01

04

コメント

蒼き雷霆 ガンヴォルト



プレイ中ゲームにまったく進行状況残してなかったけど、地味に進めてました。
ロックマン風2Dアクション、蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト。
このタイトルから見て分かる通り、みんな大好き二つ名やキラキラチックに難しい漢字をカタカナ化した必殺技などラノベチックな厨二臭さが随所にみられる良作アクション。

セブンスと呼ばれる能力者を管理する皇神(スメラギw)グループに敵対する組織フェザーに所属するガンヴォルト君。
サイバーアイドルモルフォちゃんを皇神グループが大切にしてるから抹殺してやんよ、と出向いたら、モルフォちゃんを作り出してる能力者シアンちゃんと出会っちゃって、あまりの可愛さに抹殺やめて同棲はじめるわ!とフェザーを勢いで抜けちゃった。
俺たちのアイドルを返せ!と皇神グループの魔の手が迫る、仕方ないから戦うわ!

みたいな熱いストーリーです。半分くらい嘘。

アクション初心者でも楽しめるような工夫がされていて、特に雷撃鱗という電気のバリアは攻撃面、防御面で役立つ。
敵に避雷針(ダートw)をぶつけてロックオンし、電撃鱗で一斉撃破する爽快感。
どう考えても避けられませんけど?という激しい攻撃でも電撃鱗を展開させることで無効化することができる。
一応、電撃鱗にはゲージがあって、それが0になると少しの間使えなくなるなどの制限はあるけど、ゲージの回復は十字キー下2回押しですぐにできるので、ゲージ管理さえしっかりしてれば、ほぼノーダメでステージを進めることもできるようになっている。

それでも、ボス戦は若干歯ごたえがあった。特にラスボスが何度やっても倒せなくて心折れかけた。
その理由はいろいろあるんだけど、まず最後の時間制限に気づかなかったっていうのは大きい。
最後、ラスボスは触れたら即死するブラックホールみたいなのを空からじわじわ落としてくるんだけど、止める方法があるのかと思っていろんなチャレンジをしたよねw
身動き取れなくなる前に倒せっていうメッセージとは思わないじゃん……><
もういい加減、死ぬのに飽きてラスボス戦の動画見てみてやっと気づいたよ。

もう一つの理由が、スキルのセット方法が分からなかったことだよ。
これも動画見て気づいたんだけどw
それまでライトニングスフィア一本でやってたから、ラスボス固すぎ、全然ダメージ通らんわ、みたいな。
あと武器の選択も、ギドラ一択だったけど動画ではオロチ使ってたから真似したら強かったw

そういう諸々があって、ラスボスをやっとこ倒したと思ったら、え?なにこの終わり方……
なにやらシアンちゃんが「いいもの拾ったら私にプレゼントしろよ!^^」的なことを言ってたので、たぶん、隠しアイテム的な物がステージ上にあるのかなと思うけど自力で探すの辛いので攻略サイト見よう……
あれだけ頑張って倒したのにこんなモヤッとした終わり方するなんて。っていうか、アキュラ君ざっこwwwwとか思ってないよ><

2周目もぼちぼちやってく予定だけど続編はどうしようかな?と思ったら新春セールで半額になってたから買ったった^^
ちなみにちょっと気になった方は、1作目と2作目が入ってるストライカーパック買った方がいいかも。
そんな感じで、なかなか歯ごたえのあるラノベチックな2Dアクションでした。
スポンサーサイト

09

10

コメント

デビルサマナーソウルハッカーズ



やればできるんだぜ!
ということで、ラスボス強そうだから放置してたソウルハッカーズをサクッとクリアしました。
ボスがハルマゲドンを連発してきた時は、もうすぐ終わるんやなと感慨深いものがありましたね。
どうやら2周目とかエキストラダンジョンがあるみたいだけど……そこまでやらんがな!><
だってねぇ、なんていうの、私、RPGそんなに好きじゃないというか、積んでるゲームが多いというか、ねぇ?
時間が出来て、積みゲーが全てなくなったらやるよ><
ということで、1周目だけの感想タイム。

主人公はハッカーグループの一員で、市が推進する仮想都市パラダイムXをハッキングしたことから、天海市の真の目的を知ってしまい、なんだかんだで陰謀渦巻く冒険の旅が始まるよーっていう感じのお話。
15年前くらいの作品なので、まだ今ほどネットワーク技術などもすすんでなかっただろうし、当時ではかなり時代を先取りしたストーリーだったんじゃないかな。

天海市の全体マップから人生ゲームの棒人間みたいな主人公アイコンを移動させて目的地へ行く2Dマップと目的地でび3Dダンジョンからなるシステム。敵が出るのはダンジョン内のみとなっている。
3Dダンジョンは、下画面に全体マップを表示することができるようになるので、それほど大変ではなかった。
ただ敵がよくでるので鬱陶しい。
そんなにアトラスゲーをやったことがあるわけじゃないけど、基本的にエンカウント率は高いイメージがあるね。

バトルシステムはターン性のコマンドバトル。
剣、銃、魔法、仲魔の特殊スキルなどを駆使して戦っていく。
オートシステムがあるので、ボス戦のようにある程度こちらの攻撃パターンが決まっていて長くなるような戦闘は放置も出来るので面倒くさがりでも安心。気が付いたら主人公がやられてたとかそんな経験ないよ。ないから><

バトルのもう一つの楽しみというかゲームの肝が悪魔との会話。
悪魔にはそれぞれ性格があるので、どういう会話が好まれるのか、仲魔になってくれるのかなどが違って面白い。
仲魔になったあとは悪魔同士を合体させて強化したりする楽しみがある……けど、私はあんまり仕組みを分かってないし、分かる気もなかったので適当に強そうなのを合体させてただけっていうダメっぷりwでも、はまる人は超はまるシステムだと思う。

昔のゲームだけど、そんなに古臭さは感じなかったし最後まで楽しめました。
ただ、フルボイス化された弊害だと思うけど、主人公の名前を誰一人呼んでくれないのはちょっと不自然だったねw
文字だけだった頃はそのまま最初につけた名前で呼ばれるんだろうけど、これが音になると「君」とか不自然な感じになって笑える。幼馴染なのによそよそしいよ、ひとみちゃん……>

09

03

コメント

3DSダイレクトとかサクッとMiiとか

久しぶりのダイレクト感。
マリパは楽しそうだけど、もうみんなでキャッキャやる年じゃないんで……
スポーツなんちゃらも乗馬はちょっとやってみたいけどレベル。
あとは、戦車ゲーがキャラとか雰囲気よくて一瞬興味を引いたけど、たぶん、最終的にオン対戦がメインになるんだろうなと思うと興味がなくなった。あれだけイカやってなんだけどオン対戦は向いてないw

そんな感じで、今回の発表で気になったゲームはヨッシーウールワールドとピクミンくらいかな。
あと、時のオカリナ廉価版が出るのがヒャッホー。これは買い決定。

ヨッシーウールワールドはいずれ買おうと思ってたので、どうせなら追加要素ある3DS版にしようかなって感じだね。
それにしても、WiiUで出しても売れないからしょうがないとはいえ、こんなにすぐ追加要素つけて移植されちゃうとWiiU版買った人はゲムパ叩き割っちゃうレベルの話だよ。ホントにこの間、勢いに任せて買わなくてよかったわ><

ピクミンは2Dアクションみたいだけど、それなりにピクミン要素を含んでて悪くはなさそう。
でも、なんでピクミンで2D?という気持ちもある。
もう2Dアクションはいらなくない?ってくらいタイトル持ってるのにね……
まだ情報少ないからあれだけどチビロボの時と同じこれじゃない感が強くならないことを願います。

あとは、すれちがいMiiのゲームも追加されましたね。
調子に乗って全買いしたので、初プレイの感想をサクッと。

・株トレーダー
短い取引時間で考える間もなく胡散臭いアナリストにのせられて損をするのも一興。
・スロットカー
タイミング覚えゲー。調子に乗ってクラッシュして、初っ端から負けるのも一興。
・勇者食堂
深夜にやるとセルフ飯テロ。自分の料理を食べた勇者の活躍が勇者新聞で見られるのが楽しい。
・大砲忍者
全裸で敵に特攻しながら空中で装備ゲットとかバカゲー以外のなにものでもない設定w
すれちがった人数が一人だと一回で敵が倒せないのが難かも。
・探検隊
すれ違った人のその日の歩数分だけ探検が出来るというこれまでにない感じのゲーム。
ただ歩くのを見ているだけかと思ったら、途中で猛獣を倒したりとミニゲーム要素があったので油断できない。

サクッととついているだけあって、全体的にこれまでのすれちがいゲーと比べてシンプル。
値段も300円と若干、安くなってるし、全部買っても900円なのでつまらなくても懐はそんなに痛まないかな。
すれちがいゲーですることなくなってる人なら買いかも。帽子ももらえるよ><

05

28

コメント

頭カラカラのカラ

唐突ですが、私はホントに頭が悪いので戦略シミュレーション的なゲームは出来ません。
だから、体験版楽しかったけど頭悪くて詰むだろうなと思ってリンカーンVSエイリアンは買わなかったんですよね。
ということで、大昔、クラニンポイントでもらった「ファミコンウォーズDS失われた光」をこれまで放置してました。
放置した理由は、ステージ10がクリアできなかったからです。
どう足掻いても敵のユニットがどんどん増えて、なすすべもなく散りまくったからです。

このクソゲーがっ!

自分がクリア出来ないゲームは全てクソゲーというキッズ思考に陥るくらいクリアできなかったんですよね。
で、まあ、今日あまりの忙しさにシオカラーズアミーボの予約日ってことを忘れて(頭カラカラだからね)色々なネットショップ探してみたら軒並み完売で絶望したので、とち狂ってステージ10に挑戦したんです。そしたら――

あれ? なんか私のユニットの方が多くなってない?
あれ? これもしかしたらいける?

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

ということで、ステージ10を突破。苦節○年、泣けますね。
今、このゲームやってるのなんて私くらいのものじゃないですかねw
正直、ステージ10が難しすぎたので、これで終わりやろと思ってたら続いたので、一体、全何ステージあるのかなと思って攻略サイト探してみたらステージ26とか……

このクソゲーがっ!

自分が絶対にクリア出来そうにないゲームは全てクソゲーという(ry
ステージ10でこの難しさよ? ステージ26とか……無理でしょorz

はぁ、前回の例もあるし、リアル店舗なら余裕でシオカラーズセット予約出来ると思うので明日行くかな。だるいわ。
飛行機が遅れたり、行って戻ったりしたせいだ。JALめ、許さん><

03

25

コメント

レイトン教授vs逆転裁判



マホーネちゃんとクローネちゃんの百合はありますっ!><

マホーネちゃんはこれからに期待だけどクローネちゃんはガチ!w
ということでクリアしました。
すごい爆死した感のあるワゴン価格になってたから、どんだけつまらないのかと思ってたけど、舞台となるラビリンスシティの雰囲気のおかげか絵柄の違いも全く気にならなかったし、意外や意外、二つのゲームの要素がいい具合にマッチしていて最後まで楽しめた。プレイ時間は20時間くらい。DLシナリオはまだ未読。

全体の雰囲気やシステム周りはレイトン教授より。
町を移動しながら人と話をして、ちょいちょい謎を解いていく感じ。
逆裁だとちょっと捜査パートは単調になりがちだけど謎要素がそこに入ることで単調になるのを上手いこと防いでた。
途中、お互いがメインとなって進めるパートもあるので、レイトン教授とナルホド君のどちらか一方が目立つということもなく、協力している感じがよかった。

ゲームのメインとなる魔女裁判パートもいい出来。
こっちは逆裁要素がふんだんで、証言を聞いて、ゆさぶって、つきつける!という流れ。
また複数の証人がいることで1人の証人の言葉に反応した別の証人を追究するという新システムが入っている。
これが熱い裁判をさらに盛り上げてくれたかな。
ただ裁判パートはちょっと腑に落ちない点もあって難しく感じた。
終章では「もうやめて、私の弁護力は1よっ!」ってなってました><

ストーリーは、割とレイトンのとんでもストーリーよりかな。
逆裁のストーリーあんまり覚えてないからどっちもとんでもかもしれないけどw
特に終盤はもう、えっ? えぇっ!? えぇえええええっ!?みたいなw
かなり強引な感じにまとめてくれたので、よくよく考えると引っかかる点がいくつかあるけど、なんだかんだ最後まで惹きこまれたから目を瞑っていいんじゃないでせうかw

悪かった点は、本家に比べて謎が簡単すぎたし少なかったことかな。
裁判パートの方がボリュームは多く感じたし。でも、そんなことは些細な事なんだよね。
一番、悪かったのはナルホド君の声だよ。
本当に酷すぎてね……喋るな。頼むから喋らないで、お願いします。と頭を下げたくなるレベルだった。
レイトン側も別に上手くないけど、ナルホド君のおかげでうまく聞こえるくらいだったよw

本当に声の点をのぞけば良作だったと思います。
なんでワゴンなのか分からない><
ガチの逆裁、レイトンファン的には、そんなもんつくるより新作はよっみたいな感じだったのかな。
両方やってるけど、そこまで思い入れ強くない私みたいな人にはおすすめかもw
そして。

マホーネちゃんに振り回されるクローネちゃんでお願いしますっ!(ナゾ)><

ジーケンめ、EDイラストでクローネちゃんといい雰囲気醸しやがって、やろうぶっころしてやる(ドラえもんだらけ感)
最近、ドラえもん読み返してるけどドラちゃんって何気に口が悪くて面白いw

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad