07

06

コメント

永遠のこどもたち



昔、自分が暮らしていた孤児院を再建しようと張りきってたら子供が消えちゃってママショック、なんとしても探すよってお話だよ。

冒頭のだるまさんが転んだやピーターパンの話、死に近づくと見える、帰ってきたら返すペンダントなど、随所にちりばめられた伏線をしっかり回収して、物語が収束していくのがよかった。
ジャンルはなんともいえない難しさ。一応、雰囲気はホラーよりなんだけどそこまで怖くもなく。
怪しい婆さんの存在がサスペンスにも見せてきたり。
最終的な着地点は、バッドエンドともハッピーエンドともとれるダークファンタジー。
まあ、あの終わり方しかないよね。
パンズラビリンスもそうだけど、死んで救われるというか。死が終わりではないというか。そういう道もあるということで。
残された旦那さんが可哀想な気もするけど、あのペンダントが救いでもあるかな。最後の表情から分かったはず。

そんな感じで、切なくもいいお話。
孤児院、ホラー、キモいマスク被ったやつ……なんかこういうのあったような。

ルールオブローズやんっ!

ということで、ルールオブローズ好きな人は好きかもしれない。
あれもなんともいえないエンディングのゲームで、私は大好き><

06

26

コメント

エンパイアレコード



買収の危機にあるレコード店で働く個性たっぷり若者たちの1日のお話だよ。

この作品に出てる子たちと同じくらいの年頃に見たらもっと楽しめたかなぁ、と思う。
みんなぶっとんだ個性たっぷりで悩みがなさそうだけど、それぞれが若者らしい悩みを持ってたりして、時折、それをのぞかせる。
バイト先以外ではちょっと浮いてそうな面子。
でも、音楽でヒャッハーして、みんなで騒げば、なんかすっきりみたいな終始一貫してそんな感じ。

同世代の陰キャからみるとウザい奴らかもしれないけど、年取った陰キャがみるとこういうノリで少しは生きたかったものだね、と。
今、若い陰キャの人は斜に構えて格好つけずに、好きなこと、好きな場所でバカやっておいた方が後悔しないと思う><
バカやっても許される年代は限られてるからね。まあ、最近はいい年こいてバカやって炎上する人も多いけど。
そんな若者たちをまとめる雇われ店長の懐の広さがまたいい味出しててよかった。

青春時代真っ盛りの人、青春を懐かしみたい人、ロック系の音楽が好きな人におすすめ。

06

19

コメント

エコール



自分が真性ロリコンかどうかを見極めるためのお話だよ。

6歳から12歳までの少女を拉致して監禁してやったぜ><
でも、男はいないから犯罪じゃないぜ><
あとは成長を楽しみながら少女たちの肢体と裸を見せつけちゃうぜ><
学校の運営費はペド野郎に少女たちの肢体を見せて払ってもらうぜ><

あ、生理が来たら出てってもらいますんで、そこんとこよろしく><

みたいな話。
蛹から蝶になるように、幼女の成長を描いてるのかもしれないけど、あまりにも直接的すぎる表現には白けちゃうね。
やるなら上手いことやってほしい。
全体的には内容がなくて、眠い。ついでにいうと幼女たちがかわいくないw
でも、割とガチな人ってかわいくない方へ行きがちな気がするから、この内容を食い入るように見ちゃう人はペドだよ、ヤバいよ、怖いよ><という感じで犯罪的なロリコンをふるいにかけるためだけにあるような作品。

女監督だから変態じゃない芸術だよ、と言う人もいそうだけど、まあ、なんだか不快な感じだったよ。

05

01

コメント

エンド・オブ・ウォッチ



アメリカでもっとも危険な犯罪地域の制服警官二人の日常を淡々と描いたお話だよ。

固い絆で結ばれたコンビの視点からお送りするアメリカ版密着警察24時といった感じ。
ハンディカメラや車載カメラの映像を使ったり、銃撃シーンではFPS視点になったりと臨場感を高める演出が随所にされている一方で、日常生活の様子なんかも挟み込まれて生きた警官の生活というのが窺える。

それにしても、銃社会怖い><
ただ巡回しているだけでもいきなり発砲される危険性があるとか、そりゃ、うっかり射殺も増えてしまうよ。
一々、日本みたいに丁寧に仕事をしていたら命がいくらあっても足りないのでは?と思わせてくれる。

終盤はちょっとフィクションによった気もするけど、メキシコの麻薬カルテルならありえそうでもある。怖い><
最後に襲撃を受ける当日の二人の会話が流れるけど「銃の扱いを覚えたら世の悪から身を守れる」みたいな言葉があるのがまさにアメリカン。その銃が悪になってる現状があっても、国中に広まっているものを規制するのは不可能なんだろうね。

04

21

コメント

エターナル・キス



ミスコン女王になった途端死んじゃったけど、葬儀屋にキスされて復活したったってお話だよ。

もともとミスコン女王で注目されてたのが、死んで復活なんてしちゃったもんだからさらに注目されちゃうし、過干渉の母親にはうんざりだし、エロ継父に狙われるのもうんざりだし、復活させた責任とってよね><ということで、葬儀屋の家に転がり込んで自由を満喫してたら、恋に落ちちゃったっていうラブストーリーではあるんだけど、このジャケットの雰囲気からイメージするようなラブコメではなかった。

主人公は小さい頃から母親の言うとおりに生きてきてて、葬儀屋は妻の自殺で少し精神的におかしくなった父親の面倒を見て生きてきたという背景があるから、どっちも不器用な感じで、そんな二人がお互いを補い合うように惹かれあい、成長するみたいな人間ドラマ風味もあって、ラブストーリー苦手な私が楽しめるくらいには割といいお話だったよ。

とはいえ、全体的にはライトなノリで深刻さはそこまでではないんだけどね。
思ったよりは良作だった。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad