02

04

コメント

ボーイズ・オン・ザ・サイド



ワケあり女3人が旅に出て、共に暮らす中で確かな絆を結んでいくお話だよ。

よかった。
エイズやDV、同性愛など色々な問題を描いてるけど社会派ドラマにはならずテンポよく女の友情が描かれていくヒューマンドラマ。
全員違う性格、生き方をしてきたのに、気が付いたら絆がしっかりできてるんだよね。いいね。
友達いないから、こういう友情関係憧れるわ……orz
やっぱり気持ちをさらけ出すっていうのは大事なんだろうね。それができない人は永遠にぼっちなんだろうね……つれぇわ。
それはさておき、感動の押し売りもなく死を扱っていて、そこから新たに旅立つ爽やかさもあって良い作品だった。

01

02

コメント

駆け込み女と駆け出し男



女性から離縁が言いだせない時代の救済措置として設けられた幕府公認の縁切り寺に駆け込む女たちとそこに見習いの医者としてやってきた男のお話だよ。

面白かった。コメディだと思ってたけど、それほどコメディでもなかったね。
序盤はまったりとしているけど、中盤あたりから駆けこんだ女たちそれぞれの過去や事情、生き様がみえてきて引きこまれた。
女たちを追いかけてくる元旦那勢を口八丁手八丁でやり込める医者見習いの信次郎役に大泉洋がぴったりはまってて、ユーモラスかつ人情味あふれるドラマとしてよかった。2時間30分くらいあるのに最後まで飽きなかった。
邦画あるあるの声が小さくて聞き取りづらいわけではなく、早口の江戸っ子言葉?でちょっと聞き取りづらい面もあったけど、言葉のやり取りの妙も楽しめるいい邦画だと思う。

12

11

コメント

マイ・ライフ、マイ・ファミリー



疎遠だった兄妹が認知症になった父親の介護を一緒にすることで、人生を見つめ直し新たな一歩を踏み出すお話だよ。

介護の話なので暗くなりそうなものだけど、疎遠だったのに会うとすんなり話ができるという兄妹あるある感もあって、この兄妹二人のやり取りが時折ほのぼのとしているので、あんまり暗い感じはしなかった。
介護に少しでも関わったことがある人なら共感できる部分もあるかもしれない。施設選びの件とか。
ただこんな施設にいれるなんて鬼だわみたいなことを言う公的な?老人ホームは、日本の普通の老人ホームとほとんど変わらないどころか、ちょっとマシなレベルに見えたので、そこまで嫌がるような施設かなと思ったり。
あと日本の介護は丁寧にやり過ぎなのかもしれない、とも思ったり。
アメリカのアバウトというか、結構、割り切ったやり方の方が介護職のメンタルにはいいかも。

と、介護問題も一つのテーマなんだけど、他にもこの兄妹は父親から虐待をされて育ったという過去があったりして、それがこの二人の恋愛や人生において影を落としているのがチラホラ窺える。
兄は泣くほど好きな相手との別離を選ぶし、妹に至っては、一回り離れた相手と不倫したり、虚言癖があったりするし。
普通の映画なら、ここで父親がいい感じに働いて二人の問題がいい方向に向かいそうなもんだけど、そんなファンタジーな展開はなく、特になにが起こるわけでもなく介護は終わるんだよね。

でも、介護を通して少しだけお互いがお互いの問題に触れることで、自分を見つめ直したり、弱った父親を見て子供時代の悪い思い出と決別をしたような気もする。
その結果として、最終的に二人が少しだけ一歩踏み出して爽やかに終わったのがよかった。
特に犬の件はよかった。ちょっとだけ私も救われた気がする。

全体的には淡々としているので、ある程度年をとってないと楽しめないかもしれないけど、個人的には好みな作品だった。

11

27

コメント

ベートーベン2



ベートーベンが家族を持ったよ、悪い奴らを倒すよってお話だよ。

安心して見られるファミリー向け犬コメディ。
1よりも2の方が好きかも。

最初のメスのセントバーナード、ミッシーとの出会いからしばしのお別れ。仔犬たちの誕生とひたすらカワイイし、笑える。
あと、このシリーズのいいところはお父さんの存在に尽きる。
わーわー言いつつ、なんだかんだでいつもいいお父さんなんだよね。
そして、悪者は誰がどう見ても悪者という感じなので、やっつけても不快じゃないところがいいw

ただセントバーナードが勝手に外で歩いてたら怖いわ><
あと、家に5匹とか、いくらアメリカの家が大きくても厳しいと思うw
という現実目線をいれつつ、やっぱいい映画だった。楽しかった。

11

26

コメント

真実の行方



大司教が殺された現場に血だらけでいた青年には事件の記憶はない、果たして真実はどこに!?っていうお話だよ。

お金と名声のために実際に有罪か無罪かは関係なく弁護する弁護人が大司教殺害という注目の事件にヒャッホィと乗り込むゲスさもありつつ、逮捕された青年は冤罪なのかというのが焦点となってくるんだけど、最後のどんでん返しにはまいっちゃったね。
エドワードノートンの演技力があってのラストだと思う。本当に真実の行方は?って感じでよかった。
しかし、あんなことがあったら、もう人間不信ってレベルじゃないよ。
所詮、犯罪者擁護する仕事だし、弁護士はゲスくないと出来ない仕事なのかもしれないね><

ということで、昔見たことがあったけど、今見てもやっぱり面白かった。

あと、女性検事役がどっかで見たことあると思ったら、今見てるキャシーのbigCのキャシーだった。
月日の流れは……そこまで残酷でもなかったわw割とすぐわかったから、あんまり変わってなかった。そんな感じ。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad