03

23

コメント

マンイーター



私の聖地に入り込んできた人間にちょっとお灸をすえちゃおってお話だよ(ワニ目線感)

意外と人が死なないワニワニパニック。
というか、絶対に死ぬな、こいつっていう奴らが生き残った。

パニくったおっさんが生き残って、そのおっさんをなだめたおっさんが映像もなくパックンされるなんて世の無常を感じるよね。
あと、序盤でクルーズ戦にちょっかいかけてくる地元っ子の再登場は主人公レベル高かったわ。
それなのに、自己中おばちゃんとおっさんのせいで脱落しちゃうわ、命がけの水泳が無駄になるわで可哀想。
自己中おっさんにはワニさんがきっちり罰を与えてくれたけど、おばちゃん、お前生き残ったんかい、みたいな驚き。
生き残るおばちゃんはタバコすぱすぱの冷静おばちゃんだけだと思ったわ。
あの人、なんかやらかすかと思ったらなにもやらかさないからね、いてもいなくてもよかった気がしないでも……

そして、こういう作品では珍しいかどうかは知らないけど、ワンコが犠牲になるのが悲しい。
途中でワニ釣りの餌にされかかったところを奇跡的に生き残ったのに、まさかあんなところで脱落するとは……
ワンコの犠牲もあって、最後の最後でやっと覚醒する主人公。
遅すぎたけど、指を犠牲にしながら美味しいとこは持っていったね。

B級らしくぼんやり楽しめる作品。
こういうパクパクパニック系にしては食べられるシーンがほとんどがないのでグロさは低めかな。
スポンサーサイト

03

09

コメント

マリーゴールド・ホテルで会いましょう



わけあってインドの高級リゾートホテルで老後を送ることにした男女7人の高齢者のお話だよ。

いい映画。

夫の死後に借金があることを知らされたイブリン、退職金で高齢者住宅を買う予定が娘の事業資金に使ってしまったダグラスとジーン夫婦、インドでやり残したことがあるグレアム、股関節の手術をすぐ受けるために提携病院を紹介される人種差別主義者のミュリエル、最後の相手を見つけたい女好きのノーマンと恋に生きる女マッジ。
この個性豊かな7人の紹介を冒頭でサラリとやったあとに、同じ目的で空港に集まって一列で座るシーンがなんかクスッとくる。

そんな7人を迎えるのが広告とは正反対のボロホテル。
話が違うと言われても若きオーナーソニーは将来豪華になる予定、未来像という口先三寸っぷりを発揮。
返金には「すぐに返します、3か月後くらい」とか言うからね、このたくましさ、図々しさを少しは見習うべきかもしれないw
でも、たくましいのはソニーだけじゃない。
すぐにイギリスへ帰ることを諦めてぼろホテルに馴染んでいく面々も相当にたくましい。

イブリンは、初めての就職活動をしてインドで働き始めるし、ダグラスは観光名所巡りを楽しみ始める。
ノーマンとマッジは高級会員制社交場で鉢合わせ。
と、こんな感じでインド生活を満喫していくんだよね、ただ一人、インドに馴染めないジーンを除いてw
このジーンの存在がいきいきしている夫ダグラスとの対比もあっていいスパイスになってる。
最初から不満を持っての旅立ちだったけど、住めば都とはならずにやはり馴染めないのもさもありなん。
私もこっちのタイプだろうなぁと思う^^;映画で見てるぶんにはいいけど、住むとかマジで無理だよ><

一方で変わるのがミュリエル。
イギリスでは黒人医師に対して「イギリス人の医者にして頂戴」なんて言ってた人種差別主義者の彼女が、かつて「不可触賎民」という人間扱いされない身分だったらしいインド人のお世話係にそうとは知らずに声をかけたことで思いもよらない事件が起こるんだよね。
色々なことを経て、最後には大活躍しちゃうからたまらない。マギースミスってのがまたたまらないねw

爆笑はないけどユーモアたっぷりにそれぞれがセカンドライフを見出してのハッピーエンドはバッドエンド好きの私にも楽しめるものだった。
この作品はイブリンがイギリスにいる息子たちに近況報告をするためのブログがモノローグになっているんだけど、最後のモノローグがまたいい。

「最大の失敗は、やらないでおくこと。何事も最後は大団円。何か不満があるとしたら、それは途上にあるということ」

こんな感じ。こういう風に考えられると人生前向きになれそうだよね。
まあ、今のところ、最大の失敗しかしてない私には難易度高すぎる考え方なんだけど><

02

26

コメント

ミス・アンの秘密の日記



実在したアン・リスターの秘密の日記を解読してドラマにしたよってお話だよ。

映画じゃなくてBBC文芸ドラマとかいういかめしいやつだけどw

アンさんはレズなのね。
「わたしが愛し愛されるのは女性だけ。それ以外の愛をわたしの心は受け入れない」
とか日記に書いちゃうくらい、人の目を気にしないガチレズなのね。
恋人のマリアナさんはレズなんだけど、人の目が気になってアンさんとの関係隠したいのね、ついでに将来不安だから爺さん貴族と政略結婚しちゃうのね。

まさか冒頭5分くらいでこんな展開になるとは思わなかったよね。
そういうわけで、マリアナさんに振られたんだけど、未練たらたらのアンさんを慰めるべく、体を張るのが幼馴染のティブさん。

「わたしゃ、嫉妬しないから遊びでいいんやで」みたいな感じで誘ったらアンさんもほいほいのっちゃうわけだけど、この後、マリアナが「爺さんが死んだらアンさんの元に帰るから待っとってな^^」って、ウザいこと言ってきてアンさんも「分かった。これ婚約の証や」みたいな感じでおそろいの指輪を買っちゃう。
ちなみにマリアナさんがウザいこと言う前に、新しい女でも作ろうかなってアンさんは初心そうな女の子を手玉に取ってその気にさせるんだけど、マリアナさんが戻った途端、めっちゃ冷たく切り捨てるっていう畜生なこと平然とやってのける。そこに痺れる憧れるぅ。ついでに、嫉妬しないとか言ってたティブさん、めっちゃ嫉妬しちゃうシーン可哀想><

なんだかんだで煮え切らないマリアナさんに愛想を尽かして別れた後、恋なんてもうしない……なんていわないよ絶対。ついでに遺産ももらってハッピーリッチーという野心家アンさんエンドを迎えるっていうね、これが実話なんだからアンさんぱねぇわ。

そんなBBC文芸ドラマの最終的な感想は!
一生独り身を貫いたらしいティブが可哀想><
折角、暗号日記にしたのに解読されたアンさんも微妙に可哀想……w

ってか、アン役はもうちょっとなんとかならなかったのかな。
ちょっとおばちゃん過ぎて、うーんって感じ。せめて、肖像画に似せる努力が欲しかったよ><

02

18

コメント

マンハッタン恋愛セラピー



兄の結婚相手とキスして自分がゲイだと気づいた妹がパニくりながら新たな自分への一歩を踏み出すお話だよ。

思いのほかよかった。
レズ映画だからじゃないよ。まあ、それも個人的に評価が上がる要素の一つだけど><

この作品は30まで自分のセクシャリティに気づかず、いつかいい人がひょっこり現れてドレスを着てヴァージンロード歩くんだわみたいなハッピー乙女な夢を抱いていたグレイのテンパり具合を微笑ましくみれるかどうかで評価が変わる思うんだけど、放っておけない可愛さみたいなのがあって私は素直にグレイ可愛いなぁと思ったw

ゲイかもしれないってことを、いつもかかってるセラピストに言っては驚かせたり、やっぱりゲイじゃないかもしれないと近場の男性を逆ナンしてみたり、右往左往して空回りする様がコミカル可愛い。
そんなグレイの周りにいる人たちが、みんな温かくて悪い人がいないのがまたいいよね。
思いがけず職場にゲイだと知られた後のグレイの友達とか面白かったし、グレイに気が合ったのにカミングアウトされてからは、いい相談相手になってくれるタクシー運転手のゴーディがよすぎた。最後の最後まで笑わせてくれたしw
最終的にゲイである自分を受け入れて、さわやかな感じに終わったので後味もよかった。
セクシャリティに悩んでいる人にはおすすめ。

02

12

コメント

燃えよドラゴン



裏社会を牛耳るハンの悪事を暴くために彼が開く武闘大会に参加するお話だよ。

多分。
よく聞くタイトルだけど初めて見た結果、あまりにも退屈すぎて、ながら見したのでぼんやりした記憶しか残らなかった^^;
ストーリーがつまらなさすぎる上にアクションシーンまで終盤まで見どころがないとか、どうしてこれが名作みたいに扱われてるのか全く分からない。
その時代に見た人じゃないと分からない何かがあるのかもしれないけどね……
テーマ曲だけは印象に残ったw

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad