04

25

コメント

百円の恋



自堕落な生活をおくるアラサーニート女が家を追い出されてから、色々あって失恋してボクシングに目覚めるお話だよ。

あいたたたた、この映画、私のことかな?><
ってほど自堕落な生活は送ってないけどw
私はニート引きこもりの癖に生活はものすごく規則正しい早寝早起きだよ。
ワンコがいなくなっても長年の生活習慣は変わらないみたいだよ。
胃腸が弱いから自堕落に食っちゃ寝ができないので太れないし……胃腸が強くなりたいねぇ。

ってか、実家が弁当屋してたら私なら手伝うわ。
実家が商売やってるってコミュ症には羨ましい環境だと思うのに、なぜこうなったんだろうね。不思議だね。
全体的に私には理解できない不思議な流れの作品だけど。こういうのさっぱり分からないなぁ。
男も恋愛もセックスも自分を変える原動力にはならない、結局、自分が戦って変わるんやで、っていうのをボクシングに引っかけた話かと思ったけど、結局、最後は男に戻るし、よく分からないなぁ。
体張ったら演技派ってのもたいがい白けるね。

04

24

コメント

秒速5センチメートル



運命の相手だと思っていたのは男だけっていう切ないお話だよ。

でも、微塵も切なさを感じないのは薄っぺらすぎて寒気がするからだよ。

第一話は中学時代が舞台のはずなんだけど、この二人は親がいないの?と思ってしまうシチュエーション。
遠くまで会いにいくなら土日のどっちかでいいじゃん。
なんでわざわざ放課後に?と疑問だし、二人が帰ってこなかったら心配してもおかしくないのに、親に連絡する描写もなく、なぜか二人で汚い小屋に泊まる。

障害があってなかなか会えない二人を描きたかったんだろうな、と思うけど寒い。
ひたすら男の子がポエムってるだけで、女の子の気持ちは一切描かれないので、まさかとは思いますが、この女の子はあなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか?と、どこかの精神科医のような気分になった。
だったら、家族が一切出てこないのも納得なんだけどw
風景のリアルさの割にリアリティがなさ過ぎる展開が続いて、私の心も吹雪だった。

2話、3話では中学の時の行動力はどこ行った?と人が変わったかのようにひたすらポエムに引き篭もってしまう主人公。
運命を感じた割にはそれ以降、一切、なんの行動もしないって、やっぱりヒロインの子は想像上の人物なんじゃ?w
最後は初恋を理由に仕事までやめちゃう謎展開。
という感じで、ずっと独りよがりの妄想を見せられているかのようなうすら寒い話だった。

背景美とポエムが好きな人なら感動するのかもw

03

23

コメント

ビッグ



12歳の少年が朝起きたら30歳になっちゃったっていうお話だよ。

面白かった。
トム・ハンクスの表情が、大人が子供を演じてますという感じではなく本当に中身が子供という感じがしてすごいw
全体的にはファンタジー。
ジョッシュは、ちょっと12歳にしては行動が幼すぎる気もするし、いくらおもちゃ会社に子供の考えが最適とはいえ、こんなにトントンといくわけがないからね。社会保障番号がでたらめってのも、普通はすぐばれそうだし。
しかし、そうしたことも気にならないくらい大人社会に交じってしまった子供目線が面白い。

そして、恋愛。
最初はつんつんした感じのスーザンがピュアっピュアなジョッシュと出会うことで、段々ほどけていく感じがよかった。
ただセックスしちゃうとは思わなかったわ><
致しちゃった後から、段々とジョッシュが大人の世界に順応していくのがちょっと寂しいよねw
親友のビリーとも溝ができてしまったり。
でも、結局、大人になりきるまでには至らず。スーザンが最後にジョッシュを見送る姿が切なかった。

評判通りの名作だった。
子供も大人も楽しめる作品だと思う。
子供の時に見てて、大人になってからみると、感想がまた変わりそうだよね。
社長と一緒に床のピアノを演奏するシーンは名シーン。
というか、社長みたいな大人いいわ><

03

10

コメント

ビバリーヒルズ・チワワ



ビバリーヒルズのセレブチワワクロエがひょんなことからメキシコで迷子になって大冒険というお話だよ。

ディズニーなので誰でも安心して見られる犬作品。
でも、犬が喋る系なので苦手な人は注意。
あと若干、人間にオモチャ扱いされがちな小型犬を皮肉った描写もあるので、そういうのが不快に感じる人も注意かなw

冒頭、人間のセレブ同様のひくくらいのセレブ生活を送る犬たちの会話にはじまり、セレブではない一般犬のパピとの格差。
そこからメキシコで一気に転落して野良生活に落ちるクロエ。
野良なのに気品はたっぷりで可愛い。チワワは特に好きではないけど可愛いよ。
でも、お姫さまっぷりに若干、うんざりしながらも守る元警察犬のデルガドの方が好きです><
そんなイケメンデルガドに守られながら冒険をしていく中でどんどん変わっていき、最後に残っていた靴を自分で捨てるシーンがよかった。

全体的にはテンポよく楽しめた。
ディズニーなので最終的に全員ハッピーなエンディングが待っててほっこりしたね。
ただ本編だけだと、なんでパピの方なん?普通、デルガドやろ><って思ってしまうんだけど、特典の未公開版を見るとパピでも納得かな。でも、やっぱりもうちょっとパピの活躍がほしかったね。

2もあるみたいなので機会があったら見よう。

12

05

コメント

ヒストリー・オブ・バイオレンス



強盗を撃退して一躍ヒーローになったら、マフィアたちに絡まれ出して大変ってお話だよ。

良き夫であるトムがマフィアの弟ジョーイとして過去に凄惨な事件を起こしまくっていた、といきなり言われても信じられるはずがない家族の葛藤とじわじわと暴力の世界が浸食してくる緊迫感が静かに描かれている。
序盤は、マフィアの話が本当なのかどうかということに焦点があてられてすすむので、見ている側も頭のおかしいマフィアなのか、トムが嘘をついているのかというじりじりとした感じを妻と同じ気分で味わえる。
しかし、息子に対して暴力ダメ絶対とか言った舌の根も乾かないうちに暴力振るったり、最初の鮮やかな強盗撃退、など端々からトムの過去がちら見えしてきて、そして――

そういう感じで過去に犯した罪は、どれだけ更生しようともつきまとってくるし、もしも、そうした人と知らずに家族になってしまったらどうするのか、という色々なことが考えられるけど、やっぱり大概人殺しまくっておいて幸せになってんじゃねーよ、と思っちゃうよねw
最後、全てやりきってとぼとぼ帰宅するとこは、ちょっとにわか煎餅のお面でも被りそうなほど情けなくて笑ったけど、ラストはなんかこうスッキリしなかったね。どっちつかずで。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad