06

17

コメント

パーティー★モンスター



N.Y.のクラブ界に実在したカリスマ・ パーティ・プロモーター、マイケル・アリグのお話だよ。

叶姉妹が良く使うファビュラスって単語が台詞の中にあって、これがファビュラスな世界観かと思った。
ただのジャンキー映画だけど、原宿系?とか好きな人は好きかもしれない。
あとは90年代あたりのNYのクラブシーンやサブカルとか好きな人は懐かしいのかな?
とにかく奇抜なファッションをまとったクラブキッズたちが時代を築いては、ドラッグで堕ちていくだけの話。
リアルでもドラッグ付けになったマコーレカルキン君がはまり役と思いきや、その親友ジェイムズ役の方が印象に残った。
全体的には、こういう話はよく分からんねといった感じ><
スポンサーサイト

06

12

コメント

バグダッド・カフェ



砂漠のハイウェイ沿いにある寂れたモーテルに謎のドイツ人おばちゃんがやってきたヤーヤーヤーってお話だよ。

なんともいえない不思議な作品。
特にストーリー性があるわけでもないし、大きなドラマは何一つない。
ただ謎のおばちゃんが地味に動いていくことで、ぎすぎすしていたモーテルの女主人をはじめ、うだつの上がらない人たちの心にちょっとした変化が訪れていく様が上手いこと描かれてたかな。
でも、終盤は女彫り師の姉御じゃないけど、仲良くなりすぎて逆に胡散臭さが強くなって白けちゃった。

05

28

コメント

バッテリー



天才ながらコミュ障の巧君がいい仲間たちと出会って成長するお話だよ。

なかなかいい青春ドラマだった。
なにがいいってセリフが聞き取りやすい。私の邦画の評価ポイントはまずここからだからねw
普通の音量でもちゃんと聞こえるからそれだけで邦画は合格点だよってくらいに声が聞こえない邦画の多いこと。見る気なくすわ。

ストーリー自体はちょっと詰め込み過ぎて、全体的にぼんやりしてる。
特に母親とのエピソードがなさすぎて、多分、感動させるために最後にぶっこんできた母親の応援シーンは、今さら、なにのこのこきてんだ、このクソ親としか思えなかったw
だって、その前に酷いこと言ってたじゃん。むしろ、映画の中でずっと酷い態度だった。
なんの愛情も感じられないネグレクトレベルで、そりゃ、コミュ障にもなるよって感じだったよw
原作ではそういうことないのかもしれないけどね。父親のセリフだけでは母親の気持ちは表現できてなかったと思う。

家族のエピソード以外もちょっと薄いけど、まあ、最終的に巧と豪のバッテリー、その仲間たちが楽しく野球やってたらいいんじゃないですか。おしまい。
それにしても、林遣都は、本当にマンガのキャラクターみたいな風貌で孤高の天才役が様になってたね。岸谷五郎が父親では絶対に生まれない顔だよw

05

16

コメント

バニラ・スカイ



甘い夢と現実どっちを選ぶ?ってお話だよ。

適当感w
リッチでイケメンでコミュ力高いモテて当然のデヴィッドがヤンデレの無理心中でイケメン要素失うわけだけど、この特殊メイクが今一つ物足りない。もっとぐっちゃぐっちゃにならないと落差が感じられない。
実際、ちょっと顔怪我したのね程度で、マスクするほどでもないような、むしろ、あのマスクの方が怖いまであったからw

難解と聞いてたから真面目に見たけど、そんなに難解でもなかった。
少なくとも後半で説明されまくるから、ほうほうと納得していけたよ。
でも、最後の救護員すら虚構だったらと考えると、それはそれで面白いよね。
本当に現実世界を選べたのかどうかっていう。

ということで、面白かった。私は好きだね、この映画。
オープン・ユア・アイズのハリウッドリメイクらしいのでそっちも見てみたいね。
最後の、ネコがどうのこうのの後は振り返らずに飛んでほしかった。

05

12

コメント

バタフライ・エフェクト 



キミを助けるために何度も過去をやりなおす!ってお話だよ。

去年買って今頃見た的な。
ディレクターズカット版→劇場公開版→別エンディング×2と連続して見てお腹いっぱい。
なんだかんだ一番綺麗におとしてるのは劇場公開版だけど、ディレクターズカット版も悪くなかった。
あの映像はちょっとグロいけど><
別エンディングは監督のコメンタリーにまったくもって同意で両方とも論外w
冒頭のシーンと矛盾が少ないのはやっぱりディレクターズカット版なのかな。

何回やり直しても、誰かが不幸になってしまう。みんなが幸せになると自分が不幸になる。
起きたらあの姿だったら怖すぎ><トミーの変貌っぷりも怖すぎるけどw
本当にどこからやりなおせばいいのかというドツボにはまっていき、最終的に残った目的がやっぱり彼女を助けることだけだったんだろうね。最初の頃は彼女と一緒に自分も幸せになることを望んでたけど、それが無理だと悟っていなくなるのが切ないね。
能力が男に受けつがれることは劇場版だとカットされてたけど、それがあるからこそ最後の選択もやむなしというか。
エヴァンの前に死産した2人も同じ選択をしたのかなと思ったら、コメンタリーでそう言ってたから業が深い能力すぎてマッマ可哀想><
でも、最後に誰かと再婚してたから、今度はなんの能力も持たない子供を産むことができるだろうし、と考えたらマッマも多少は救われたかな。

どっちにしても、やはりいい映画だったね。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad