトを壊すのも一苦労なので、この点は前作より難しいかもしれない。

そんな感じで、ゲーム的な難易度は全作と比べて下がっていると思うのでプレイしやすかった。
バイオの思い出を振り返ることもできて楽しかったね。
今だったら、HD版のPS3版がいいのかな。カプンコのことだからPS4版とかさらっと出してきそうだけどw

09

28

コメント

バイオハザード0



ソフトが読み込まずに断念したGC版を経て、Wii版でクリアしました^^
ぎり9時間きるくらいのプレイ時間でランクC。こんなもんでしょ……

初代バイオハザードの前日譚。全体的にストーリー性は薄めかなぁ。
特に敵側が薄くて、このグロイ奴は結局なんだったっけ?と思ったり思わなかったりした。
一応、ナンバリングだけど外伝的な位置づけなのかな。
これだけの体験をした直後にまた大変な目に遭うレベッカたん可愛いよ。
でも、これだけの体験しておいて、初代バイオでは新米ぶってるのもなかなかのあざとさとか思っちゃダメだね。0は後出しこじつけストーリーなんだから><
そういや、今のバイオにレベッカはいるのかな? 4以降やってないから分からないけどどうなってるんだろう。

難易度は割と高め?ラスボスは驚きの弱さだったけど、雑魚敵が面倒。
ラジコン操作は特に問題ないけど、弾数が厳しいのとゾンビが硬いのが上手いこと噛みあって難しくなってた。
あと敵の再配置が多く、安全な通路ヒャッホーと思ってたら、ゾンビが復活してて逆にヒャッホーされたり。
あと、レベッカの防御力が低すぎて単独行動の時は辛かった。単独行動する機会はあまりないけど。

これまでのバイオと違うのは、操作キャラを切り替えるザッピングシステムとアイテムボックス廃止。
ザッピングシステムで面白さが変わるかっていうと特にそんなこともなかったかな。
先述したようにレベッカが打たれ弱いせいで、もっぱらビリーを使うしかなく、ザッピングなにそれおいしいの?といった感じ。

それよりも、アイテムボックスさんの廃止が辛すぎた。
持てないアイテムは部屋に置いていけるんだけど、あとあと必要になるアイテムの置き場所を間違うと、かなりのマラソンを強いられる。初見だと必要なアイテムが分からないから結構なマラソンをやった^^;
Wii版でやりなおしたから初見じゃないところもあったけど、覚えてないから初見と一緒の過ちをくりかえしたよ><

アイテムボックスさん廃止に加えて、アイテムの所持数が少ないのも辛かった。
二人とも持てるアイテム数が6ブロックにも関わらず、ショットガンやグレランで2ブロック使うし。
私の中でショットガン先輩は常に持っておきたい存在なので、アイテム欄を圧迫するから泣く泣く置いていっては、マラソンで取りに戻るを何度かしたよ。せめて、全部のアイテムが1ブロック消費ならマシだったかも。

ということで、全体的に面倒な移動が多かった印象で、ホラー要素は薄め。レベッカたんは可愛い。
総合して、可もなく不可もなくってところ。
とりあえず分かったことは、アイテムボックスさんは神!

08

03

コメント

Bit Trip Presents... Runner 2 リズム星人の爆走

bakuso.jpg

超フツーで全ステージクリア。7時間くらい。
ストーリーはあってないようなものなので割愛。
結構、へんてこな世界観にキャラクターだった。

勝手に右へ走るリズム星人ことコマンダービデオが敵や障害物にあたらないようにアクションするラン&ジャンプ系のゲーム。
アクションは、単純なジャンプ、スライディング、キック、スライディングキック、防御などに加えて、ステージ上のギミックを使ったアクションもあり、結構、豊富。
アクションのタイミング、道中落ちている金塊やリズムをアゲるアイテムを拾う音などがBGMと合うようになっていて、上手くアイテムを拾っていくと心地よいトリップミュージックになってくのがリズムゲー要素かな。

難易度は、初見殺しが多いけど覚えてしまえば、あとは反射神経と集中力の勝負。年取ると辛い要素><
ただステージ途中にはチェックポイントがあるので、そこまでいってしまえばなんとか……ならなくても、ステージ開始前に自由に激ラク、超フツー、鬼ムズの3つの難易度を選べるようになっているので、どうしてもクリアできないという時は難易度を下げればクリアまでは絶対できると思う。

やりこみ要素として、いくつかのリワードが用意されている。
単純なステージクリア数から、ジャンプ回数、滞空時間、ダンスの時間など、大体がプレイしてたら勝手に埋まってくものばかり。
ただパーフェクト評価だけは、そう簡単にはいかない。
パーフェクトは、まず金塊とリズムアイテムを全て取る必要があって、さらにパーフェクト+を狙うには、パーフェクトクリア後の人間大砲ミニゲームでコマンダービデオを的の真ん中に命中させなければいけない。これが意外と慣れが必要。
なので、全ステージ、全難易度でパーフェクト+達成しようと相当やりこむ必要がありそう。達成する気はない><
あとステージ中に隠しステージへの分岐やコスチュームの入った宝箱、レトロ調のボーナスステージができるファミコンカセットみたいな集め物があったり、色々、やりこみ好きな人も楽しめるようになってて、なかなかのボリューム。

難点は特にないかな。シンプルゲーだからね。
強いて挙げれば私の年齢による反射速度の遅さが難点だよ><
ゲームしたいけど時間あんまりないなって時に、サクッとしてサクッとやめることができる手軽さも魅力。
あと、おっ!と思ったのがラスボス戦。
これまで左から右に走ってたのが、ラスボスだけ右から左だったところが変な世界からの脱出感があってよかった。
慣れないので難易度もあがったけどw

このシリーズ初めてプレイしたけど、どうもチェックポイントが導入されたのは今作からみたいなのでそれ以前のは買わないかなw
チェックポイントなかったら、イライラゲーになる予想が簡単にできるよ><
でも、今作は本当に楽しめたのでおすすめ。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad