05

09

コメント

ゲッタウェイスーパースネーク



妻が誘拐され、無事に返してほしかったら指示通りに運転しろと謎の脅迫されたんでカーチェイス三昧なお話だよ。

妻を助けるためなら、他の人がどうなろうが知ったこっちゃねぇ感がすごい。
最初から最後までカーアクションなので私はお腹いっぱいになった。
ワイルドスピードほどの豪快さもないし、似たようなチェイスシーンばっかりで飽きちゃった><
もう少し、追いかける側の視点なんかもあるとよかったね。パトカーなんて追っかけては吹っ飛ぶだけの役回りで無能&無能w

終盤は敵を主人公が追いかけるけど、これまで凄まじいドライビングテクを見せてきた主人公がまったく追いつけない敵のドライビングテクにはビックリ。そんだけ走れるなら、お前らが全部やればよかったんじゃ?と思わせてくれた。
あと途中で乗ってくる生意気小娘が可愛くなくて、こういうのにありがちな男女のいい雰囲気に発展しないどころか、なんかちょっと共闘感醸し出したの笑った。まあ、妻を助けるためだからイロコイモードになるわけないんだけど。

ストーリーはどんでん返し的要素もあるけど、それほど面白いどんでん返しでもないので、三度の飯よりカーアクション!って方ならおすすめ。そうじゃないなら、微妙といった感じ。
スポンサーサイト

04

01

コメント

ゲットバッカーズ



話題の自己啓発本が負け犬たちの人生に変化をもたらすお話だよ。

仮釈放中の女性、足を洗いたいマフィアの下っ端二人組、つい犯罪者を射殺しちゃう警官、啓発本の作者を見つけ出して成功したい売れないジャーナリスト、借金まみれの愛犬家?そして、自己啓発本の作者といった人々がおりなす群像劇。
といっても、それほど個々のストーリーに絡みはないので、パズルのピースがかちかちっと嵌っていくようなカタルシスはない。
でも、負け犬たちの織り成すお話は現在進行形で負け犬気分の私の心にちょっと響いたよ><
ラストでちゃんとレストラン開いてたのがよかった。

それにしても、自己啓発方法は多数あれど、あんな根性論的な言い聞かせで人間変われるなら楽なもんだわw

09

11

コメント

ゲーム・オブ・デス



いつものようにCIAの任務に就いたら、仲間がみんな裏切ったでござるってお話だよ。

盛大なネタ晴らしからはじまるので緊張感が微塵もなくて困ったよね。
この作品、冒頭で謎の男マーカスが教会に多額の寄付をしようとするんだけど、出所の怪しい金はうけとらんぜ、という男気神父様のためにマーカスがなにが起きたのかを語りはじめる。
このなにが起きたのかという回想シーンが映画のメインになってるんだけど、教会にマーカスがいる時点で、回想シーンでどれだけピンチに陥ろううが死なないということに他ならないんだよね。しかも、そんなにヤバいピンチのシーンはないし。
でも、さすがにそんなアホみたいなことはないだろう、教会を出た時になにか起こるんだろうと期待してたけど……外にいるバスケ少年と戯れてそのまま終わったっていう。うーん。

メインの回想シーンは、可もなく不可もなく盛り上がりもなく^^;
まず元仲間たちが裏切った理由がふわっふわしてる。
女工作員はタヒチに家買って~女として幸せに生きるの、ウフフ~みたいなアホみたいな理由で国を裏切るし、一応、リーダーの男に至っては金が欲しいだけ……うーん。
最終的にマーカスが金を持ち逃げしたのもなんだかなぁ。寄付するからええやろ的な。

基本的に建物内で話が進むうえに、敵も少数なので、そんなにアクション全開の大立ち回りはない。
一応、きれっきれの手刀とか骨ぽきっぽきのシーンとか、格闘自体はそこそこ魅せてくれるけど、セガール同様、無双アクションなのでダイハードみたいなボロボロアクション好きにはつまらないかもねw

退屈はしないけど、特に記憶に残らない。そんな作品でした。

01

16

コメント

源氏物語 千年の謎



なにが千年の謎だったんだらうと考えるお話だよ。

俺様なにしても許されるんやでぐへへ、という道長の名言と共に世が世なら逮捕される事案からスタート。
そこからなんだかんだで、自分が襲った紫式部に、お前、ちょっと面白い話かけよと無茶振りをすると、今度は源氏物語がスタート。
ということで、紫式部が物語を書きながらという現実パートと源氏物語パートを交錯させながら話が進んでいく。

面白いのが清明が物語パートにまで介入しちゃうことだよね。お前、ぱねぇな。
ぱねぇといえば御息所もぱねぇな。2人もやりおったわ。
しかし、源氏物語を全く知らないで見た人は御息所が唐突に嫉妬深くなったかのように映るんじゃなかろうか。
長いお話だから端折り過ぎちゃうのはしょうがないね。

それにしても、この作品では紫の上編はなかったけど、光源氏の守備範囲の広さはやばいよね。
よくロリコンとか称されてるけど上から下までブスから美人まで、なんでもいけちゃうからプロいよねw
……世が世なら逮捕される事案ばっかりや><

で、なにが千年の謎なの?

ラストは清明さんだけではなく式部さんまで物語に介入……
いや、作者だから脳内ポイズンベリーかなw私の頭の中の源氏みたいな。
なんという会話でしょう。式部さん性格悪いわぁ、まじぱねぇわぁ。そんな感じで。

なにが千年の謎だったの?

02

08

コメント

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL

劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL  DVD スタンダード・エディション劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL DVD スタンダード・エディション
(2014/03/19)
中居正広、北村一輝 他

商品詳細を見る


爆破事件の容疑者を見つけたら死んでたんで、昔、その容疑者と一緒に仕事をしていたアタルが疑われるお話だよ。

多分、ざっくりとこんな感じだった。
ATARUは年末くらいに一挙放送されてて、その時見てたから一応のキャラ相関図は分かってるけど、劇場版作るほどの人気だったのかね?という疑問w
あと、中居君じゃなければもう少しマシだったかもという予想w
そんな感じ。

それにしても、長くてダレたなぁ。
色んなエピソードを詰め込みすぎて展開がもたもたしてるように感じた。
あと作品の時間経過がちょいちょいおかしくて気になる。

特に終盤付近は、チョコザイがいないことに気づいて即アメリカに飛んでる刑事と相棒の2人。
その移動速度、即行ってレベルじゃないから^^;
その前に指名手配されてるはずのマドカが簡単にアメリカに行けてるところも変だし、あのチョコザイが一人でどうやってルート66まで行ったのかもすごい疑問だよw
極めつけはラストシーン。診療所みたいなとこで検査受けてると思ったらいなくなってて、大量の百合の花をどこかから調達してるチョコザイって何者?
別に映画だからといえばそれまでだけど、あまりに無理があり過ぎて気になっちゃった><

ドラマの劇場版ではよくある2時間スペシャルでよかったんじゃないか的な作品でしたとさ。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad