08

17

コメント

アナコンダVS殺人クロコダイル



不老不死の薬を作るためにワニが必要だから捕獲してアナコンダと遺伝子交配させたけどどっちにも逃げられちゃったテヘペロってお話だよ。

うろ覚え。
うろ覚えといえば、この不老不死の薬をつくろうとしている製薬会社の女社長が不老不死の蘭がどうのこうのとか言ってて、どこかで聞いたことあるフレーズ、っていうかアナコンダ3だか4だかで悪いおっさんが欲しがってたようなうろ覚え。
これはあのアナコンダと関係ある映画なのかな?知らんけど、どっちにしてもチープなZ級映画。

見どころは、とことんクソなお嬢様のクソっぷり。
このお嬢様は、アメドラなんかでよくある学生クラブ?ソロリティ?とかのメンバーらしく、学生クラブに入りたい女の子たちを引き連れて、やたらと威張りながら海へ遊びに行くんだけど「あんたらダサいから海に入らず穴でも掘ってろw」とか言っちゃうジャブを繰り出す。海へ向かう道中も散々煽りまくってたし、当然、こういうお嬢様は一番に死んじゃうんだろうな、と思ってたら、意外と頑張った。

まず最初に逃げ遅れた時には、一緒に逃げ遅れたもう一人をワニの方へ突き飛ばして危機を脱出。他の女の子たちには「助けられなかった><」という完璧なアフターフォローをしてのける。
ワニがワラワラきてる緊急事態なのに「ダサい子が私の車に乗るなよw」と追い出して、当然、追い出された子は食べられるけど気にしない。
他の車に乗った子が襲われてるのを窓を開けて高みの見物。窓開けてたから食われるのかなと思ったら食われなかったw
と、ことごとく生き残ったけど、最終的にはクロコダイルに平手打ちして返り討ちっていう楽しい死に様を見せてくれた。

で、この女の子グループは別に主役じゃなくて、ワニを追いかける不機嫌女保安官と生物局のおっさんが一応主役?
不機嫌女保安官が、終始、不機嫌すぎて不愉快レベルなので、ヒロインポジに見せかけて食べられるのかなと思ったら、生き残ったのでがっかり。

もう一つのグループが製薬会社の女社長と傭兵なんだけど、女社長がいい感じにキチってて楽しかった。
特にママとしてアナコンダと通じ合っちゃうシーンね。見つめ合うと素直におしゃべりできないねって感じで良かった。
そのまま食われるかと思ったら、なぜか傭兵を食っちゃうアナコンダ。本当に通じ合ってたんだね、と感動。
しかし、傭兵もタダでは食われずにアナコンダの中で手榴弾で自爆。アナコンダも爆散。悲しいね、ママ……

なんだかんだでアナコンダVS殺人クロコダイルとは名ばかりで、ワニは人間と戦ってたけど、アナコンダは好き放題してた映画。
ワニを締め上げて爆散させたり、ヘリを落としたり、アナコンダ強すぎたね。
でも、最後に勝つのは人間。そうそう女社長が生き残っちゃう驚愕の展開もあった。
最後はB級モンスター映画のお約束、ワニかヘビの卵が映って、続くみたいなあれ。これはもう驚きようがないベタさ。

チープでスピーディーでクスリと笑えるなかなかのZ級映画だった。
時間が無駄に有り余って畳の目を数え始めている方におすすめ。
スポンサーサイト

08

04

コメント

アビエイター



金があればなんでもできる、でも、正常なメンタルは買えない><ってお話だよ。

大富豪ハワード・ヒューズの伝記映画。
この作品を見ただけでも、ハワードヒューズは財力あり、買収やら何やら経営力もあり、飛行機の設計など技術力もあり、女優との浮名や政治家とのやりとりができるコミュ力、そして、過度の強迫性障害といった様々な面があるのは分かったけど、そのどれにも焦点を絞らずに描いたら、そりゃ、お腹パンパンですよといった感じ。

タイトルが示す飛行家としての面に焦点をあててるつもりかもしれないけど、見てる側としてはあまり響かなかったなぁ。
もう少し、周りの人のパーソナリティーも知りたかった。
特にいいところで出てくるエヴァ・ガードナーは、もうちょっとどういう人なのか説明が欲しかったねw
不自然に出たり、出なくなったりって感じで謎の人物過ぎたw
障害に苦しむ中でハワードが見事にパンナム側をやり込める時の立役者みたいなもんなのに。
この映画で唯一、盛り上がったエピソードだったよ。

まあ、こういう映画は、もともとその人物や時代背景に興味がなければ見ても楽しめないものかもしれないけどね。
私自身、まったく知らなかったので、そんなに楽しめなかった。というか、本当に長かった><

07

20

コメント

新しい人生のはじめかた



疎外感や孤独を抱えた二人が出会い、第二の人生を踏み出そうとするお話だよ。

話自体は年齢問わずによくある王道なので、最初の印象いまいちからのいい感じからの上手くいきそうでトラブルがあってみたいな、展開がよめるベタなものなのに、よかったw
なんかこう雰囲気がいいのかな。
特に大きな事件はないけど、2人の変化が伝わってきて、あたたかい気持ちになった。

「諦めながら生きる 方が楽なの」っていう台詞は身につまされちゃったね……

07

07

コメント

アメリカン・ハッスル



汚職政治家を捕まえるためにFBI捜査官が無罪放免を条件に詐欺師におとり捜査の片棒をかつがせるお話だよ。

1970年代に起きたカジノ利権をめぐる収賄事件を元にした映画。
実話ベースというと淡々としたシリアスなものが多いけど、これは割とクスッと笑えるシーンもあってなかなか面白かった。
そもそもキャスト人のビジュアルがずるい。
7:3どころか1:9分けのデブ詐欺師におっぱい見えそう系愛人、パンチパーマのFBI捜査官、リーゼント市長と、一癖も二癖もありすぎるビジュアルだからね。
そこに強烈なキャラクターの詐欺師の妻がぶっこんでくるし、デニーロとかいう飛び道具まであるのが笑えるw
こんな話なのに何気にラブストーリーだったりもして、よく分からないごちゃまぜ感なのに最後は上手いことまとめてきた。
ただこのごちゃごちゃした感じは、私は好きだけどかなり好き嫌いが分かれそうだね。

07

06

コメント

アナと雪の女王



いい姉妹百合だったね、ありがとうってお話だよ。

私はそういう風に満足したってことで><

そんなことより、あれだけ話題になってたのにまったく予備知識なく見たから、
レリゴー♪が、エルサの闇堕ちソングだとは思わなくてびっくりしたわw
あんなさわやかに闇堕ちするとはって感じでねw
あと、アナはビッチ。穴だからしょうがないね……百合的に見ると、それもまたよしだね。エルサが一途でええんやで^^

そういうことで、面白かった。
いや、百合的に見なくても面白かったけどね。主役二人とも吹き替えうまかったし。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad