11

22

コメント

ゼルダの伝説 神々のトライフォース2



ラヴィオお前もうちょっと頑張れ!という感じでクリア。
携帯機のゼルダはDSからタッチペン操作になっていたけど、今作はスティック操作の2Dゼルダなので動かしていてストレスがあまりなかった。タッチペン操作はそれはそれで良い面もあるので好みの問題と慣れの問題だけど。

難易度は低め。
ダンジョンの謎解きもそこまで意地悪でもなく、少し考えたらピコンとくる感じ。
それぞれ特徴があるダンジョンはいいんだけど、ボスがちょっと弱すぎるwなんか中ボスってくらいに歯ごたえがない。
特にラスボスはもうちょっと頑張れよ><と思わないでもなかった。

ストーリーは割と好み。
ハイラルとロウラルという正反対の二つの国。
ゼルダとヒルダという国を守る姫とリンクと…という国を守る勇者。
この対比が分かった時の、おおっ!という感じがたまらない。
そして、たった一人で崩壊する国を守るべく行動したヒルダの悲哀。
ロウラルについてから、なんやこのゼルダもどきwと思ってたけど、ラストの展開にはグッときた。
それがあっての救いのあるエンディング。バッドエンド好きの私でも素直によかったね、と思えた。

システム面は結構、これまでの2Dゼルダからは一新されてた。
今作は特に高低差に力が入れられていて、最初はちょっと変な感じもしたんだけど、その立体感が謎解きにも活用されているのが慣れると面白かった。特にバネを使って上の階に飛んでいったりするところとかね。
またもう一つの面白さが壁画になって進むという要素。
通常ではいけないところも平面になって活路を見出したりし、ボス戦でも壁に隠れて避けることができたりといい感じにゲームの中に新要素として落とし込んでた。
もちろんストーリー上、壁画になれる理由もしっかりとあるのですんなり使っていけた。

そして、これまでのゼルダはダンジョンで新しいアイテムをゲットして、次のダンジョンへ行くという流れだったけど、今作にはアイテムがレンタルできるようになっており、好きなタイミングで必要なアイテムを借りて、自由に行くダンジョンを選べるようになっている。
ゼルダの当り前の見直しはすでにはじまってたのかな?という感じだね。
レンタル中に死んでしまうとアイテムを再度レンタルしなければいけないので、いつものハートが少なくてもヒャッホィ猪プレイをして、うっかりダンジョンの途中で死んだ日には面倒なことに。特に序盤はレンタル代もバカにならないので、命大事にお金大事にという慎重プレイになっちゃった><

やりこみ要素として、二つの世界に散らばったマイマイ集めやミニゲーム、すれ違いバトルの勲章集めなんかがあるけど、マイマイ以外はやってもやらなくてもいいけど、やると楽しいという、ある意味正しいやりこみ要素かなと。

という感じで、ボリュームはあまりないものの、ストーリー、システム、操作性もろもろ総合して満足。
私も大概ゼルダをやってるけど、ゼルダシリーズの中でもかなり上の順位にくるレベルで好きかも><

11

03

コメント

ポチと! ヨッシー ウールワールド



ストーリーはクリア。
カメックのベビークッパ子守大作戦に巻き込まれたヨッシーというストーリー。
ストーリーなんて飾りです。毛糸のカービィ同様にあたたかくてほのぼのした世界が大事。

でも、このほのぼの感に騙されちゃいけない!><

意外にも難易度は高いです。正直、この難易度は予想外。
うちのママンもプレイできるかなと思ってたけど途中で無理かもとなった。
まあ、ヨッシーが羽根で飛べるエンジョイモードが用意されているので、プレイしようと思えばできるかもしれないけど。
あと、道中手に入るパワーアップワッペンも使えば、かなり簡単になるのかな。
使ってないから、どんな内容のワッペンがあるのか分からないけど、誰でもがクリアできるようにはなってるのかも。

全6ワールド、8ステージ。それぞれ特色があって、ステージギミックも豊富。
ヨッシーの変身要素もいっぱいで飽きさせない。
また単純に左から右へ進むのではなく、ある程度、自由に探索できるようになっていて若干のメトロイドっぽさというか、ゼルダっぽさがあり、ただの2Dアクションゲームに留まっていない。
その探索のおかげで1ステージのプレイ時間が長くなるのは、よくもわるくもといったところ。

で、なにを探索するのかというと、やりこみ要素でもある集め物。
1つのステージに5つの花と5つの毛糸、パワーアップワッペンの元が20個隠されているので、ステージをくまなく探さないといけない。なかなか初見では見つからないように巧妙に隠されている。
さらにやり込みとして、体力20、つまりノーダメージクリアの要素もあるので、やりこみ派も満足するボリュームになっていると思う。
やりこみの中でも花はすべて集めることで、タマゴステージが解放されるので集めたいところ。
なお、私はタマゴステージをまだ一つも解放してないよ><

3DS版で追加されたポチのドッグランモード、これがまた楽しい。
操作はジャンプの調整だけ。
ポチは勝手に左から右に走るので、ジャンプのタイミングを計って規定数のビーズを集めたり、ポチの仲間を集めたり、3つの風船を割るのがクリア目標。単純ながらも奥が深いものになっている。
正直、楽しすぎて、全部で6つのコースだけでは物足りない。
DLゲーでいいからポチのドッグランモードだけを出してほしい。キノピオ隊長みたいな感じでオナシャス><

ということで、操作性もよく、ギミックやステージの内容、細かなアクション面など総合的に満足な一作。
アクション好き、探索好きにはおすすめ。
また私は興味ないからほとんどやらなかったけど、エディットモードというのがあって、自分のオリジナルヨッシーをつくることもできるので、そういうのが好きな人にもおすすめ。
まだまだやりこみがいっぱい残っているので長く楽しめそうだね。

こちらは悲しみのWiiU版。ドッグランモードはないけど、グラフィックは絶対こっちの方がいいだろうね。

08

28

コメント

マリオ&ルイージRPG4 ドリームアドベンチャー



ようやっとクリア><
買ったの2015年とか、時の流れ早すぎて笑うw

クリアデータはこんな感じ。
marirui.jpgmarirui2.jpg


マクラノ島へバカンスにきたマリオご一行。
案の定、ピーチ姫が何者かにさらわれたので助けに行くよというのが大まかなストーリー。
今回は夢世界にピーチがさらわれてるので、夢と現実の世界を行ったり来たりすることになるんだけど、夢世界は2Dアクション、現実は3Dフィールドという風に明確に操作がわけられてる。
それぞれの世界でできることにも違いがあって、そこらへんは楽しかった。

操作は、Aボタンでマリオ、Bボタンでルイージ、Rボタンで道中覚えるブラザーアクションを切り替えて、道を切り開いていく感じ。
RPGというよりもアクションRPGだね。
フィールドをウロウロしている敵とぶつかるとバトル開始。
この時、敵を踏みつけるか、ハンマーで殴ると先制攻撃ができるのもこれまでのシリーズと一緒かな。

バトルシステムも特に大きな変更はないような。
基本的にこちら側の攻撃は、ジャンプで踏みつけるか、ハンマーで叩くかの2つ。
敵に攻撃があたる瞬間にタイミングよくボタンを押して、ダメージ増減が決まる。
それに加えてマリオとルイージが協力して行うブラザーアクションという必殺技のようなものがある。
ブラザーアクションは一気に敵を蹴散らせる爽快さがある一方で、ちゃんと練習しておかないと失敗して1ターン無駄にしてしまうイライラもあったw説明が分かりにくいんだよね><

敵の攻撃の時には、攻撃の癖をつかんでジャンプでかわしたり、ハンマーで反撃したりするといった感じ。
ただ年をとると反応速度が落ちて、敵の攻撃をなかなかかわせなくなって悲しいw
上手な人はほぼノーダメでバトル終了も可能なんだろうけど、私には結構な難易度だった。

その難易度もあってか、最初は楽しかった戦闘も中盤あたりから苦痛にw
敵の数が結構多いし、積極的にぶつかりにくるので避けるのも面倒。
その上、敵の体力は上がってるし、攻撃もしつこいし、一回の戦闘にかかる時間も伸びてくるというダルさ。
色々なマイナス面が重なって、フィールドの移動がだるくて仕方なかった。

それに輪をかけてだるいのがボス戦。
通常のボス戦と巨大ボス戦があるんだけど、どっちも時間かかり過ぎてダルい。
特に巨大ボス戦はアニメーションも長くて、攻撃するよりもひたすら避けることばかりが求められるし、微妙な操作感のジャイロで避けゲーさせられるし、ミスったら最初からだし、とかいううんざりする仕様。
通常のボス戦は特にクッパ戦が大概うざかった。強いというよりもひたすら面倒くさい。
あの雑魚敵の山を一発で切り崩して、クッパに回復させない猛者がいるのかと疑問に思うレベル。

そんなわけで、総合的にはそれなりに楽しめたけど、やっぱり戦闘要素がだるいってのは致命的かな。
でも、今なら多分1000円以下で買えると思うので、その値段なら損はないと思う。
マメ集めや写真、ミニゲームなどのやりこみ要素も豊富だし。ゆっくりとりくむ系の人ならおすすめ。

07

15

コメント

シャンティ -海賊の呪い-



とりあえず、クリア?
なにも解決せず、バッドエンドみたいな終わり方だったから、もしかしたら、ハートスクイッドか闇の魔法を全部集めるとエンディングが分岐するのかもしれない。あとで調べよう……

ジャンルは2Dアクションアドベンチャー。
実は3作目ということで、キャラクターたちの関係性がちょっとあやふやだけど、前作でなにかあって魔力を失ったシャンティがライバルのリスキィ・ブーツと協力して悪者を倒すというお話かな。
この二人の関係性がよく分からないけど、ライバル百合いいよね^^と思えばいいんです。
翻訳がちょっと変だったり、文章の区切りが変だったり、そこはかとなくローカライズもうちょっと頑張れ感が漂ってるけど、意味不明というわけでもないから、キャラクター同士の掛け合いは面白可愛かった。

道中のアクションと先へ進むための謎解き部分などを含めて難易度はそこそこ。
ライフがなくなってゲームオーバーになるとセーブポイントからなので、そこまでの道のりが長かったりするとダレる。これはしょうがない部分だけど。
ただ敵を倒したり、ツボを壊したりすることで回復アイテムが結構拾えるし、街に戻って買い足しもできるので、こまめに回復していけばそんなにゲームオーバーになることはないかな。
2Dアクションに慣れてる人ならそれほど難しくはないかもしれない。

最初はジャンプとポニーテールを使っての攻撃しかできないけど、ステージごとに一つずつアイテムが解禁されて、銃や滑空、ダッシュ、3連続ジャンプなど出来ることが増えて、それまで見えてるけど行けなかった部分に行けるようになったりと、メトロイド風の探索がこのゲームの肝と思わせて、やっぱり魅力的なキャラクターたちが肝。
終盤、悪者に捕まって弱ってるリスキィの絵が可愛かったよ><
そんな立ち絵もいいけど、操作中の細かな動きまでしっかり表現されているので動かしてても楽しい。
あとゲームの雰囲気にマッチしたアラビアンティストの音楽がよかった。

とりあえず、次は攻略見ながら集め物しっかり集めてみるけど、往年の2Dアクション好きなら絶対買いだと思う良ゲー。
前作がVCにあるらしいので買ってみようかな。

09

10

コメント

デビルサマナーソウルハッカーズ



やればできるんだぜ!
ということで、ラスボス強そうだから放置してたソウルハッカーズをサクッとクリアしました。
ボスがハルマゲドンを連発してきた時は、もうすぐ終わるんやなと感慨深いものがありましたね。
どうやら2周目とかエキストラダンジョンがあるみたいだけど……そこまでやらんがな!><
だってねぇ、なんていうの、私、RPGそんなに好きじゃないというか、積んでるゲームが多いというか、ねぇ?
時間が出来て、積みゲーが全てなくなったらやるよ><
ということで、1周目だけの感想タイム。

主人公はハッカーグループの一員で、市が推進する仮想都市パラダイムXをハッキングしたことから、天海市の真の目的を知ってしまい、なんだかんだで陰謀渦巻く冒険の旅が始まるよーっていう感じのお話。
15年前くらいの作品なので、まだ今ほどネットワーク技術などもすすんでなかっただろうし、当時ではかなり時代を先取りしたストーリーだったんじゃないかな。

天海市の全体マップから人生ゲームの棒人間みたいな主人公アイコンを移動させて目的地へ行く2Dマップと目的地でび3Dダンジョンからなるシステム。敵が出るのはダンジョン内のみとなっている。
3Dダンジョンは、下画面に全体マップを表示することができるようになるので、それほど大変ではなかった。
ただ敵がよくでるので鬱陶しい。
そんなにアトラスゲーをやったことがあるわけじゃないけど、基本的にエンカウント率は高いイメージがあるね。

バトルシステムはターン性のコマンドバトル。
剣、銃、魔法、仲魔の特殊スキルなどを駆使して戦っていく。
オートシステムがあるので、ボス戦のようにある程度こちらの攻撃パターンが決まっていて長くなるような戦闘は放置も出来るので面倒くさがりでも安心。気が付いたら主人公がやられてたとかそんな経験ないよ。ないから><

バトルのもう一つの楽しみというかゲームの肝が悪魔との会話。
悪魔にはそれぞれ性格があるので、どういう会話が好まれるのか、仲魔になってくれるのかなどが違って面白い。
仲魔になったあとは悪魔同士を合体させて強化したりする楽しみがある……けど、私はあんまり仕組みを分かってないし、分かる気もなかったので適当に強そうなのを合体させてただけっていうダメっぷりwでも、はまる人は超はまるシステムだと思う。

昔のゲームだけど、そんなに古臭さは感じなかったし最後まで楽しめました。
ただ、フルボイス化された弊害だと思うけど、主人公の名前を誰一人呼んでくれないのはちょっと不自然だったねw
文字だけだった頃はそのまま最初につけた名前で呼ばれるんだろうけど、これが音になると「君」とか不自然な感じになって笑える。幼馴染なのによそよそしいよ、ひとみちゃん……>

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad