FC2ブログ

03

21

コメント

さあ帰ろう、ペダルをこいで



交通事故で父母を失い、記憶喪失になった孫が迎えに来た爺ちゃんと一緒にチャリで祖国ブルガリアを目指すお話だよ。

ブルガリアの歴史を知らないけど、東西冷戦時代に大変だった国の一つなのかな。
両親と共にブルガリアから西ドイツへ亡命していた過去の記憶を旅の中で少しずつ取り戻していきながら、同時に離ればなれになっていた祖父との絆を取り戻していく過程が描かれていく。
息子夫婦の亡命が成功したことを葉書で知るおばあちゃんのシーンからの孫と再会するシーン。よかったね。
アメリカに亡命するって言っていたおっさんが亡命できずにそのままキャンプに残っていたのが、ちょっと切なかった。

つまらなくはないし、イイハナシなんだけど、まったりしたテンポなのでちょっと眠くなった><

03

20

コメント

ナポレオン・ダイナマイト



負け組が行動力だけでハッピーになるお話だよ。

チャットにはまるひきこもニートの兄キップと過去の栄光が忘れられない胡散臭い営業マンのおじさんリコを持つ見るからにスクールカースト底辺のナポレオン君。
新しくできた友達はなにかんがえてるんだか分からないぼんやりとしたメキシコ人ペドロ君、気になる女の子は学費を稼ぐために写真屋をやってるデビーちゃん。

という風変わりでイケてないいわゆる負け組の面々がおりなすシュールなコメディ。
なにが面白いって、ここまで負け組感が強いと普通だったらネガティブになったり、卑屈になったりしそうなもんだけど、全員強靭なメンタルを持ち合わせているのか、なにされてもひょうひょうとやり過ごして、必要な事には積極的に行動していくところだよね。

この強さ見習いたい!><

と、卑屈な負け組の私は思いましたとさw

ぶっちゃけ、話自体はナポレオン君の表情同様にぼやーっとだらーっと大きな事件もなく進んでいくんだけどね、なんかよく分からないけど嫌いじゃなかった。
田舎町だからか、スクールカースト上位勢もこういう映画に出てくる上位勢と違って微妙にイケてないのが絶妙w

03

19

コメント

コップ・カー



戯れにパトカー盗んだら大変な目に遭ったってお話だよ。

おせっかいおばちゃんだけが可哀想、というお話かもしれない。
それ以外は出てくる奴ら全員、自業自得過ぎてどうでもいい。
子供が相手だからか、執拗に追いかけられる描写も温めでハラハラもしないし、ダラダラっとしたまま終わった。

03

18

コメント

デンジャラス・バディ



真面目で上から目線のFBI捜査官と育ちの悪い不良刑事が悪者を捕まえるよってお話だよ。

序盤はいまいちかなと思ったけど、段々面白くなった。
特にマリンズ一家のシーンが本当に楽しい。
絵にかいたようなダメ家族なんだけど、見る分には最高の家族だわw自分の身内だったらクソだけど><

色々やらかしつつも、最後の最後でちょっとイイハナシ風味もねじ込んできて、さらにその後にネコで笑いをとりにくる、なかなかの良作。気楽に見られる王道のバディものだね。

03

17

コメント

BLACK THE FALL

BTF0.jpg

クリア。
スイッチはプレイ時間表示が5時間単位でまとめられるみたいなので、アバウトにしかわからないことに気づく。地味にがっかりだね。
今作は4時間以上となってるから、4時間以上5時間未満なのかな。意外と短め。

ブラック企業に勤める社畜主人公が急に自我を取戻し、こんな会社辞めてやるぞ!と脱出を図るパズルアクションゲーム。
主人公ができるのは、ジャンプ、ダッシュ、しゃがみ歩き、つかまり、レーザーポインターでのギミック操作など。
これらのアクションに加えて、会社側の敵に見つからないように動くスニーキング要素や途中で出会う犬ロボットとの協力アクションなんかもある。

kanoke.jpg haittaro.jpg
棺桶だらけの部屋に動く監視ライトがあったら、空の棺桶に入ってライトをかわしてみたり。

奥行きのあるステージ構成だけど、主人公が動けるのは基本2D。
犬ロボットは若干、立体的に動けるので、それを使って追跡をかわす要素なんかもある。

パズルの難度は普通くらいかな。
ちょこちょこ詰まることはあったけど、少し時間を置くとすんなりいけたので解けなくて詰むというほどではなかった。
ただ主人公の操作感が微妙にもさっとしてるので、タイミングが重要な謎解きでミスしやすかったり、画面の暗さで行く場所が把握しづらいという難点があった。
ミスってもリトライが早いので、そんなにストレスはないけど。

強制収容所みたいな暗くて閉鎖的なステージから外界のステージに出た時の解放感がよかった。
あとは犬ロボットとのアクションね。お別れが悲しかったけど、最終的に一緒にいたのでやったぜ!
そんな感じで、パズルアクションが好きならオススメだと思う。
ストーリーはあってないようなものというか、エンディングを見たらファッ!?ってなったよ^^;

MG.jpg
壁を壊すために乗り込んだ会社側のロボット。なんとなくメタルギアっぽいw

kyuria.jpg
ファッとなるエンディングの1シーン。
制作がルーマニアなので、社畜からの脱出ではなく、チャウシェスク政権時代の共産主義体制からの脱出がテーマだったらしい。
確かにそんな演説シーンがあったけど……急にリアルてw

プロフィール

ノナメ

Author:ノナメ
深夜に映画が放送されていると片っ端から録画してしまう病の管理人は、ある日、たまりにたまった映画を見ることに。
その時、管理人はふと気づきました。

「あれ? これ前も見た気がする。しかも面白くなかった」
 
と。

当ブログは今後同じことが起きないようにするための自分用備忘録ですorz
現在上映中の映画に関してさっぱりです。あしからず。
ついでにゲームの感想もやってます。

当ブログはリンクフリーですので、ご自由にリンク登録して下さい。相互リンクもよろしくお願いします。

検索フォーム

欲しい物リスト

ブロとも申請フォーム

Designed by

Ad