06

14

コメント

レーサー/光と闇



ドーピング→勝利→検査→隠ぺいっていうお話だよ。

初っ端から、抜き打ちドーピング検査で主人公ジュリーが追い込まれるシーンからはじまってハラハラする。
ここではコーチの機転で難を逃れるんだけど、チームメイト、スポンサー、家族からのプレッシャーなども描かれていて、やめるにやめられない現状に追い込まれていくジュリーの姿は、やってることはともかく痛々しい。
何度もピンチに陥り、はてはドーピングの薬剤の副作用で死にかけたりと、そこまでしてでも競技に参加しなければいけないものかと考えさせられるね。
自転車レースのことはよく知らないけど、ドーピングなしでは成り立たない競技みたいなとこあるのかな?
ジュリーが他の国のチームのところにいって薬を見つけて愕然とするシーンには私も愕然だったよw
ドーピングってチーム全体がグルになって行われてるようなものなのに、矢面にたつのは選手だけというのも不公平な話だね。
あのコーチの糞さといったらチネチネ><

そんな感じで、自転車競技におけるドーピングの闇を描いた実話ベースの作品なので面白いってものではないけど、なかなか描かれにくい競技の裏側は興味深かった。あと、ED曲がマッチしててよかった。
スポンサーサイト

06

06

コメント

LOFT~完全なる嘘~



合い鍵を持つ5人しか使えないヤリ部屋で女の惨殺死体が発見されたから、誰が犯人か疑心暗鬼><ってお話だよ。

男が飛び降りるシーンからはじまり、ロフトを共有し始めた1年前、事件現場であるロフトで死体を前におろおろする5人、警察の取り調べ室、という時間軸が違うシーンをバラバラに繋ぎ合わせて、一体、なにが起きたのかを紐解いていく感じ。
それぞれの男たちにある隠し事や関係性などがじわじわ見えるようにつくられてて、最終的には二重のどんでん返しなんかもあってなかなか楽しめた。
結構、色々な国でリメイクされているらしいのも分かる。

それにしても、出てくる男たちがなかなかのクソさなので、最後にそんな幸せな未来を予感させられても……と思わないでもないw

05

25

コメント

ライラの冒険 黄金の羅針盤



スタンドの動物たちに萌えることしかできないお話だよ。

正直、ストーリーがよく分からなかった><
冒頭でいきなりダストやダイモンやらなんやらかんやら耳馴染みのない用語が飛び交って、私の耳を通り抜けて行った。

子供の行方不明事件が続き、親友が誘拐されたことでライラがその救出や事件の裏に隠された秘密を探るために冒険に出るわけではなく、どう見ても怪しい婦人についていったら、案の定、悪者だったから逃げ出して冒険スタート。
でも、なんの説明もなく出てきて当然のような顔で強い味方が都合よく助けてくれるので、大きな困難もなくストーリーが進んで冒険感は薄かったw本当に都合よく、味方が出てくるからねw
おそらく原作が長いからダイジェスト風味になったんだと思うw。話の繋ぎ方も適当だし。

そういうわけで、多分、原作読んでないと話が分かりにくい上に、ライラが人の言うことを全く聞かない子で、しかも、ウソツキという致命的に可愛くないキャラクターなので三部作の予定が潰れたのも納得の作品。

05

20

コメント

リンカーン 秘密の書



奴隷解放を謳った南北戦争は、なんと人間VSヴァンパイアの戦いだった!ってお話だよ。

リンカーンの史実を上手く……かどうかは置いといて、ファンタジーと絡めてるけど、それが面白いかっていうと微妙w
リンカーン側の仲間は割と魅力的。
ハンターとしての師匠ヘンリーや子供の頃からの親友ウィル、新しい友人スピードと、それぞれいいキャラだった。
特にスピードは裏切りそうで裏切らない絶妙な胡散臭いいい奴感が最高だったね。

ただ、ヴァンパイアが無策すぎて、超人的な能力がほとんど活かされないので全体的に印象に残るシーンが少なかった。
怒りの銀パンチは、怒りはパワーになるぞ^^っていう序盤の特訓シーンがいい伏線にはなってたけど、お前、ヴァンパイアのボスの癖にあっさりやられすぎと思わないでもないシーンw

あと、強そうな気配むんむんのヴァンパイア女が、リンカーンの奥さん相手になぜか無防備にツッコんできて返り討ちにあうシーン、
奥さんが殺された子供の形見であるおもちゃの銀ナイフでヴァンパイア女を仕留めるのはいいんだけど、あんなあからさまに殺してくださいとツッコんできたらちょっと白けるよね。

そんな感じで、なんとも微妙な映画だった。
最後がふりだしに戻るみたいな終わり方なのは嫌いじゃない。

05

07

コメント

乱暴と待機



怪しい偽兄妹と無職で女好きの夫と妊娠中ながらキャバクラで働く妻の4人の男女が織り成す滑稽なお話だよ。

どうにもこういう映画はよく分からない。
「腑抜けども、なんちゃらかんちゃら」のと同じ人が原作らしいけど、それもよく分かんなかったしな。
初心というか童貞?の山根と女たらしの番上、乱暴で行動的なあずさと受動的な奈々瀬、覗く男山根と覗かれる女菜々瀬というようにキャラクターが至る所で相反していて、それが生み出す滑稽さを楽しめばいいのかな?(適当
とりあえず、浅野忠信の喋り方が面白かったのとお尻だけが記憶に残ってる。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad