10

22

コメント

図鑑に載ってない虫



一度死んでも生き返ることができる死にもどきを探しておかしな奴らが東奔西走するお話だよ。

微妙w
面白いんだか面白くないんだかよく分からなかった。
ところどころクスッとくるけど、全体的にはシュールすぎてなんともいえない。
なんでもごった煮にしたものをどんどん出される感じで途中からだるくなったw
もう少し諸々のやりとりを絞った方が楽しめたかも。
でも、なんだかんだで最後は爽やかに終わっていいんじゃない?

とりあえず、邦画にしては全員声が聞き取りやすかったのだけは褒められるところだねw
スポンサーサイト

10

21

コメント

プライド・アンド・グローリー



麻薬取引きの摘発で警官2名が死亡、2名が重症。警官殺しは許さんと捜査に乗り出したら……ってお話だよ。

警官の汚職をあつかったなかなか渋い作品。
ただそれだけにおさまらないのが、そこにエリート警官一家が絡んでくるから。
特別捜査官に任命された主人公のジミー、その兄で殺された警官たちのボスにあたるフランシス、彼らの妹の結婚相手という義弟のジミーの三者三様の関係性が雁字搦めになって捜査を阻んでくる。
そして、ジミーには警察高官である父の言いなりになって偽証をしたという過去もあり、その過去が今の彼に影を作っている。
また同じことをするのか、家族の絆と警官としての誇りと、一体、なにを守るべきなのかといったところが渋く描かれている。
派手さはなく、終始、抑え目なトーンなのでアクション映画が見たい人にはおすすめできないけど、重厚な人間ドラマが見たい人にはおすすめ。
なにげに兄のフランシスの決断がお気に入りw

それにしても、アメリカの警官はそんなに汚職塗れなのかな?^^;

10

20

コメント

機械じかけの小児病棟



閉鎖された二階にシャーロットがいるのってお話だよ。

閉鎖が決まって入院中の子供たちを転院させようとした時、急に子供の一人の骨が折れてしまう。
さらにレントゲンを撮っている間にもう一本ボキッ!
そんな病院へ新たに採用された看護師が主人公。
一体、病院にはなにがいるのでしょう?というミステリー要素もあるホラー映画。

ハリウッド系の来るぞ、来るぞ、ヒャッハー!みたいな怖がらせ方ではなくて、なかなか姿を見せず、なにかが起きてるけど、なんなのか分からないというじわじわと真綿で首を絞めてくるような怖がらせ方なので日本人には馴染み深いんじゃないかな。
子供たちが怖がるシャーロットとはなんなのか、不治の病にかかっている少女マギーの嘘なのか、かつて患者を死なせてしまったことで精神状態が不安定な主人公エイミーの妄想なのかと、色々な想像をこちら側にさせつつ、だんだんと真実に近づいていく展開が上手いね。
なかなかストーリー性もあってよかった。

しかし、あれだけ恐怖の対象だったシャーロットが

ダダ
だった時はどうなることかと思ったけど、まさかの切ない百合エンドにご満悦^^
ある意味、ダダも病み百合。でも、それはいらなかった><
ホラーには絶対、姿を見せたらダメなやつってあるやん、シャーロットはそれだよw思わず笑っちゃったもん^^

とはいえ、ダダ以外は本当に見応えがあって面白かった。
ストーリー性のあるホラーを見たい時にオススメ。

10

19

コメント

殺人の告白



時効成立後に連続殺人犯が名乗り出てきて、自伝だして大人気で遺族たちがファビョるよってお話だよ。

韓国映画なのに人物の見分けがつく珍しい作品><
いや、本当に、韓国映画を見るうえで、一番きついのが人物の見分けがつかないことだからね。

藤原竜也主演?の「22年目の告白」って映画のオリジナル。
22年目の告白を見てないので、内容は比べられないけど、そこそこ面白かった。
かなり荒唐無稽な展開が続くけど、アクションでゴリ押ししてくる感じが韓国映画らしいんじゃない?
特に高速道路でのありえないバトルwそもそも蛇使って誘拐って時点でおかしいから。
ナイフ振り回し男も、ボーガンで狙撃女も、もうやりたい放題。
まあ、無駄にアクションが多過ぎるって感じもしたけど。
特に終盤の逃走劇は、なげーよ、永野不死身すぎんよってねw

ただ遺族がタッグ組んで犯人を殺そうとしてたのはよかった。
日本でこういう復讐ものをやると、たいてい、生ぬるい展開にしかならないし。
最後の結末は好みが分かれるんだろうけど私はスッキリした。
そのあとのみんなでにこやかに出迎えるのは、なんともいえないけどw
リメイク版は最後どうなってるんだろう?やっぱり温く終わってんのかな?

そういえば、謝罪要求シーンがあって吹いた。
韓国人同士でもやるんだね、とにかく謝罪要求が好きな国だよ><


リメイク版はこちら。

10

18

コメント

僕のワンダフルライフ



転生を繰り返して、最初の飼い主のところに戻るお話だよ。

珍しく映画館で見てきた。レディースデーだったし><
犬好きの犬好きによる犬好きのためのお話。
犬がこんなこと考えてたら面白いなっていうツボを刺激してくるし、なによりも可愛いので犬好きなら絶対楽しめる。そして、泣ける。
転生を繰り返すって時点で、死んじゃうシーンがあるわけで、そのたびにウルッときた。映画館中が泣いた><

でも、大好きな飼い主に会いにいくために転生を繰り返している風の予告や宣伝文句だったけど実際には全然違った。
転生する先で毎回飼い主さんをなんとか幸せにしようと一生懸命してたし、それが犬の生き方ということに気づいていく感じ。
だから、イーサンのところにもう一度戻れたのはたまたまなんだと私は感じた。それでもやっぱり幸せを運んでくれたけど。
こういう犬の無償の優しさに対して人間はなにを返せるのかなって考えさせられる。
人間のエゴかもしれないけど、できるかぎり幸せな時間をつくってあげたいものだね。

というわけで、犬好きにはおすすめなんだけど、犬好きじゃない人や映画が好きな人が見たら、人間側のストーリーが薄すぎると感じるかも。

そもそも最初のベイリーとイーサンのストーリーが長いから、転生後のストーリーのダイジェスト感がヤバい。
ベイリーとイーサンのストーリーも、結構、ダイジェスト風なんだけどね。
父親が急に落ちぶれてたり、イーサンをねたむ奴とか。
でも、そこらへんは犬の目線なので細かいことは分からないってことで納得できるけど、転生後のカルロスとエリーの話はちょっと短すぎた。あれでは全然カルロスがハッピーになってないと思うので、もうちょっと絆を描くなり、他の人間とカルロスが交流してもう大丈夫と思わせてくれるようなシーンがほしかったな。むしろ、この二人のエピソードだけで一本映画つくっちゃえ、くらいの勢いでw
マヤのストーリーも短いけど、ハッピーになってるからそれはそれで。
ラストもスピーディーだったけど、あれはあれで。

映画好きとして見るとこんな点が気になるかもしれない。
だから、犬好きじゃない人や映画をよく見ている人からするとストーリーに物足りなさを感じるかも。
この映画を見ようと思う人で犬好きじゃない人はあまりいないと思うけど^^;
あと、あれだ。基本的に犬の気持ちがずっとナレーションされるので、吹き替えだとこっぱずかしさというか痛さを感じそう。
だから、私は字幕を選んだんだけどw実は、動物が喋る系の映画ってあまり好きじゃないんだよねw
同じタイプの人は絶対字幕がいいと思う。

とりあえず、私は映画好きという以上に犬好きだったので満足な映画だった。
我が家ではじめて飼った犬もゴールデンだからよけいグッときたし。カワイイは正義だよ。パンフレットも買ったったよ^^
多分、国内版のDVDがでたら買うよ><
bokuwan.jpg

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad