06

04

コメント

イコライザー



若者の夢を奪うような奴は皆殺しだ!ってお話だよ。

面白かった。
ただのおっさんに見せかけて超絶強い元CIAマッコールが悪人を成敗していくのがホント爽快。大好き><

そのやり方がまたいいんだよね。
悪徳警官の口を割らせるための拷問シーンはさすが元CIA、拷問だってお手の物という感じだし。
石油タンカーがロシアンマフィアの資金源と分かったシーンのあと、工作員っぽい格好のマッコールとタンカーへ場面転換。
今から、なにか仕込むんだな、と思ったらすでに仕込んだ後で、歩き出すマッコールの背後でタンカーが爆発。
この手際の良さ笑うわw

とにかく、この作品は計画シーンとか省略しまくって、結果だけを見せるっていう手法が多くて、それがマッコールの人間離れした能力を際立たせるのに成功してる。
終盤のホームセンターでの戦闘は、ホムセンの商品を活用しまくってて楽しいし、そんな死闘の3日後にはロシアンマフィアのボスまで楽しく始末しちゃうからね。しかも、そこまでの過程も当然カットw
ボスを始末した後に屋敷中が死屍累々って分かるのがホント面白いw

こんなことしでかした後も普通に馴染みの店でコーヒー飲んでたりして、ねーよって思わないでもないけど、そんなことどうでもいいんだよ、というパワーがあった。
マッコールが動く理由になった娼婦アリーナが立ち直って元気に生きてるシーンを見せてくれるし、目をかけてた警備員のおデブ君も死ななかったし、本当にいい映画だったよ。たまには圧倒的に強いおっさんによる勧善懲悪モノもいいよね。

05

16

コメント

イエロードッグ



海の事故で漂着した孤島で犬と少年のサバイバル生活がはじまるってお話だよ。

ラブがかわいすぎ。
ホントかわいい。ラブの可愛さは異常。
と、ラブキチなら有無も言わずに高評価だよ。

まあ、映画としてみるといろいろ気になるところはあるけどね^^;
少年がとにかく動き回るおかげで捜索が難航してんだけど……とか
なにもなくても小屋で少し休んだ方がいいんじゃね?とか。
パパは島に入ったり出たり、どういう動きしてるのかよく分からないよ><とか
あっさり月日が経ちすぎワラタ、とか。
極めつけは、あの孤島からどうやって帰ってきたんだよっていうね。

犬笛は使うんだろうなぁ、と思ってたけど、そういう使い方?^^;
もっと上手く使って欲しかった。
そもそもなんであんなにアンガスに懐いたのかも分かんないし。

……でも、そんなことはどうでもいいんだっ!
ラブがカワイイし、大活躍だし、死なないし。ホント最高の映画だったよ!!!

05

11

コメント

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密



解読不可能と言われたドイツ軍の暗号エニグマを解読したアラン・チューリングのお話だよ。

よかった。
あの大きな機械が初めてつくられたコンピュータと気づいた時にすごいっ!ってなるよね。
よく戦争がテクノロジーを発展させるというけど、まさにそれでもあるからちょっとうーんって思うところもあるけど、今では欠かせないものだからね。やっぱりすごいわけで。
そもそも、なにもないところからそういう発想が出てくるわけだから、天才というのは凡人にはワケわからんもんだね。

チューリングはアスペルガーでもあったみたいで、昔はそういう人はただの変人としか扱われなかっただろうから、余計周りから理解されず、モンスターと呼ばれてしまうことにもなったのかも。
天才ゆえの孤独や苦しみ、さらには時代的に同性愛に対する差別的な処罰も描かれていて、色々と考えさせられた。
その功績にも関わらず、イギリスからは50年以上も存在を隠されてきた、とか今では考えられないようなことだし。
こんなこと言っちゃうとあれだけど、この人が同性愛者じゃなかったらもう少し幸せな最期を迎えられたのかな、と思ったりする。
ジョーンというよき友であり理解者がいてくれたんだから。しょうがないことだけど。

「あなたが普通じゃないから、世界はこんなにすばらしい」

脚色でもなんでもこれは名言だなぁ。

04

12

コメント

ICHI -市-



盲目の女剣客と幼少期のトラウマで刀を抜けない浪人が出会い、心を通い合わせたものの……ってお話だよ。

べたべたな人情ドラマに薄いラブ要素。悪者らしい悪者。

盲目で旅をしている設定なのに、衣装以外は市が小奇麗すぎるのがちょっと面白いw
それなのに、こ汚ねぇ格好の女とか言われるのも、お前も目が見えない設定なのかと面白い。
もうちょっと設定に説得力をもたせてほしい。

トラウマで刀を抜けない十馬の刀が抜けない演技がまた面白いんだよね。
最初は確かに心の傷で抜くことができない風に見えたんだけど、何回もやられるとただ単に鞘に刀が引っ掛かって抜けないようにしか見えなくなってきて、すっとぼけたキャラ設定のせいもあって間抜け感が強くなっちゃった><

全員、真面目にやってるのにおバカ映画感が出てしまった残念さ。
ということで、いつものやつ。

綾瀬はるか可愛いね

と、思いながら見ればいいんじゃない?ダメ?いいと思うよ、それで。

04

04

コメント

インランド・エンパイア



撮影中に主演女優が殺されたといういわくつきの映画の主演になったニッキーが現実と虚構をさまようお話だよ。

なるほど、分からんw
単純にニッキーの頭がおかしくなっていくだけの話にも見えるけど、それだと最後のシーンがよく分からないことになるから違う気もする。
最後は成仏できましたわって感じなので、ニッキーが映画を完成させることでそれにとらわれていた殺された女優が解放されたって感じなのかな。なんでニッキーが選ばれたのかは知らん><
でも、ぶっちゃけ、思いついたシーンをとって繋いだだけでストーリーなんてないよって話かもしれないw
エンディングのハッピー感がそう告げてる。

とりあえず、3時間は長かった。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad