04

27

コメント

カモン・ヘブン



黒人一家のお葬式のお話だよ。

アットホームなコメディかと思ったらだらだらとしたヒューマンドラマだった。
どうにも黒人の顔の見分けがつかなかった。
ウーピーゴールドバーグがほとんど出てなかった。

以上、3点のマイナスポイントから面白くなかった。
全然喋らないし主役ウーピーじゃないなら、主演ってかかないでほしいものです。
期待するような明るさもなく、笑いもなく、かといって感動もないときたらストーリーすらあやふやのふやふやよ。
見てがっかりした作品。

04

23

コメント

帰ってきたMr.ダマー バカMAX!



ロイドとハリーのおバカコンビが巻き起こす大騒動のお話だよ。

ヤバいくらいに面白くなかった><
二人のコンビのおバカっぷりが尋常じゃなく、ただ知的障害者がやりたい放題にやってるだけのような感じで、前作を見てないというのは関係なしに楽しめなかった。
ファレリー兄弟のぎりぎり感あるブラックなコメディ要素や下品なネタでも、面白いと思える作品はいくつかあったから、単純にストーリーがつまらなかったのかもしれない。
クスっとするシーンすらなくて疲れた。

03

09

コメント

快楽の悪の華



脅迫したらいけない相手を脅迫して、逆に脅迫されちゃってヤバい><ってお話だよ。

このパッケージだとエロティックサスペンスっぽくみえるけどエロシーンはほとんどないよ。
主人公が男娼でおばさま方相手にするくらいなので、それ目当ての人は残念><
そこはどうでもいいとして、サスペンスとして面白くない。
主人公がどうにもいけすかないw
弁護士資格剥奪されたのも自業自得で同情の余地もなく、さらに男娼をしていて「これは脅せるぜ^^」って思いつくずるがしこさ。
さらに周囲を巻き込むだけ巻き込んで、自分は生き残る図太さ。
妻子があるんだから、変なプライド捨てて普通に生きればいいのに、終始、そういう感じなので主人公に肩入れする気にもならあず、最後に妻と微笑みあうシーンもモヤッとしまくり。

そもそも全体的に退屈だった、という身もふたもない話だよ^^;

03

07

コメント

鴨川ホルモー



惚れた女に釣られてうっかり変なサークルに入ってしまって青春だねってお話だよ。

いまいちピンとこなかった。
好きな人は好きなんだろうなと思えるので、人を選ぶ作品だと思う。
私には時間の無駄だった><

声はまあまあ聞き取りやすい。

02

24

コメント

彼女たちの時間



ナタルィー、ナタルィー、ナタルィーてお話だよ。

いや、ほんとw
ナタリーがルイーズを呼んだ回数と比べるとルイーズはナタリーを呼びすぎだろ、とね。冒頭から呼びまくってるから。
この回数の差が思いの差かも知れない。そして、重いのかもしれないw

ということで、自由奔放誰からも魅力的なナタリーと真面目一辺倒で地味なルイーズという幼馴染同士が織り成す愛憎劇。
ルイーズの気持ちは、同性愛的ではなくてある意味、憧れに対する独占欲みたいな感じで、まあ、ヒャッハーなシーンはあるけど、どっちかというとルームメイトに近い粘着っぷりだった。
でも、ルームメイトと違ってナタリーが一方的な被害者かというとそうでもなく、誰かに依存しないとダメなの系ビッチなので、あまり同情はできない。
むしろ、都合のいい時だけルイーズを利用し、男ができたら「もう来るな、さっさと家帰れ><」とか酷すぎて、ルイーズが可哀想とすら思える。
ただルイーズは重いんだよねw仕事場にまでしゃしゃってくるから鬱陶しいと思われてもしょうがない。

という感じで、ちょっと見方を変えるとどっちがどっちを支配するのかのマウント合戦の様相を示す本作、映画としては、あまり起伏がなく、2人の女性のいざこざを終始、見せられるだけなのでいまいちかな。
最後はドアを開けないでほしかった><と思うのはサイコサスペンス好きの戯言。

そうそう、フランス映画なので毎度おなじみおっぱいもあるよ。ついでにブラブラもあって大サービスってね、いらんわっ><

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad