10

18

コメント

僕のワンダフルライフ



転生を繰り返して、最初の飼い主のところに戻るお話だよ。

珍しく映画館で見てきた。レディースデーだったし><
犬好きの犬好きによる犬好きのためのお話。
犬がこんなこと考えてたら面白いなっていうツボを刺激してくるし、なによりも可愛いので犬好きなら絶対楽しめる。そして、泣ける。
転生を繰り返すって時点で、死んじゃうシーンがあるわけで、そのたびにウルッときた。映画館中が泣いた><

でも、大好きな飼い主に会いにいくために転生を繰り返している風の予告や宣伝文句だったけど実際には全然違った。
転生する先で毎回飼い主さんをなんとか幸せにしようと一生懸命してたし、それが犬の生き方ということに気づいていく感じ。
だから、イーサンのところにもう一度戻れたのはたまたまなんだと私は感じた。それでもやっぱり幸せを運んでくれたけど。
こういう犬の無償の優しさに対して人間はなにを返せるのかなって考えさせられる。
人間のエゴかもしれないけど、できるかぎり幸せな時間をつくってあげたいものだね。

というわけで、犬好きにはおすすめなんだけど、犬好きじゃない人や映画が好きな人が見たら、人間側のストーリーが薄すぎると感じるかも。

そもそも最初のベイリーとイーサンのストーリーが長いから、転生後のストーリーのダイジェスト感がヤバい。
ベイリーとイーサンのストーリーも、結構、ダイジェスト風なんだけどね。
父親が急に落ちぶれてたり、イーサンをねたむ奴とか。
でも、そこらへんは犬の目線なので細かいことは分からないってことで納得できるけど、転生後のカルロスとエリーの話はちょっと短すぎた。あれでは全然カルロスがハッピーになってないと思うので、もうちょっと絆を描くなり、他の人間とカルロスが交流してもう大丈夫と思わせてくれるようなシーンがほしかったな。むしろ、この二人のエピソードだけで一本映画つくっちゃえ、くらいの勢いでw
マヤのストーリーも短いけど、ハッピーになってるからそれはそれで。
ラストもスピーディーだったけど、あれはあれで。

映画好きとして見るとこんな点が気になるかもしれない。
だから、犬好きじゃない人や映画をよく見ている人からするとストーリーに物足りなさを感じるかも。
この映画を見ようと思う人で犬好きじゃない人はあまりいないと思うけど^^;
あと、あれだ。基本的に犬の気持ちがずっとナレーションされるので、吹き替えだとこっぱずかしさというか痛さを感じそう。
だから、私は字幕を選んだんだけどw実は、動物が喋る系の映画ってあまり好きじゃないんだよねw
同じタイプの人は絶対字幕がいいと思う。

とりあえず、私は映画好きという以上に犬好きだったので満足な映画だった。
我が家ではじめて飼った犬もゴールデンだからよけいグッときたし。カワイイは正義だよ。パンフレットも買ったったよ^^
多分、国内版のDVDがでたら買うよ><
bokuwan.jpg
スポンサーサイト

10

10

コメント

ズートピア



周りにバカにされながら警察官になったウサギとずるがしこいキツネというレッテルのまま生きてきたニックがひょんなことから誘拐事件の捜査に乗りだすお話だよ。

面白かった。

巷で言われているような人種差別云々の話になるとちょっと引っかかる部分はあるけど。
私は正直、悪意のない偏見は仕方ないものだと思っているからね。
意識しすぎてムキーッとなってる姿は被害者意識強すぎじゃね?とか思ってしまう。
本当に悪意全開で攻撃的なものはよくないけど、無意識のものまで言いだしたらキリがない気がする。
そうやって突き詰めていくと、多数派はなにも言えなくなっちゃったり、そこから逆差別なんかも生まれるんじゃないかな。
最近は差別差別って気にしすぎな人が増えて面倒な世の中だねw

でも、そういうこと考えずに素直な目線で見たから本当に面白かった。
ジュディとニックの関係でニヤニヤしたらいいんだよ><

08

30

コメント

手紙は憶えている



忘れるなんて許さんぞってお話だよ。

認知症を患った爺様ゼブが、体の自由の利かないアウシュビッツ仲間のマックスに託された手紙を頼りに、アウシュビッツで家族を殺し、身分を偽ってアメリカに隠れたナチの残党を探し出して殺すための旅に出るサスペンス。

認知症で、前日の記憶があやふやな爺様じゃなければできないお話。
眠りにつくたびになにが起きたのか忘れちゃうのは、ちょっとメメントっぽかったってのはおいといて。
ことごとくおじいちゃん、大丈夫?><感がつきまとっていて、それが逆に緊迫感を醸し出す絶妙さ。
忘れてはマックスに託された手紙で目的を思い出すというように、手紙が全てのキーとなっているのに、この手紙の内容が終盤までなかなか明かされないのがまた上手い。
でも、それだけで終わらずにようやく辿りついた標的オットーワリッシュと出会った時が、マックスが託した旅の本当の目的が浮き彫りになるというね。
最後まで見終わると、2番目に会ったルディ・コランダ―との対峙シーンがまた違った様相を示してきて、本当にこの脚本はすごい。
面白いっていうのもあれだけど面白かった。

07

26

コメント

カーズ2



世界の強豪が集うワールドグランプリの裏で新燃料に関わる陰謀が渦巻いてたからメーターが頑張るお話だよ。

まさかのメーター主役だったけど面白かった。
ひょんなことからスパイと間違われてしまうけど、レッカー車としての知識でなんとなく活躍しちゃったりしてねw
ちょっと序盤の田舎者感はウザかったけど、なんか最終的には許せちゃうお得なキャラになってたよ。
マックィーンを煽りまくるイタリアの車もいいキャラクターだったw
アクション全開なのでじんわりくる感動はないけど、それはそれでって感じで。
あと、日本のトイレのイメージ笑った。

残念なのは、なぜか録画が途中で数分程度切れて、再起動されてた点。
話自体が分からなくなるわけじゃないけど、不完全なのを残しててもしょうがないからね……もう一回テレビでやれ、ください><

07

11

コメント

トランスポーター



荷物を開けないっていうルールをうっかり破っちゃったからトラブルになったぜってお話だよ。

何回も見てるのに、なぜか感想残してなかった。
なんだかんだで1が一番面白いのを再認識。

隠れ家の襲撃ドカーンやら無表情でナイフサクサク刺したり、ヌルヌルオイルプレイしたり、まさか自転車のペダルが滑り止めになる……わけないわけない、だって、イケハゲだから。あのオイルが海に入っただけで取れるのもイケハゲだから。
通りすがりの農薬撒く飛行機に乗って、パラシュートでトラックに乗るとかいうムダアクションもイケハゲだから。
よくよく考えると、シナ娘を手下に運ばせて閉じ込めておけばいいだけのところを鞄詰めにしてイケハゲ使う時点でツッコミどころ満載のアホなストーリーなんだけど、そんなの関係ないね。イケハゲがイケてるからそれでいい。そんなわけで面白かった。
タルコーニ警部との距離感もこのくらいがちょうどよかったのかもしれない。
というか、1はなかなか有能な感じだったね。シリーズ進むごとに警部が無能化していった感w

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad