04

21

コメント

悪の法則



一般人が軽い気持ちで金稼ごうと思って破滅するお話だよ。

パッと見、スタイリッシュ騙し合い映画と勘違いしそうだよね。黒幕は誰だ!とか言っちゃってるし。
実際はそんなことはまったくなく、なんの覚悟もない一般人が不条理な暴力で一筋の救いもなく追いつめられていくだけだから、スタイリッシュ騙し合い映画を期待して見たら、あまりの爽快感のなさと陰鬱な展開に糞映画ってなるはず。
でも、そういう映画じゃないと思ってみたら、なかなかの見応え。

この作品では、メキシコの麻薬カルテルが主に恐怖の対象なワケだけど、こういう話の通じない裏社会というのは、たぶん、私たちが気づいていなかったり、知らないだけで身近なところにあるんだろうねと思わせる謎の説得力があった。
何度も引き返せる道が提示されてたのに、なんの覚悟もなく踏み込んではいけない領域に踏み込んでいく姿、その先にある一般人ができることなんてなにもないという絶望感。ひりひりするね><

ちょくちょく麻薬カルテル側の日常が挿入されてるんだけど、まさに一般人とは違う異世界感を生きてて怖い。
ちょっとしたユーモアでドラム缶に殺した人間を詰めちゃったり、あるDVDに「HOLA!」と陽気な挨拶書き残してたり。
淡々と血のついたトラックを清掃する人たちも怖い。
麻薬カルテル側の人間のセリフが翻訳されてないのは、話して分かってもらえない、言葉が通じない異世界感を表現してたのかな。それでも話せば誤解が解ける、分かってもらえると思ってた弁護士が滑稽だった。

麻薬カルテル以外にもう一人、キャメロンディアス演じるマルキナもかなり特殊な生物感が出ててよかった。
なんたってカーセックスだからね。車の中でセックスするんじゃないよ、車とやるんだよ。なにを言ってるのか分からないと思うけど、体の柔らかさやばかったよ。一見の価値……は自分で判断して!><

そんな感じで、誰が死のうが自分の欲求が満たされればいい、なんでも欲しがるおなかペコペコさんという魅力的なサイコパス的役を見事に演じてたね。キャメロンディアスはなんでもやるなぁと思った。
ちょっと可愛かったのが、ペネロペクルスから「教会行って懺悔するのマジオススメ!」とは言ってないけど、そういう話を聞いて興味を持って教会に行くとこw
一般人から見て裏社会の人たちの生活が異質なように、マルキナから見たら一般人の生活が異質で好奇心くすぐられたのかなって思うと可愛くね?そうでもなかったw

地味で説明不足のようで、必要最低限のことはしっかり示されているそんな映画。
私は好きだけど人にはおすすめしないw
スポンサーサイト

03

30

コメント

明烏



1000万の借金返せるだけの金ができてヒャッハーして起きたら金が消えた。仲間も頼りにならないし死ぬしかないってホストのお話だよ。

くっそつまらなかった。
緩急なくずっと同じテンションの笑いしかなくて、それがまったく肌に合わずに、すべてにおいて狙いすぎて寒かった。
最後のどんでん返しもどうでもいいくらいにつまらなさすぎて疲れた。
極端に好き嫌いが分かれる映画なんじゃないかな、とは思うけど。
そんな感じ。
いい映画の時みたいに感想が短いのは、ほんとにまったく記憶に残らないくらいつまらなくて、つまらない以外の感想がないからだよ><ツッコミどころすりゃありゃしないw

03

20

コメント

アンノウン



たった一つの忘れ物が男の人生を変えたってお話だよ。

格好いい話っぽい。フェイクのようで割と間違ってない。
ある意味、ツッコミどころ満載で面白かった。

序盤は、僕はマーティン、でも、誰も、妻さえもマーティン扱いしてくれないんだ(´・ω・`)
っていう、謎がどう解決されるのかが楽しめたね。
もしかしたら、アクション映画見てるつもりが宇宙人絡んじゃう系のSFだったのかとか、離婚したい妻が夫の気が狂ったかのように周囲に見せるために罠を仕掛けたのかとか、色々なパターンを想像したよね。
そしたら、まさかのどじっこ軍団の内輪もめ話だったっていう驚き。

「セクション15ってもしかして、コナン君の黒の組織!?」ってレベルのどじっこだらけで笑うw
特に面白かったのがタクシーにぶっこまれてあっさりやられるあいつね。
その位置で銃撃ったら、流れ的に、当然、そうなるやろwなぜ大丈夫だと思ったのか、慢心とは恐ろしい。
ついでに車ごと押し出しくらったおっさんの最後の顔。全力で笑いを取りにきてたな。
でも、ある意味、どじっこ軍団は被害者なんだよね。可哀想に。

そんな感じで、ツッコミどころは満載なんだけど見てる間はなんだかんだで楽しめた。
まあ、よくよく考えたら、記憶が戻ったのに考え方は戻らないって都合がよす……考えるな!感じろ!
最後はハッピーエンド協会が手を加えてしまったのか、取ってつけたようなハッピーエンド感で残念。
幸せになる気満々だけど、セクション15が壊滅してなかったら一生追われる身になりそうなもんだけど。

09

25

コメント

アウト・フォー・ジャスティス



相棒が殺されたからフルボッコなってお話だよ。

最近、デブセガールしか見てなかったから、細くてビビったわw
要所要所で悪者をボコボコにしつつ、どっちが悪者なのか分からなくなってきたところに、最後の雑魚敵と対峙するっていう伝統のセガールストーリーの始まりといった感じ。
でも、古いだけあってやることやってるけどちょっと地味。
いや、やることはやってるんだよ。えげつなく容赦なくボコボコにね。
でも、なんか控えめ感。敵が弱すぎるのかもしれない。いつも弱すぎるけど……
折角、敵が幼馴染みたいな設定なのに、特になにも活かすことなく凹って終わりというのがセガール映画らしい雑さ。
……その設定いらんかったやろ?^^;

08

29

コメント

アメリカン・ヒストリーX



狂信的な白人至上主義の兄ちゃんがムショから出てきたらすっかり変わっちゃったよ、なにがあったの!?ってお話だよ。

兄弟愛や家族の関係をまじえて人種問題や銃社会への問題提起をした作品。
黒人の車強盗を射殺して3年間服役をしていた兄デレクが家に戻ってくるところから話は始まる。
服役前と比べて穏やかになり、元仲間たちに辟易とした様子のデレクの身になにが起こったのかを現在と過去を交錯させながら展開していくのがうまい。
兄の身に起きたことを知り、新たな考えを持って、これからやっと家族の再生がはじまるという時に起こる悲劇。
因果応報ともいえるけど、負の連鎖が経ちきれないというような暗示にも思える。
だって、いまだにアメリカは1998年に公開されたこの作品の世界と大して変わってないしw
白人警官が黒人射殺。黒人が報復に警官射殺、暴動みたいなニュースはいまだによくある。
というか、減るどころか増えてる気さえする。
まるで成長していない……それほど根深い問題なんだろうなぁ。
一人は説得できたとしても集団を説得することは難しい。世界は混沌としてるね。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad