06

23

コメント

ジュラシック・レイク



スペリオル湖に恐竜がいたよってお話だよ。

パッケージ詐欺も大概にしろw
こんなティラノっぽい恐竜は出てこないし、戦闘ヘリみたいなもないからね。
出てくるのは、プレシオサウルスという名のなにかと未確認生物学者のジェームス君と湖周辺に住む人々。
ちなみにジェームス君は、子供の頃にこの恐竜もどきに父親を殺されているというお約束。
お約束といえば、殺され要員も、最初から生き残らないな、こいつらと思わせてくれるお約束っぷり。

ちょっとだけグロ要素もいれたりはしたけど、全体的には盛り上がりもなく、だらだらと話が続き、唯一、私が気に入っていた保安官のおっさんに対する仕打ちにがっかりさせられた。
あのおっさんは、予想を裏切って生き残ってくれると思ってたのに……という残念映画。
スポンサーサイト

06

22

コメント

美女と野獣(2014)



野獣になった理由は分かったけど、いつのまにお前、野獣のことそんなに好きになったの!?ってお話だよ。

ディズニーアニメの方は、ベルと野獣が徐々に近づいていく過程に重点を置いてたけど、こっちは野獣になった背景に重点を置いていたので、そこ以外の部分が薄い。
野獣になった背景も濃くはないんだけどね、それ以上に他が薄い。
特にベルの心変わりの速さったら。

ディズニー版では名シーンのダンスなんて、一曲踊ってやるから家に帰らせろよという取引だったし。
このダンスシーンも野獣をうっとりさせておいてからの、きめぇんだよ、お前なんて誰からも愛されねーよ、プギャァみたいな……ここまで酷いことは言ってないけどwまあ、上げてから落とすというなかなかの意地悪をしてたのに、家に帰ったら急に野獣ラブみたいになってて笑う。
ベルはきっとドSで野獣を持ち上げて落とす快感にはまったんだね。
あと、毎晩、夢の中で森の妖精に洗脳されたからしょうがないね。

終盤は謎の巨人がでてきた、もうなにがなんだか。
悪役と無能な兄貴たちのシーン削って、ベルの心変わり描いたほうがよかったんじゃ……
そんな感じで、野獣から元に戻っても、もみあげもさーの胸毛もさーの、大して変わらんやん、みたいなフランス版美女と野獣でした。

06

21

コメント

黒の魂



平和に生きたいのにそうさせてくれないのはお前らが悪いってお話だよ。

違うけどw
平和に生きたい長男ルチャーノ、美味い汁を吸いたい次男ロッコ、ドラッグディーラーの三男ルイジの三兄弟。
ルチャーノの息子レオは、平和主義の親父だせぇwと、ルイジに弟子入り。
ところがどっこい、レオときたら調子に乗って敵対するマフィアにちょっかい出したもんだから、さぁ、大変。
手始めにルイジが殺され、そして、レオも……みたいなのが本当のお話。

ラスト30分までは、静かに淡々と日常が続いていくだけなので退屈。
ラスト30分が面白いかというとそれはまたそうでもないけどw
でも、意外な終わらせ方だった。

マフィアの争いは片方の一族が死に絶えるまで続く暴力の連鎖だとすると、ルチャーノのしたことはそれを断ち切るためだったのかもしれない。
レオは自業自得だけど、ルチャーノからしたら平和に生きたいのにそうはさせてもらえなかった怒りもあるのかな。
ルチャーノ一人が平和を願っても、家族の絆がつきまとってくる描写が続いてたし。
マフィア映画としてみたらつまらないかもしれないけど、ラストのやりきれなさ度はなかなかのものだった。

06

19

コメント

プレシディオの男たち



軍事基地に侵入した何者かがMPを射殺、水と油の二人が犯人を追うよってお話だよ。

すごく地味で、見た翌日には忘れてそうな作品。
そもそもタイトルからして覚えにくい。

ストーリーもサスペンスと思いきや、軍人の父コールドウェルとその娘の確執、その娘と恋仲になるコールドウェルの元部下オースティンといった父と娘と娘の恋人のホームドラマが展開されて、中盤はもう殺されたMPのことなんてすっかり忘れちゃうレベルなんだよね。でも、なにか裏がある殺人事件の捜査中ということを忘れまいとするように微妙なアクション要素を入れてきたりする欲張りさん。

そんだけ欲張った結果、肝心の殺人事件の真相がしょぼい。
最後はそこそこの銃撃戦を見せてくれたけど、犯人たちはしょぼい。こんだけ引っ張った割にはしょぼい。
だから、印象に残ることなく忘れちゃう、そんな感じ。

とりあえず、NCISの主人公が若かった。メグライアンも超若かった。

06

18

コメント

ゆるせない、逢いたい



好きな人からレイプされたゆるせない、でも、逢いたいってお話だよ。

デートレイプを扱った作品。
親しい人でも、恋愛関係でも、相手が嫌がってるのにヤッたら、それはレイプ。男性諸君は覚えておこう。
この作品ではデートレイプというよりガチレイプみたいなシーンだった。
それまでのあまずっぺーな青春は、みたいなシーンが効いてて、そこからの落差が本当に胸糞。

若さゆえの不器用さをあらわしてるのかもしれないけど、たかが連絡が取れないくらいでレイプって……携帯依存症かよ。
そもそも、どこに行けば会えるのかくらい分かるはずじゃん。少しは待つこと覚えろや。
こういう衝動的に行動する人はいずれ似たような犯罪おかすよ、好きだから殴るようなDV野郎になるよと思ってしまったので、その後の展開もちょっとシラッとして見ちゃったし、ママン頑張れ感抱いた。

最終的には加害者と被害者が直接話し合うことで解決を図るんだけど、ここら辺ファンタジー溢れる綺麗ごと満載でもやっとした。
最後は前向きなセリフで〆てたけど、やっぱり被害者の方がその後の人生への影響が大きすぎるよなぁ、と、どうにも加害者を許す気にはなれなかった。

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

欲しい物リスト

QRコード

QR

Designed by

Ad